CoinPostで今最も読まれています

米SEC「クラーケンの仮想通貨ステーキングサービスは証券法違反」 SECのへスター・ピアース氏は今回の判断に反対

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ステーキングサービスを提訴

米証券取引委員会(SEC)は9日、米大手暗号資産(仮想通貨)取引所クラーケンを、証券法違反で起訴したことを発表した。

クラーケンが提供していたステーキングサービスは、事前にSECに登録する必要があったとSECは主張。クラーケンが罰金や不正利得などを含めた約39億円(3,000万ドル)を支払うこと、また米国でステーキングサービスの提供を即座に中止することに合意し、両者はすでに和解している。

ステーキングとは

所定の期間、一定量の仮想通貨を預け入れることで報酬が得られる仕組み。ブロックチェーンの運営に貢献することで、対価として報酬を得ることができる。

▶️仮想通貨用語集

関連:国内取引所のステーキングサービスを徹底比較|イーサリアムのステーキング手順も解説

SECは、クラーケンが2019年からステーキングサービスを提供していたと説明。投資家から仮想通貨を集め、投資家に代わってステーキングを行うことで、年利21%もの報酬を分配していたとし、同社のサービスを「staking-as-a-service(サービスとしてのステーキング)」と表現している。

そしてSECは、投資家はステーキングを行うと、仮想通貨を自身でコントロールできなくなると指摘。ここには投資家を保護する仕組みがほとんどなく、プラットフォームに対するリスクを負っていたと述べている。

クラーケンのステーキングサービスは、投資家から資金を集め、クラーケンの努力によって収益が期待されることから投資契約に相当するとSECは主張。SECのゲリー・ゲンスラー委員長は、以下のようにコメントした。

サービスとしてのステーキングでもレンディングでも、また他のサービスであっても、仲介者が投資家のトークンと引き換えに投資契約を行う場合は、証券法に準じて情報開示を行い、投資家保護のルールに従う必要がある。

今回のSECの行動によって、ステーキングサービスの提供者が証券法に従う必要があることが明確になっただろう。

関連仮想通貨が「証券」に該当するかを判定するHowey(ハウェイ)テストとは

SECがクラーケンの証券法違反を主張し、和解する可能性があることは、「ブルームバーグ」が9日に報じていた。

関連米クラーケン、未登録証券提供でSECが捜査=報道

クラーケンの発表

クラーケンは9日、米ユーザーに提供している「オンチェーンステーキングサービス」を終了すると発表。同日から、対象の仮想通貨は自動的にステーキングを解除すると述べた。

なお、次期アップグレードまで出金ができないイーサリアム(ETH)は対象から除くと説明。そして、米国以外のユーザーには、ステーキングサービスの提供を継続していくと強調した。

関連3月予定の上海アップグレード、イーサリアム市場に与える影響は?

関係者の反応

米国におけるステーキングサービスに対する規制については、ブルームバーグ以外にも、米コインベースのブライアン・アームストロングCEOが9日にコメント。「SECが米国で一般投資家向けの仮想通貨ステーキングを排除したいと考えているという噂を耳にした。そんなことが許されたら米国にとってひどい道になると思うので、そうならないことを祈る」と述べていた。

関連米コインベースCEO「ステーキング禁止の噂が事実なら、米国は愚かな道に進んでいる」

今回のクラーケンの件を巡り、10日にはコインベースの最高法務責任者ポール・グレワル氏がコメント。アームストロング氏が言及した噂が真実になったとツイートしている。

グレワル氏は、コインベースが提供するような「真のオンチェーンステーキングサービス」は、クラーケンのサービスとは異なると主張。同社のステーキングサービスの報酬はプロトコルと、事前に公表されている手数料に管理されていると説明した。

顧客は報酬に対する権利を有しており、コインベースが報酬を支払わないという決断をできないようになっていると主張。顧客の資産は顧客が所有したままで、上場企業であるコインベースは顧客資産の監査も受け、情報公開も行っていると説明している。

関連ナスダック・仮想通貨全面安 コインベース株大幅下落|10日金融短観

SECメンバーの意見

また、仮想通貨擁護派と知られるSECのへスター・ピアース氏も、今回のクラーケンの件を受け声明を発表。「SECがクラーケンのステーキングサービスを終了し、投資家の勝利だとみなしていることに、私は反対する」と述べた。

ピアース氏は、SECの判断というよりも、SECへ事前に登録することは可能だったのかという点を問題視。ステーキングのような仮想通貨サービスをSECに登録することに関しては、複雑な疑問が多く存在していると指摘した。

例えば、「ステーキングサービスは銘柄ごとに登録するのか、全体として登録すればいいのか」、また「どんな情報を投資家に開示すればいいのか」などの疑問だ。

ピアース氏は、ステーキングサービスは以前からあったため、SECに事前にガイダンスを出すよう求めるべきだったと説明。そして「我々はまたガイダンスを出す前に、規制を執行してルールを提示した」と述べている。

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/23 日曜日
11:00
週刊仮想通貨ニュース|米SECのETHの証券性判断に高い関心
今週は、米SECによるイーサリアムの証券性判断、マイナーのビットコイン保有量の減少、自民党議員による仮想通貨についての発言に関するニュースが最も関心を集めた。
10:30
ムード悪化のビットコインは売りシグナル点灯、来週は材料豊富な1週間に|bitbankアナリスト寄稿
bitbankアナリストが、下落中の今週の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン相場を分析。米国大統領選前の初回テレビ討論会など材料豊富な来週の展望を読み解く。
06/22 土曜日
13:30
テクノロジー大手DELLの億万長者CEO、ビットコインに興味示す
米マイクロストラテジーのセイラー会長は、テクノロジー大手DELLのCEOに、仮想通貨ビットコインの希少性をアピールした。
12:30
ソラナブロックチェーンに「ZK圧縮」導入、レイヤー2無しで実現
ソラナブロックチェーン上でゼロ知識処理レイヤーを開発するLight Protocolとソラナのノード技術を提供するHeliusは22日、「ZK圧縮」というソラナのメインネットで直接利用できる技術をリリースした。
10:40
アーサー・ヘイズ氏、仮想通貨市場の上昇可能性語る 農林中金の外債売却計画背景に
BitMEXのアーサー・ヘイズ前CEOは日本の銀行が抱える米国債の問題を背景に、仮想通貨市場が上昇するとの独自見解を語った。
09:50
米フィデリティ、イーサリアム現物ETF申請で7.5億円の初期資金調達
米資産運用大手フィデリティの申請中の現物仮想通貨イーサリアムETFは、流動性提供のためのシードファンディング(初期投資金)で7.5億円を受けたことが判明した。
09:30
英金融大手SCB銀、機関投資家向けの仮想通貨取引業務を準備か
イギリス拠点の多国籍銀行スタンダードチャータード銀行(SCB)はFX部門の一部として仮想通貨取引市場に参入する計画であることが21日に報じられた。
09:00
ソラナはブロックチェーン領域の「macOS」──パンテラ評価
仮想通貨ソラナはブロックチェーン領域のmacOSのようであるとパンテラが評価。その理由を説明し、ソラナが成長していることを示すデータも公開している。
06/21 金曜日
17:00
コナミやネクソン、企業がアバランチを採用する理由 AVAXの役割と買い方を解説
コナミやネクソンがアバランチを採用する理由を解説。暗号資産(仮想通貨)AVAXの役割や購入方法について詳しく紹介。投資家やユーザーに必見の情報を提供します。
14:00
ソラナDePINのHelium Mobile、機器メーカー向けに技術ライセンス供与を開始
分散型5G通信事業を展開するHelium Mobileは、機器メーカー向けに技術スタックのライセンスプログラムを開始すると発表した。独自ネットワークの拡大により、無線インフラ革命の加速を目指す。
13:15
円安ヘッジなどで30社以上の国内上場企業が仮想通貨を保有、日経報道
米マイクロストラテジーは2020年からインフレヘッジのためにビットコインを買い続けているが、日本企業の場合、進む円安の回避を目的とすることが多いようだ。
12:36
マイナー売り継続の中、ビットコインなど仮想通貨相場は冴えず
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコイン(BTC)が65000ドルを割り込んで2週連続続落している。半減期で資金繰りの悪化したマイナー売り継続が示唆される中、センチメントが悪化し、アルトコイン相場も売り優勢が続く。
11:35
「日本で暗号資産を再定義する必要」自民党木原誠二氏と平将明氏語る
自民党の木原誠二議員と平将明議員は、ビットコインなど仮想通貨を法的に再定義する必要性について話した。
10:20
米地裁、「XRPの二次販売が証券である可能性排除できず」州法上の訴訟で
米地裁判事はリップル社に対する新たな訴訟を承認。仮想通貨XRPの個人投資家への販売が証券にあたる可能性があるとしている。
09:40
ETF申請企業Bitwise、イーサリアムの動画広告を公開
米国でイーサリアム現物ETFの宣伝競争が開始する可能性があるとの声が、BitwiseがNFT動画広告を公開したことで上がった。動画の内容も明らかになっている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア