CoinPostで今最も読まれています

東南アジア最大手の商業銀行DBS、香港で仮想通貨ライセンス申請を検討

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

香港へ仮想通貨サービスを拡大

東南アジア・シンガポール最大手の商業銀行、DBS銀行は、香港で暗号資産(仮想通貨)取引サービスを提供するため、ライセンス申請を行う意向を表明した。13日にブルームバーグが報じた。

DBS銀行(香港)のSebastian Paredes最高経営責任者は、ブリーフィングで「DBSが香港の顧客にデジタル資産を販売できるよう、香港でライセンスを申請する予定だ」と述べた。

香港政府は昨年10月、仮想通貨業界の発展を支援する姿勢を表明。取引所をはじめとする関連企業の誘致にも積極的だ。香港の立法会(議会)は同年12月、仮想通貨サービスプロバイダー(VASP)のライセンス制度を導入する法律を可決している。

DBS銀行はデジタル資産関連のリスクには依然として敏感だが、香港の政策転換を歓迎するとParedes氏は言う。香港の規制が明確になり、同行が「その枠組みを正確に理解」した暁には、DBSが参入に関心を持つ金融機関の一つになるだろうと同氏は述べた。

DBSとシンガポールの動向

DBSグループは、2020年12月に機関投資家向けに、仮想通貨を含むデジタル資産の取引所「DBSデジタル取引所」をローンチ。金融機関、ファミリーオフィスなどの適格投資家とプロのマーケットメーカーがサービスの対象となっている。

22年2月、同年末までに個人投資家向けサービス提供の計画を発表したが、主要な仮想通貨関連企業の連鎖破綻で市場が混乱したこともあり、実現していない。

中央銀行にあたるシンガポール金融管理局(MAS)は昨年8月、より厳格な金融系ライセンス制度の整備と個人投資家の仮想通貨取引に関する規制強化方針を発表。その背景には、7月に米国で破産申請をした大手仮想通貨ヘッジファンドThree Arrows Capital(3AC)が、MASに虚偽情報を申告し、規定の資産運用額を超過した取引を行うなど規制違反が明らかになり、調査が進められていた経緯がある。

関連:シンガポール金融管理局(MAS)、仮想通貨の個人投資家に対する規制強化方針を示す

仮想通貨取引には慎重になる一方で、MASとDBSは、ブロックチェーン技術を活用した共同プロジェクトに積極的に取り組んでいる。

DBSはMASが主催する証券決済や精算方法を探求するProject Ubinに参加。また、昨年5月には、デジタル資産の実現可能性を検証する共同イニシアチブを、米金融大手JPモルガンの協力で開始した。

さらにDBSは22年10月、シンガポール政府と連携し、トークン化されたシンガポールドルの発行の実証実験を行うと発表。この実験はデジタル・シンガポールドル実現を目指して、MASが進めているProject Orchidの一環として行われる。

関連:シンガポール政府とDBS銀行、デジタル通貨によるクーポン配布を実験

仮想通貨ハブを目指す香港

シンガポールが仮想通貨の関連リスクに慎重な姿勢を強める中、香港は仮想通貨業界の支援の方向に舵を切っている。

香港政府は昨年10月、国際的な金融拠点として、イノベーションに積極的な仮想通貨関連企業を誘致するとともに、金融当局と連携して法整備を整えていく方針を発表。本年1月9日には、Paul Chan財務長官が講演で、香港が地域の仮想通貨のハブ(中心地)になることを目指していると改めて強調した。

チャン財務長官によると、多くの大手テクノロジー企業やハイテク新興企業が香港政府にコンタクトしており、香港での拠点設置や上場などを計画しているという。

関連:「香港を仮想通貨の中心地に」財務長官が強調

また、香港証券先物委員会(SFC)のJulia Leung Fung-yee CEOは1月11日、香港当局が個人投資家に仮想通貨取引を認めるための規制整備を行っていると発言。個人投資家が仮想通貨取引可能な銘柄や条件、および取引プラットフォームのライセンス要件などについての協議書をSFCが今四半期(1~3月)中に発行する予定だと述べた。

金融管理局は1月31日、仮想通貨とステーブルコインの規制に関する方針を発表。主にステーブルコイン関連で規制対象となる活動や、包括的な規制枠組みを示した。

関連:香港当局、仮想通貨とステーブルコインの規制方針決定/a>

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
11:30
横ばいで推移のビットコイン、上値余地は限定的か
国内大手取引所bitbankのアナリストが、警戒感強まる今週のビットコイン相場と、万が一米国のデフォルト発生時の来週のシナリオを考察。ビットコインチャートを図解し今後の展望を読み解く。ビットコイン・オンチェーンデータも掲載。
11:00
週刊ニュース|バイナンスの日本向けサービスの案内に注目集まる
今週はバイナンスが、日本向けのグローバルサービスの終了などについて発表したニュースが最も多く読まれた。このほか、日本政府が仮想通貨の追跡を強化することなど、一週間分の情報をお届けする。
10:00
「GTA6」、仮想通貨導入の噂が再浮上
大手ゲームスタジオRockstar Gamesが手がける人気ゲームの新作、『Grand Theft Auto 6』に仮想通貨が導入されるのではないか」との噂が最近再燃している。しかしながら、こうした噂の真偽を裏付ける証拠は現時点では存在していない。
05/27 土曜日
17:00
次のミリオンユーザーを探る──「Fabric Tokyo」3章|CONNECTV・イベント配信
今回のCONNECTVは、ETHGlobalのサイドイベントとして開催されたFabric Tokyoの3章を配信。「次のミリオンユーザーを探る」をテーマにゲストに話を聞いた。
13:00
NikeのNFTスニーカー 売上100万ドル超え
ナイキのWeb3プラットフォーム「.SWOOSH」がNFTニーカーコレクション「Our Force 1」を5月15日に発売した。現在までの総売り上げは約2億円となっている。未販売在庫3万点が完売しない限り、セールは6月1日まで継続する。
12:00
サンドボックスCEOのツイッター乗っ取り 偽のエアドロップを宣伝
メタバース関連企業ザ・サンドボックスCEOのアカウントがハッキングされていた。ハッカーは、エアドロップを宣伝する詐欺のURLを掲載し不正に送金させようとしていた形だ。
11:00
RedditがUbisoftと提携、コラボNFTアバターをリリース
掲示板大手Redditは、フランスの大手ゲーム企業Ubisoftの人気ゲーム「ラビッツ・パーティー」の主役を描いたNFTアバターをリリースしたと発表した。これらのアバターは、ユーザーが自身のプロフィールを個性的に飾るために無料で使用できる。
10:00
世界経済フォーラム、グローバルな仮想通貨規制を提案
世界経済フォーラムは、ビットコインなど仮想通貨についての国際的な規制アプローチに関する提言を発表。世界の規制機関や業界などに向けて、一連の推奨事項を提案した。
08:00
バイナンス、タイにデジタル資産取引所をローンチへ
仮想通貨取引所バイナンスは、タイで開設予定のデジタル資産取引所Gulf Binanceが、事業認可を取得したことを発表。取引所の開設は23年4Qを予定する。
05/26 金曜日
18:11
バイナンス、グローバル版の日本居住者向けサービス終了予定を発表
最大手暗号資産(仮想通貨)取引所のバイナンスは、グローバル版の日本居住者向けサービス終了予告を発表。今夏のBinance JAPAN(仮称)」の開設予定を明かした。
17:00
デジタルアイデンティティの未来──「Fabric Tokyo」2章|CONNECTV・イベント配信
今回のCONNECTVは、ETHGlobalのサイドイベントとして開催されたFabric Tokyoの2章を配信。「デジタルアイデンティティの未来」をテーマにゲストに話を聞いた。
16:39
日米共同声明で次世代半導体開発の強化を表明へ
半導体や先端・重要技術について、日米両国が共同声明を26日にも発表する見通しであることが明らかになった。中国が国際舞台での影響力を高める中、技術開発で中国に対抗するための動きと見られている。
12:59
米Stablyが「BRC-20」標準のステーブルコインをローンチ ビットコインネットワーク初
Web 3.0の決済インフラを提供する米Stablyは、ビットコインネットワーク上で米ドル建のステーブルコイン 「Stably USD」(#USD)の提供を開始。#USDはビットコインブロックチェーンのトークン規格「BRC-20」で作成される初のステーブルコインとなる。
12:46
Paradigm、フロンティア技術へ投資領域を拡大
仮想通貨に焦点を当てたベンチャーキャピタルのParadigmが、AIを含む「フロンティア技術」に投資領域を広げている。同社ウェブサイトのトップページからは、仮想通貨やWeb3(分散型ウェブ)に関する記述が削除された。
12:26
様子見基調のビットコイン、Deribitでは36億ドルの暗号資産オプション契約が満期迎える
規制強化に伴う流動性の低下や米国の債務上限問題が懸念され、暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコイン(BTC)の軟調な値動きが続く。大手デリバティブ取引所Deribitでは、36億ドルのオプション契約が本日満期を迎える。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
重要指標
一覧
新着指標
一覧