CoinPostで今最も読まれています

東南アジア最大手の商業銀行DBS、香港で仮想通貨ライセンス申請を検討

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

香港へ仮想通貨サービスを拡大

東南アジア・シンガポール最大手の商業銀行、DBS銀行は、香港で暗号資産(仮想通貨)取引サービスを提供するため、ライセンス申請を行う意向を表明した。13日にブルームバーグが報じた。

DBS銀行(香港)のSebastian Paredes最高経営責任者は、ブリーフィングで「DBSが香港の顧客にデジタル資産を販売できるよう、香港でライセンスを申請する予定だ」と述べた。

香港政府は昨年10月、仮想通貨業界の発展を支援する姿勢を表明。取引所をはじめとする関連企業の誘致にも積極的だ。香港の立法会(議会)は同年12月、仮想通貨サービスプロバイダー(VASP)のライセンス制度を導入する法律を可決している。

DBS銀行はデジタル資産関連のリスクには依然として敏感だが、香港の政策転換を歓迎するとParedes氏は言う。香港の規制が明確になり、同行が「その枠組みを正確に理解」した暁には、DBSが参入に関心を持つ金融機関の一つになるだろうと同氏は述べた。

DBSとシンガポールの動向

DBSグループは、2020年12月に機関投資家向けに、仮想通貨を含むデジタル資産の取引所「DBSデジタル取引所」をローンチ。金融機関、ファミリーオフィスなどの適格投資家とプロのマーケットメーカーがサービスの対象となっている。

22年2月、同年末までに個人投資家向けサービス提供の計画を発表したが、主要な仮想通貨関連企業の連鎖破綻で市場が混乱したこともあり、実現していない。

中央銀行にあたるシンガポール金融管理局(MAS)は昨年8月、より厳格な金融系ライセンス制度の整備と個人投資家の仮想通貨取引に関する規制強化方針を発表。その背景には、7月に米国で破産申請をした大手仮想通貨ヘッジファンドThree Arrows Capital(3AC)が、MASに虚偽情報を申告し、規定の資産運用額を超過した取引を行うなど規制違反が明らかになり、調査が進められていた経緯がある。

関連:シンガポール金融管理局(MAS)、仮想通貨の個人投資家に対する規制強化方針を示す

仮想通貨取引には慎重になる一方で、MASとDBSは、ブロックチェーン技術を活用した共同プロジェクトに積極的に取り組んでいる。

DBSはMASが主催する証券決済や精算方法を探求するProject Ubinに参加。また、昨年5月には、デジタル資産の実現可能性を検証する共同イニシアチブを、米金融大手JPモルガンの協力で開始した。

さらにDBSは22年10月、シンガポール政府と連携し、トークン化されたシンガポールドルの発行の実証実験を行うと発表。この実験はデジタル・シンガポールドル実現を目指して、MASが進めているProject Orchidの一環として行われる。

関連:シンガポール政府とDBS銀行、デジタル通貨によるクーポン配布を実験

仮想通貨ハブを目指す香港

シンガポールが仮想通貨の関連リスクに慎重な姿勢を強める中、香港は仮想通貨業界の支援の方向に舵を切っている。

香港政府は昨年10月、国際的な金融拠点として、イノベーションに積極的な仮想通貨関連企業を誘致するとともに、金融当局と連携して法整備を整えていく方針を発表。本年1月9日には、Paul Chan財務長官が講演で、香港が地域の仮想通貨のハブ(中心地)になることを目指していると改めて強調した。

チャン財務長官によると、多くの大手テクノロジー企業やハイテク新興企業が香港政府にコンタクトしており、香港での拠点設置や上場などを計画しているという。

関連:「香港を仮想通貨の中心地に」財務長官が強調

また、香港証券先物委員会(SFC)のJulia Leung Fung-yee CEOは1月11日、香港当局が個人投資家に仮想通貨取引を認めるための規制整備を行っていると発言。個人投資家が仮想通貨取引可能な銘柄や条件、および取引プラットフォームのライセンス要件などについての協議書をSFCが今四半期(1~3月)中に発行する予定だと述べた。

金融管理局は1月31日、仮想通貨とステーブルコインの規制に関する方針を発表。主にステーブルコイン関連で規制対象となる活動や、包括的な規制枠組みを示した。

関連:香港当局、仮想通貨とステーブルコインの規制方針決定/a>

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/26 日曜日
11:00
週刊仮想通貨ニュース|米SECのETH現物ETF承認に高い関心
今週は、米SECによる仮想通貨イーサリアムの現物ETF上場承認、スタンダードチャータード銀行によるイーサリアムの価格予想、STEPNの続編アプリSTEPN GOの発表に関するニュースが最も関心を集めた。
05/25 土曜日
18:00
ステーキング 主要取引所の仮想通貨別・年率報酬を徹底比較
暗号資産(仮想通貨)で受動収益(インカムゲイン)を得る、ステーキングの基礎知識から高利率銘柄、国内取引所3社のサービス比較まで徹底解説。ソラナ、イーサリアムなど注目銘柄の想定年率、レンディングとの違いも説明します。
15:00
参加型地域貢献ゲーム「ピクトレ」 Snap to Earn「SNPIT」とコラボ
参加型社会貢献ゲーム「ピクトレ」が、Snap to Earn「SNPIT」写真共有SNS「ピクティア」とコラボ。2024年6月1日から赤城山エリアで特典キャンペーンと実証試験を実施する。
14:00
秋元康氏プロデュース「IDOL3.0 PROJECT」が施策を発表、NIDT高騰
オーバースが秋元康氏プロデュースのアイドルプロジェクト「IDOL3.0 PROJECT」のWeb3.0施策を発表。暗号資産(仮想通貨)Nippon Idol Token(NIDT)が高騰した。
13:00
ビットコイン採掘会社マラソン、ケニア共和国エネルギー・石油省と協定を締結
米上場ビットコインマイニング企業マラソンは、ケニア共和国エネルギー・石油省との提携を発表した。再生可能エネルギープロジェクトに取り組む。
11:10
イーサリアムの次期アップグレード「Pectra」 25年第1四半期を目標に
イーサリアムの次期アップグレード「Pectra」に関する最新情報。開発者は2025年第1四半期末のローンチを目指して動いている。EOFやPeerDAS、EIP-7702などの新機能が含まれる見込み。イーサリアムは暗号資産(仮想通貨)ETHで駆動するブロックチェーン。
09:55
米コインベース、「超党派法案はSECの主張する管轄権を否定」と指摘
米仮想通貨取引所コインベースは米SECとの裁判で仮抗告を求める最終書面を地裁に提出。FIT21法案が下院を通過したことも議論の補強材料としている。
08:15
JPモルガン、イーサリアム現物ETFの取引開始は大統領選よりも前と予想
仮想通貨の若い投資家や起業家の票数を獲得するために方針転換したバイデン政権がSECにETFを承認するよう仕向けたといった憶測が散見されている。
07:40
ドージコインのモチーフ「かぼす」、天国へ
仮想通貨の代表的なミームコインであるドージコインのモチーフになった柴犬「かぼす」が、息を引き取ったことが飼い主から報告された。イーロン・マスク氏らが哀悼の意を表している。
07:15
アルトコイン銘柄のETFが2025年に実現の可能性、SCBアナリスト分析
CFTCとSECの管轄と権限を明確に分ける仮想通貨業界の重要な法案「FIT21」が22日に米下院で可決されたことも業界にとって追い風となっており、仮に今後法律となった場合、より多くのアルトコイン銘柄のETFがローンチされやすくなると期待されている。
06:10
コインベース、PoWとPoS併用の仮想通貨銘柄「Core」上場予定
コインベースは最近、ソラナ基盤のデリバティブ取引所DriftのDRIFTトークンの新規上場も行った。また、オフショア版コインベースインターナショナルでは、昨日BONKやFLOKIの永久先物取引も開始する予定を明かした。
05/24 金曜日
17:59
コインチェック IEO「BRIL」が注目される3つの理由
暗号資産(仮想通貨)取引所コインチェックのIEO第3弾として注目されるブリリアンクリプトトークン(BRIL)。投資家が期待する3つの理由について、過去の国内IEOとの比較や親会社コロプラの強み、需給面やロードマップなどから分析。
17:49
深刻化する仮想通貨の盗難被害を専門家が分析、リスクと対策を解説|KEKKAI共同企画
仮想通貨投資家のGrypto氏がマルウェア被害でデジタルウォレットの資金を抜かれ大きな損失を被った事例が発生しました。さらなるハッキング被害を抑止するため、Web3セキュリティアプリ開発KEKKAIとCoinPostの共同企画で、ハッキングの手法や対策について解説します。
17:40
Omakase、野村ホールディングスから資金調達でWeb3インフラ強化へ
Kudasaiの関連会社Omakaseが、野村ホールディングスからの出資を受け、Web3インフラ・エンジニアリング需要に対応する体制を強化。Avalanche、Eigenlayerなどのノード運営で400億円相当の暗号資産(仮想通貨)の委託を受けており、将来的なステーキング事業の開発も目指す。
14:53
トヨタのサブスク「KINTO」がNFTを用いた安全運転証明の実証実験を開始へ
KINTOは2024年6月から、NFTを用いた安全運転証明の実証実験を開始。トヨタ自動車株式会社のコネクティッドサービス「T-Connect」と連携。安全運転ドライバーの評価証明をSBTとして付与、将来的にリーズナブルな各種モビリティサービス提供につなげる狙い。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア