CoinPostで今最も読まれています

ビットコインETFの実現が2019年に持ち越される2つの理由|CNBC投資番組

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ビットコインETFが承認されるには環境が整っていない
SECは23日、計9つのビットコインETFを申請不許可としたが、その後再審査を発表した。これに対し、米投資会社BKCMの代表Kelly氏は、仮想通貨市場の不完全な監視、未熟な先物市場という2つの理由から、ビットコインETFの実現は早くても2019年2月ではないかと予想している。

ビットコインETFが承認されるには環境が整っておらず

アメリカ証券取引委員会(以下、SEC)は、8月23日に、ProShares(2種類)、Direxion(5種類)、GraniteShares(2種類)の3社から申請されていた合計9つのビットコインETF申請を不許可とすることを発表しました。

さらに、SECは、7月末にも仮想通貨取引プラットフォームGemniの創業者であるウィンクルボス兄弟からのビットコインETF申請を不許可とし、その理由として消費者保護や価格操作などを挙げています。

ただし満場一致で不許可に至った訳ではなく、意見の対立も見られます。仮想通貨コミュニティから”Crypto Mom(仮想通貨の母)”と呼ばれ、SECの重要なコミッショナーの一人でもあるHester Peirce氏は、これらのSECの対応に対して、以下のように述べました。

私たちは、イノベーションや技術を容認、または否認するのかを決める立場ではない。SECの役割がどのようなものであるかを心に留めて置く必要がある。

ProShares、Direxion、GraniteSharesの3社から申請されていた合計9つのビットコインETF申請を不許可とする発表は、本日8月24日に訂正され、再審査が行われることになりました。

再審査の発表を受けて、仮想通貨業界では承認期待も台頭しつつありますが、現状の問題点を打開するのは容易ではなく、専門家は、ビットコインETFが実際に認可されるのは当面先であると考えています。

アメリカ投資会社BKCMのCEOを務めるBrian Kelly氏は、CNBCの投資番組Fast Moneyのコメンテーターとして出演し、ビットコインETFが認可されるのは、「最短でも2019年2月」なのではないかと主張しました。

現在、市場で最初に認可されるビットコインETFとして最も有力視されているVanEck版(Cboe関連)のビットコインETFの可否判断期限は、9月30日に設定されていますが、その可否判断は最大240日(2019年2月頃)まで伸ばすことができるため、SECは判断を先延ばしにする可能性が高いと言及されています。

Kelly氏は、番組内でビットコインETFの判断が2019年まで持ち越されると考える理由として、「不完全な監視、未熟な先物市場」という2つの理由を挙げました。

SECの懸念点

SECがビットコインETFを否認する理由として、詐欺や価格操作が行われる可能性があることを挙げています。

しかしKelly氏によると、SECは詐欺や価格操作を無くすことではなく、多くの仮想通貨取引所や、国際的な監視をどのように行っていくのかを確立できていない点を指摘しています。

さらにKelly氏は、ビットコイン先物市場が現時点で、まだまだ未熟である一方、ビットコイン価格が2018年に入ってから下落し続ける中でも、4月からCMEビットコイン先物市場は大幅な成長を遂げており、この成長を維持していくことができれば2019年にはビットコイン先物市場が充分に発達しているのではないかと示唆しました。

そして彼は最後に、ビットコインや仮想通貨は、現時点で機関投資家よりも、一般投資家からの需要が大きく、ビットコインETFが承認されれば、多くの一般投資家からの莫大な資産流入が見込まれると言及しています。

Kellys氏は続けて、アメリカの一般投資家の運用資産残高が50兆ドル(約5,500兆円)にも上ると主張。流入するのが例え一部であったとしても、ビットコイン価格を押し上げるのには十分なインパクトがあると予想しています。

CoinPostの関連記事

SECが「ビットコインETF」申請を異例の再審査、仮想通貨市場は認可の可能性に注視
米国証券取引委員会(SEC)は、昨日否決したビットコインETFについて、異例の再審査(レビュー)を行う旨を公表した。決定が覆る可能性があるのかどうか、仮想通貨市場から大きな注目を浴びている。
仮想通貨相場の要「CboeビットコインETF」はなぜ最有力視されるのか?徹底解説
複数の取引所がSECに申請していたビットコインETFが棄却または延期され、市場はネガティブな反応を示している。しかし、現在Cboeが申請中のETFには、他にはないアドバンテージがあり、世界初のビットコインETFとして本命視される。その理由を徹底解説した。
『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/12 水曜日
18:42
OP Mainnet、ステージ1にランクアップ - Fault Proof実装でL2をリード
OP Mainnetがステージ1に到達し、Fault Proofを実装してセキュリティを強化しました。イーサリアムL2の中でもステージ2獲得に向けて一歩リードしている状況
18:11
バイナンス、アルトコイン5銘柄(通貨ペア)を6月14日に上場廃止へ
大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスは、アルトコイン5銘柄(5つの通貨ペア)の上場廃止を発表した。6月14日 UTC3:00(日本時間12:00)を以て売買できなくなる。
16:40
WebX2024、最大55%OFFの超早割チケット販売終了まであと2日
国内最大手暗号資産(仮想通貨)メディアCoinPostが企画・運営するWeb3カンファレンス「WebX2024」。超早期割のセール期限まであと2日。
16:09
Animoca Brands JapanがNFTローンチパッド「SORAH」を開始へ キャプ翼NFTなど発売
Animoca Brands JapanがNFTローンチパッド「SORAH」を2024年6月18日に開始。第一弾は『Captain Tsubasa Team Collection』など3つのコレクションを発売予定。NFT初心者も安心のインターフェース採用。
13:55
EUイノベーションハブ報告書、匿名銘柄や仮想通貨ミキサーで犯罪捜査が困難に
欧州連合域内安全保障イノベーションハブは、初の暗号化レポートを公開。暗仮想通貨に関するセクションでは、犯罪収益のマネロンに仮想通貨が広く使用されていると指摘し、ゼロ知識証明とレイヤー2ソリューションが普及すると、資金の追跡がより困難になると懸念を表明した。
13:20
韓国ビッサム、仮想通貨「ICP」新規上場予定
リスティングの対象仮想通貨銘柄は、DFINITYの「ICP(インターネット・コンピューター)」で、韓国ウォンとの通貨ペアで韓国時間12日17時より提供を始める。
13:05
リップル社、スタンダード・カストディの買収完了 米ドルステーブルコイン発行へ
米リップル社は、スタンダード・カストディの買収を完了したと発表した。今年後半に米ドル建てステーブルコインの発行を目指す。
12:10
ビットコイン66000ドルまで続落、CPIとFOMCを間近に控えリスク回避売り先行か
暗号資産(仮想通貨)相場では、重要指標のCPIとFOMC及びパウエル議長記者会見を控える中、ビットコインは66000ドルまで続落した。リスク回避売りが先行しており、アルト相場からの資金抜けが目立つ。
11:20
トランプ氏、ビットコインマイニングの支持を表明 企業CEOらと面会
共和党の有力大統領候補であるドナルド・トランプ氏は12日、仮想通貨ビットコイン採掘の支持を表明し、首都DCでビットコインマガジンのDavid Bailey CEOや米上場のマイニング大手のCEOらと会談。
10:45
ポリゴン、970億円規模の助成金プログラム開始
仮想通貨ポリゴンの開発者を支援するため、Polygon Labsは970億円規模の助成金プログラムを発表。プログラムの概要や特化する領域を説明している。
09:45
「ビットコインは大幅に過小評価」米著名投資家ビル・ミラー氏見解
米国の著名投資家ビル・ミラー氏は、仮想通貨ビットコインは依然として大幅に過小評価されているとの見解を発表した。
08:45
ステーブルコイン発行企業テザー、今後1年間10億ドル超の投資見通し
同社はすでにステーブルコインの発行で保有している米国債から巨額の利益を出しており、24年1Q(1月から3月)では約14兆円の米国債保有だった。
07:45
カナダ上場企業DeFi Technologies、ビットコイン財務戦略採用 
東証上場のメタプラネットは11日新たに2億5000万円相当のビットコインを購入することを報告した。合計141 BTCの保有数となった。
07:10
「仮想通貨投資家はFOMCに注目を」レポート
仮想通貨相場における米FOMCの重要性などを記載したレポートをK33リサーチが公開。ビットコインやイーサリアムの相場に言及している。
06:30
バイナンスラボ、Zircuit(ザーキット)に出資
Zircuitネットワークは現在35億ドル以上のステーク資産をホストしており、「Build to Earn」プログラムには1,100件以上の申し込みがあった。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア