CoinPostで今最も読まれています

シンガポール政府とDBS銀行、デジタル通貨によるクーポン配布を実験

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

デジタル・シンガポールドルでクーポン作成

東南アジア・シンガポール最大手の商業銀行であるDBS銀行は10月31日、トークン化されたシンガポールドルの発行テストを行うと発表した。シンガポール政府と提携して行うもので、消費者にデジタル化クーポンを配布するようなケースを念頭に置いている。

このテストは、特定の加盟店と現実世界でライブ取引を行うパイロットプログラムとなる。ブロックチェーン技術を活用して、DBSがデジタル・シンガポールドルを発行、スマートコントラクト機能を搭載して、目的の定められたマネーバウチャー(クーポン)を作成する予定だ。

クーポン発行者は、指定された受取人へのクーポン配布や利用設定を、自動で実行することができる。

このシステムのメリットとしては、小売店舗を持つ企業などが、クーポン決済を即座に行えることがある。現在、クーポン決済では加盟店が銀行口座への入金を確認するまでに1~2日の処理時間が必要だ。

デジタルクーポンにより、顧客がクーポンを使用して購入する際、銀行との間の決済、回収などのプロセスを即座に行うことができる。これにより、時間とリソースに余裕のない中小企業も、キャッシュフローを増加させ、管理業務にかかる時間を短縮することも可能となる見込みだ。

パイロットテスト(実証実験)は、2022年10月27日から4週間に渡って実施される。最大1,000人の消費者と、人気飲食店Nanyang Old Coffee、Sarnies、Pickleville、The Working Class、The Three Anchoviesを含む6社の加盟店が参加する予定だ。

テストは、DBSがシンガポール政府内の技術チーム「オープン・ガバメント・プロダクツ」と提携して実施するもの。デジタル・シンガポールドル実現を目指して、シンガポール通貨庁/中央銀行が進めているProject Orchidの一環として行われる。

期待される使用例

DBSによると、今回のパイロットテストは、インフレと生活費上昇などへの対策として、シンガポールの家庭にクーポンを配布する際のシナリオで役立つものだ。加盟店のバックエンド処理を減らし、効率性を向上させるとしている。

DBSは、シンガポールの飲食業を対象にパイロットテストを開始することで、将来的にはトークン化したシンガポールドルによりクーポンを発行し、シンガポールの2万8,000のコーヒーショップやレストランなどに恩恵をもたらすことができるとも述べた。

プログラム可能なマネーは、他に、寄付、持続可能な資金調達、不動産取引における譲渡代金など条件付き決済の分野にも活用可能性があると続けている。

オープンガバメントプロダクツのLi Hongyiディレクターは、次のように説明した。

もし今回のプロジェクトが役立つことが確認されれば、おそらくそうしたモデル(顧客がクーポンを利用するたびに、加盟店がデジタル化されたシンガポールドルを即座に受け取ることができるモデル)は、将来、他の政府が行うプログラムにも拡張可能なモデルとなり得るだろう。

私たちは、DBSのような業界パートナーと緊密に協力して実証実験を行い、技術文書を広く共有するつもりだ。

Project Ubinにも参加

DBSはProject Orchidの他にも、同じくシンガポール通貨庁/中央銀行(MAS)が主催するProject Ubinにも参加しているところだ。

Project Ubinは2016年に、MASとシンガポールの金融サービス業界が米大手証券取引所ナスダックなどとも協力して開始したプロジェクト。ブロックチェーン技術の証券決済や清算への応用方法を探求することを目的として発足したが、CBDCによる国際決済実験なども行っている。

CBDCとは

各国・地域の中央銀行が発行するデジタル化された通貨を指す。「Central Bank Digital Currency」の略である。仮想通貨との大きな違いは、CBDCは法定通貨であること。通貨の管理や決済等においてコスト削減や効率性向上が期待できる一方で、個人情報やプライバシーの保護、セキュリティ対策、金融システムへの影響など考慮すべき課題は多い。

▶️仮想通貨用語集

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/27 火曜日
05:40
マイクロストラテジー2月にもビットコイン買い増し BTC今年初の54000ドル台
マイクロストラテジーのニュース後、仮想通貨ビットコインの価格は大幅に上昇し前日比+4.8%。今年の高値を更新し、2021年12月以来の水準に戻った。
02/26 月曜日
14:30
ビットコイン初期開発者、裁判の過程で「サトシ・ナカモト」のメールを公開
仮想通貨ビットコインの生みの親「サトシ・ナカモト」の身元を巡るクレイグ・ライトとCOPAの訴訟に関連し、ビットコインの初期開発者であるマルティ・マルミ氏によって、2100万枚の発行上限や匿名性に言及したサトシ・ナカモトのメールが公開された。
13:52
証券会社OANDAグループ、英国で仮想通貨取引を提供へ
証券グループOANDAは、英国でビットコインなど仮想通貨の取引を正式に提供開始する。昨年現地の規制に準拠したCoinpassを取得していた。
11:42
ビットコイン51000ドル台で揉み合う、取引所からの週間純流出は23年6月以来最大に
暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコイン(BTC)は50000ドル台でもみ合いが続く。暗号資産(仮想通貨)取引所からの5億4,000万ドル相当の週間純流出は、23年6月以来最大規模に達した。
09:52
IPO株式上場目指す掲示板大手Reddit、ビットコインとイーサリアムの保有が判明
米掲示板大手Redditは、NYSE上場目指すIPOの届出書を提出。仮想通貨ビットコインとイーサリアムを財務資産として保有していると述べた。
02/25 日曜日
11:00
週刊仮想通貨ニュース|WLD急騰や日本株の「七人の侍」に高い関心
今週は仮想通貨ワールドコインの急騰、ゴールドマン・サックスによる日本株の「七人の侍」の選定、コインベースからのビットコインの大口出金に関する記事が最も関心を集めた。
02/24 土曜日
17:10
米国債担保型トークンがアプトスで流通 オンボーディングも視野 
米国債のトークン化を進めるOndo FinanceとAptos Foundationが戦略的提携を発表。USDYトークンのAptos統合、DeFiプロトコルが採用を進めておりエコシステムがさらに拡大。暗号資産(仮想通貨)のロックアップ総額も上昇傾向にある。
14:00
SuiブロックチェーンがStardustと提携、Web3ゲーム開発促進へ
Web3ゲーム用ウォレットを手掛けるStardustが、Suiブロックチェーンの統合を発表。この提携により、Web3ゲームのエコシステムが強化され、新たなゲーム体験が提供される。暗号資産(仮想通貨)スイは時価総額トップ50にランクインした。
13:00
米トランプ前大統領、ビットコインに前向きな姿勢に変化か
米ドナルド・トランプ前大統領は「仮想通貨ビットコインとは共存できる」と発言。懐疑的だった以前よりもビットコインに前向きな姿勢を示した。
12:00
グレースケール、プライバシーテーマのインデックスETFを申請
グレースケール「匿名銘柄のインデックスETF」はデータ・プライバシー技術を開発する企業およびZcashに投資する。ビットコインETF以外の製品を増やす狙いだ。
11:00
米登録の投資アドバイザーCarson Group、iSharesなどのビットコインETFを顧客に提供
ブラックロックのIBITでの仮想通貨ビットコイン保有数は126,950 BTCで、45.3万 BTCを保有するGBTCにつぐポジションを維持。一方、グレースケールのGBTCを除けば現在時価総額が最も高いのはブラックロックのIBITで、66億ドルに相当する。
10:00
Matrixport、3月までにビットコイン6.3万ドルも視野
Matrixportは2024年3月までにビットコインが6万3,000ドルに達する可能性があると強気予測。現物ETF承認や利下げなど複数要因を背景に挙げた。
09:00
加速する仮想通貨リステーキング、a16zがEigenに150億円投資
仮想通貨ETHやSOLのリステーキング「ストーリー」は今年の代表的なテーマの1つであり、投資家の注目と資金を集めている。
07:45
アバランチ、約2時間ブロック確定停止
仮想通貨アバランチのブロックチェーンで、ブロックの確定に問題が発生。ノードのソフトウェアのアップグレードを実施し、約6時間後に解決したことが報告された。
07:15
Flare Network、初期投資家のトークンアンロックを延長 FLR価格20%以上上昇
今回新たに出資したFlareの既存投資家はFLRトークンのロックアップ期間を2026の1Qまで延長し、30日の日平均出来高の0.5%を超えないトークンの売却に同意した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/02/29 12:00 ~ 19:00
その他 オンライン
2024/03/01 19:00 ~ 21:30
東京 東京都千代田区
重要指標
一覧
新着指標
一覧