CoinPostで今最も読まれています

シンガポール政府とDBS銀行、デジタル通貨によるクーポン配布を実験

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

デジタル・シンガポールドルでクーポン作成

東南アジア・シンガポール最大手の商業銀行であるDBS銀行は10月31日、トークン化されたシンガポールドルの発行テストを行うと発表した。シンガポール政府と提携して行うもので、消費者にデジタル化クーポンを配布するようなケースを念頭に置いている。

このテストは、特定の加盟店と現実世界でライブ取引を行うパイロットプログラムとなる。ブロックチェーン技術を活用して、DBSがデジタル・シンガポールドルを発行、スマートコントラクト機能を搭載して、目的の定められたマネーバウチャー(クーポン)を作成する予定だ。

クーポン発行者は、指定された受取人へのクーポン配布や利用設定を、自動で実行することができる。

このシステムのメリットとしては、小売店舗を持つ企業などが、クーポン決済を即座に行えることがある。現在、クーポン決済では加盟店が銀行口座への入金を確認するまでに1~2日の処理時間が必要だ。

デジタルクーポンにより、顧客がクーポンを使用して購入する際、銀行との間の決済、回収などのプロセスを即座に行うことができる。これにより、時間とリソースに余裕のない中小企業も、キャッシュフローを増加させ、管理業務にかかる時間を短縮することも可能となる見込みだ。

パイロットテスト(実証実験)は、2022年10月27日から4週間に渡って実施される。最大1,000人の消費者と、人気飲食店Nanyang Old Coffee、Sarnies、Pickleville、The Working Class、The Three Anchoviesを含む6社の加盟店が参加する予定だ。

テストは、DBSがシンガポール政府内の技術チーム「オープン・ガバメント・プロダクツ」と提携して実施するもの。デジタル・シンガポールドル実現を目指して、シンガポール通貨庁/中央銀行が進めているProject Orchidの一環として行われる。

期待される使用例

DBSによると、今回のパイロットテストは、インフレと生活費上昇などへの対策として、シンガポールの家庭にクーポンを配布する際のシナリオで役立つものだ。加盟店のバックエンド処理を減らし、効率性を向上させるとしている。

DBSは、シンガポールの飲食業を対象にパイロットテストを開始することで、将来的にはトークン化したシンガポールドルによりクーポンを発行し、シンガポールの2万8,000のコーヒーショップやレストランなどに恩恵をもたらすことができるとも述べた。

プログラム可能なマネーは、他に、寄付、持続可能な資金調達、不動産取引における譲渡代金など条件付き決済の分野にも活用可能性があると続けている。

オープンガバメントプロダクツのLi Hongyiディレクターは、次のように説明した。

もし今回のプロジェクトが役立つことが確認されれば、おそらくそうしたモデル(顧客がクーポンを利用するたびに、加盟店がデジタル化されたシンガポールドルを即座に受け取ることができるモデル)は、将来、他の政府が行うプログラムにも拡張可能なモデルとなり得るだろう。

私たちは、DBSのような業界パートナーと緊密に協力して実証実験を行い、技術文書を広く共有するつもりだ。

Project Ubinにも参加

DBSはProject Orchidの他にも、同じくシンガポール通貨庁/中央銀行(MAS)が主催するProject Ubinにも参加しているところだ。

Project Ubinは2016年に、MASとシンガポールの金融サービス業界が米大手証券取引所ナスダックなどとも協力して開始したプロジェクト。ブロックチェーン技術の証券決済や清算への応用方法を探求することを目的として発足したが、CBDCによる国際決済実験なども行っている。

CBDCとは

各国・地域の中央銀行が発行するデジタル化された通貨を指す。「Central Bank Digital Currency」の略である。仮想通貨との大きな違いは、CBDCは法定通貨であること。通貨の管理や決済等においてコスト削減や効率性向上が期待できる一方で、個人情報やプライバシーの保護、セキュリティ対策、金融システムへの影響など考慮すべき課題は多い。

▶️仮想通貨用語集

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
11/27 日曜日
17:00
仮想通貨市場も注目のCPIとは
仮想通貨市場に影響を与えることが増えてきたCPI(消費者物価指数)について、概要や日米の違いなどをわかりやすく解説。
13:00
仮想通貨よりも有利に、株投資で賢く「節税」する方法
世界的な景気悪化・インフレ局面のいま株投資をするなら、利益を上げるだけでなく効果的な節税によって利益を守ることも重要です。本記事では、株投資について発生する税金の基本から、具体的な節税方法まで詳しく見ていきましょう。
11:30
FOMC議事要旨でBTC底堅く推移、今後も米経済指標に注目を|bitbankアナリスト寄稿
国内大手取引所bitbankのアナリストが、比較的堅調だった今週のビットコインチャートを図解し今後の展望を読み解く。ビットコイン・オンチェーンデータも掲載。
11:00
週刊ニュース|加納JBA代表理事の税制改正要望提出に注目集まる
今週は、加納JBA代表理事が税制改正要望を提出したニュースが最も多く読まれた。このほか、仮想通貨ウォレット「メタマスク」のユーザーデータ取得に関する記事など、一週間分の情報をお届けする。
11/26 土曜日
16:35
MakerDAO、renBTCをDAI担保から除外
MakerDAOでステーブルコインDAIの担保資産からrenBTCを除外する提案がコミュニティ投票により可決された。
14:00
米マイクロストラテジー、BTC担保融資の清算ラインは?
米上場企業として仮想通貨ビットコインを最も保有しているMicroStrategy社の財務状況について、The Block Researchが分析レポートを公開した。
13:00
米規制機関、Genesis Capitalを調査か
仮想通貨レンディングサービスを提供するジェネシスキャピタルは、証券法違反などについて米国の規制機関から調査を受けている。同社はFTX破綻の影響を受けて選択肢を模索しているところだ。
10:30
米SECに書簡提出した議員ら、FTXから寄付金受け取り
米証券取引委員会に対して仮想通貨企業への過度な調査を批判する書簡を提出した議員らは、FTXから寄付金を受けていた。政治と企業の癒着という観点からFTX破綻を見る向きもある。
09:45
Ardana Labs、カルダノのステーブルコイン開発停止へ
カルダノ(ADA)基盤のステーブルコインの一つを開発してきた「Ardana Labs」が、資金調達とプロジェクトのタイムラインの不確実性を理由にプロジェクト停止を発表した。
07:50
バイナンス、16通貨ペアを廃止へ
仮想通貨取引所バイナンスは16の通貨ペアの提供を廃止する予定だ。セラムやネムが含まれた。
07:35
バイナンス、資産証明はビットコインから開始
仮想通貨取引所バイナンスは、資産証明システムをリリースする計画を新たに発表。ビットコインからリリースを開始し、今後数週間でイーサリアムなど他の銘柄も追加していく。
07:00
感謝祭明けNYダウ続伸 DOGECOINなども上昇
今日のニューヨークダウ平均は3日続伸。来週はパウエルFRB議長の講演などがある。仮想通貨市場ではDOGECOINが大幅上昇した。
11/25 金曜日
17:09
金融庁、DeFi(分散型金融)の実態調査へ
金融庁はDeFi(分散型金融)に関する実態調査に向けた、企画競争入札の公告を行った。要領等の交付を希望する者は、Eメールを通して参加申込みを申請する必要がある。
16:38
DCG、グループ内融資でビットコイン投信を取得
米仮想通貨コングロマリットのデジタル・カレンシー・グループ(DCG)社が、子会社ジェネシス・キャピタルからのローンで、投資信託「グレースケール・ビットコイン・トラスト(GBTC)」を購入していたことが明らかになった。
14:00
海外取引所XT.com、Trillant(TRI)上場
海外仮想通貨取引所XT.comはTrillantのバリュートークンであるTRIの取り扱いを開始。テザー(USDT)建ペアが取引可能となる。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/11/29 19:00 ~ 21:00
東京 東京都港区六本木
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
重要指標
一覧
新着指標
一覧