CoinPostで今最も読まれています

米コインベース「上海アップグレード後のイーサリアム売り圧力は限定的」

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

上海アップグレードとETH市場

米国の大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベースは14日、イーサリアム(ETH)の「Shanghai」アップグレード後の売り圧に関する分析レポートを発表した。

コインベースは規制環境については警戒感を示しつつ、ステーキングコントラクトから解放されるETHの売り圧力は1日のごとの出金制限によって緩和され、新規購入需要によって相殺されるとの見解を示している。

規制環境が見通しを多少混乱させたとはいえ、公開市場でのETHの流れをコントロールする緩和要因と自己修正メカニズムがあると考えており、売り圧力はかなり限定的であると言える。

イーサリアムは、マージ後の最初のアップグレード「Shanghai(上海)」を23年3月〜4月にも実施予定。執筆時点でステーキングコントラクトにロックアップされている1,650万 ETH(約3.5兆円相当)とステーキング報酬が初めて出金可能になる予定だ。

コインベースは“上海”後のステーキングETHの出金需要の一つとして、仮想通貨取引所クラーケンの出金分として少なくとも35万ETH、最大114.5万ETHを想定する。

米証券取引委員会(SEC)との和解の影響で米国でステーキングサービスを停止するクラーケンは、ステーキングETHの約7%(123万ETH)を占めているが、米国外資産も含まれるとの見立てだ。

コインベースはまた、ステーキングETHの出金需要の別の一つとして、執筆時点で51.6万のアクティブバリデーターに分配された報酬(約103万 ETH)のうち34万ETH(700億円)が市場に流出すると試算する。仲介サービスでステークされている64万ETH(67%)の報酬は、複利のために新規ステーキングに回されるとの見立てだ。

以上を踏まえ、最大114.5万ETH+34万ETHが市場の売り圧として機能する可能性があるが、イーサリアムでは一定期間の出金量に上限が設けられている。

ステーキング報酬だけを対象とする「部分引き出し」と報酬+バリデーター要件(32ETH)も引き出す「全体出金」とで条件は異なるが、コインベースは現在のバリデータ数に基づいて「この2つのソース(クラーケンと報酬引き出し)から、1日当たり最大11.8万ETH(138億円)が売却される可能性がある」と要約する。

分析会社TIEによると、ETHの1日の取引量は過去30日間で平均82億ドル(1兆円)であることから、11.8万ETHの売却量は「簡単に市場に吸収されると考えている」とコインベースは主張した。

関連:米SEC「クラーケンの仮想通貨ステーキングサービスは証券法違反」

ステーキング需要を喚起

実際には、クラーケンで出金を余儀なくされた投資家が、別の場所でステーキングを再開する可能性もある。コインベースはまた、イーサリアムの全体供給量におけるステーキング率14%と、他のレイヤー1ブロックチェーンの平均値(65%)と比べて低い点に着目。

これまでETHのステーキングに興味がありながらも、上海アップグレード以前は流動性懸念で実行を控えてきた機関投資家を後押しすることになり、ETHの需要を高める可能性があると述べた。

全体として、我々は、ステーキング需要の高まりが、強制的なETH出金量を相殺すると予想している。

コインベースと同様に、上海アップグレードは短期的には一定の売り圧力を引き起こすが、中・長期的には新たなステーキング需要を喚起すると期待する事業者は少なくない。

仮想通貨のインデックスファンド運用会社Bitwise Asset Managementの最高投資責任者Matt Hougan氏は「これまでのような(事実上の)無期限ロックアップが解除されれば、ETHステーキングを求める投資家の割合は爆発的に増える」として、23年末までにETH流通量に対するステーキング率が少なくとも50%上昇すると予測。

投資銀行JPモルガンは「上海アップグレード後にコインベースの個人投資家の95%がイーサリアムのステーキングに参加する可能性がある」と指摘しており、コインベースの年間収益が現在価格で2億2500万ドル(295億円)から5億4500万ドル(700億円)まで拡大すると試算している。

関連:イーサリアム、上海アップグレードの次のテストを2月末に設定

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/24 水曜日
09:20
ハリス氏陣営、マーク・キューバン氏に仮想通貨について問い合わせ
著名投資家マーク・キューバン氏は、カマラ・ハリス氏陣営から仮想通貨について質問を受けており、このことは良い兆候だと述べた。
08:30
各社のイーサリアム現物ETFのETH保有量明らかに
最も保有量の多いのは、グレースケールのETHEで、2,959,307 ETH(1.6兆円)の運用額だ。ETHEはこれまで運用されてきたイーサリアム投資信託から転換されたもので、23日にイーサリアムのミニ版ETFも同時にローンチした。
07:45
イーサリアム現物ETF、初日出来高1550億円超
23日に取引が開始された仮想通貨イーサリアムの現物ETFの合計出来高は1550億円超に。取引開始に米議員や仮想通貨業界が反応している。
07:15
「ビットコイン2024」のオーガナイザー、ハリス米副大統領の講演について交渉中
ハリス氏はすでに指名獲得に必要な過半数の代議員から支持を得ているが、仮想通貨へのスタンスは未だ表明していない。
06:50
ソラナ初のプライベート・クレジット・ファンド、米大手投資会社ハミルトン・レーンが立ち上げ
運用・監督資産143兆円超の米ハミルトン・レーンは23日、ソラナブロックチェーン上のプライベート・クレジット・ファンド「SCOPE」の立ち上げを発表した。
06:15
トランプ氏、ビットコイン否定派JPモルガンのダイモンCEOの財務長官指名を否定
トランプ氏は24日に、ビットコインに懐疑的なJPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOや、ブラックロックのフィンクCEOの財務大臣指名の噂を否定した。
06:00
クラーケン、ビットコインをマウントゴックス債権者に返済開始 売圧警戒も
多くのビットコインが同時に売却される可能性が警戒され、仮想通貨BTCは23日深夜66,000ドル台を下回った。
07/23 火曜日
18:00
AILayerとは|AIとWeb3を融合するAI駆動のビットコインLayer 2ソリューション
AIとブロックチェーン技術を統合させた、ビットコインLayer 2ソリューション「AILayer」について、特徴やメリットなどを詳しく解説します。
17:40
ブラックロックのビットコインETF、ナスダックETF上回る年初来資金流入額4位に
ブラックロックのビットコイン現物ETF「iシェアーズ・ビットコイン・トラスト」は、ナスダックQQQを超える資金流入を記録。フィデリティも上位にランクイン。イーサリアムETFの発売も迫る中、投資家の関心が高まる。
15:28
ミームコインが4~6月の仮想通貨市場を席巻=CoinGecko
2024年第2四半期の仮想通貨市場でミームコインがWeb Trafficを席巻し、市場シェア14.3%を獲得。暗号資産(仮想通貨)市場におけるミームコインの注目度と、ビットコイン市場動向を詳しく解説。
14:15
時価総額が355兆円規模に、上半期の仮想通貨市場=バイナンスレポート
仮想通貨取引所大手バイナンス、2024年上半期の仮想通貨市場についてのレポートを発表。仮想通貨の時価総額は年初から37.3%増加し、355兆円の規模に拡大したと報告した。
13:20
トランプ氏が大統領再選の場合、ゲンスラーSEC委員長早期退任か=10x Research
10x Researchは、トランプ氏が大統領再選の場合、仮想通貨に批判的なゲンスラーSEC委員長は退任する可能性が高いと意見した。
12:11
ビットコイン67000ドル台で推移、ブラックロックETFへの資金流入は今年3月以来の最大規模に
SECが暗号資産(仮想通貨)イーサリアムETFの最終承認を行う中、ブラックロックのETF「iShares Bitcoin Trust(IBIT)」への資金流入は4ヶ月ぶりの規模に膨らんだ。ビットコイン・カンファレンス開催でのトランプ大統領の発言にも注目が集まる。
11:20
Ondoの米国債担保ステーブルコインUSDY、Cosmosエコシステムに展開
資産トークン化企業Ondo Financeは22日、米国債担保のステーブルコインOndo US Dollar Yield(USDY)をCosmosエコシステムに展開した。
11:02
デジタルアセットマーケッツ、RWAトークンを世界展開へ
RWAトークンのグローバル展開を推進するため、デジタルアセットマーケッツが韓国のWeb3企業CREDERと提携。CREDERは、RWAのトークン化を専門とする企業である。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア