CoinPostで今最も読まれています

ナスダック・仮想通貨全面安 コインベース株大幅下落|10日金融短観

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

2/10(金)朝の相場動向(前日比)

    伝統金融

  • NYダウ:33,699ドル -0.7%
  • ナスダック:11,789ドル -1%
  • 日経平均:27,584円 -0.08%
  • 米ドル/円:131.5 +0.14%
  • 米ドル指数:103.1 -0.2%
  • 米国債10年:年利回り3.66 +0.7%
  • 金先物:1,872ドル -0.9%
  • 暗号資産

  • ビットコイン:21,979ドル -4%
  • イーサリアム:1,575ドル -4.4%

本日のニューヨークダウやナスダックは続落。NYダウの下げ幅は一時340ドルを超えた。米労働省が9日発表した失業保険統計によると、先週1月29日〜2月4日の新規失業保険申請件数は19.6万件で、市場予測の19万件を上回り前週より1.3万件増えて6週間ぶりの増加となった。先週発表の強い1月の雇用統計から雇用圧力が鈍化したことでNYダウ先物やビットコイン(BTC)はやや上昇したが、昨日のFRB高官らのタカ派発言もあって利上げ継続への根強い懸念は相場を押し下げたもようだ。

関連ビットコイン22500ドルまで下落、ASTRやGARIは一時高騰

ウォルト・ディズニーは昨年10〜12月(第1四半期)の決算とともに55億ドルのコスト削減策の一環として7,000人の人員削減を含む再編計画も発表した。業務の合理化・効率化を図りコストを削減するにあたって、映画、テレビ、オンライン配信を手掛けるエンターテインメント部門、スポーツのESPN部門、ディズニーパーク・体験・製品部門の3つに事業を再編するとした。

また、決算の結果では純利益と売上高も市場予想を下回ったが、1株利益は予想を超えている。テーマパークは引き続き堅調で売上高増だったが、動画配信「ディズニー・プラス」は四半期ベースで会員数が初めて減少し10億ドル超の赤字を出した。一方、赤字幅は予想より小幅にとどまった。発表を受け、ディズニーの株価は時間外取引で一時8%上昇したが、マイナスに転じた。

S&P500企業の約3分の2は昨年10〜12月期の決算発表を終えており、企業の7割近くの最終利益が予想を上回った結果となったが、高インフレ高金利の長期化を背景に今後の企業業績への懸念は高まっているようだ。

2月の重要な経済指標日程

  • 10日24時(金):米ミシガン大学消費者態度指数2月・速報値
  • 13日8時50分(月):日本10-12月期 四半期実質国内総生産(GDP、速報値)
  • 14日22時30分(火):米1月 消費者物価指数(CPI)
  • 15日22時30分(水):米1月 小売売上高
  • 23日22時30分(木):米10-12月期 四半期GDP個人消費とコアPCE・改定値
  • 24日22時30分(金):米1月 個人消費支出(PCEデフレーター)
  • 24日24時(金):米ミシガン大学消費者態度指数2月・確報値

関連仮想通貨市場も注目のCPI(消費者物価指数)とは|わかりやすく解説

米債務上限巡り

バイデン米大統領は7日の一般教書演説で、現在市場の焦点となる連邦債務上限引き上げ問題について米国が「デフォルト(債務不履行)」に陥る事態は招かないと強調し議会に上限引き上げを呼び掛けた。

米政府の債務不履行のリスクは先月から浮き彫りとなり、米経済だけでなく世界経済にも大きな影響を与えうるとして問題視されている。

債務上限とは、連邦行政府が発行できる国債などの「上限枠」。この枠を設定する権限は議会が持っている。それがすでに約31.4兆ドルという上限に達しており、引き上げられなければ、今年の6月にも財政資金が枯渇し、米国債の元利払いができない債務不履行に陥る恐れがある。

引き上げが難航しているのは、共和党が昨年秋の中間選挙で下院の多数派を奪還したからだ。共和党右派は上限引き上げ要求と引き換えに強硬に歳出削減を主張しているところだ。

実際債務不履行ともなれば、米政府が発行した国債などの元本や利息が約束通りに払えなくなる。FRBによる急速な量的引き締めと利上げで利息支払いの負担は以前よりも増していた。米国債は世界の安全資産として外国政府や大口投資家も多く保有しているため、債務不履行の場合は金融市場を混乱させうるとされる。バイデン大統領が3月に議会に提案する予定の政権予算要望である「予算教書」の内容が今後の注目ポイントとなる。

米国株

個別銘柄の前日比では、NVIDIA+0.6%、c3.ai-14%、ビッグベア.ai-11%、テスラ+3%、マイクロソフト-1.1%、アルファベット-4.4%、アマゾン-1.8%、アップル-0.7%、メタ-3%、コインベース-14%、マイクロストラテジー-9.7%。

アルファベット(グーグル)については、前日の8日にグーグルの発表した新しいAIチャットボット「Bard(バード)」による不正確な回答を指摘されたことを受けて株価が急落し時価総額1000億ドル超を失い、2日続落した。

関連仮想通貨投資家にもオススメ、お得な株主優待「10選」

仮想通貨・ブロックチェーン関連株(前日比/前週比)

  • コインベース|59.6ドル(-14%/-20%)
  • ロビンフッド・マーケッツ|10ドル(-3.7%/-6%)
  • アルゴ・ブロックチェーン|1.89ドル(-13%/-4%)

コインベースについては、昨日ブライアン・アームストロングCEOが「米証券取引委員会がステーキングを禁止しようとしている」との噂についてツイッターで言及したことを受けて、コインベースなどの集権的業者のステーキングサービスが米国で利用できなくなる懸念が高まってきた。

また、クラーケンは9日にSECとの3,000万ドルの和解に合意し、米国ユーザーにステーキングサービスを提供中止となることが明らかになった。この件が今後米国でのステーキング禁止の先例になるか業界は問題視している。

関連米コインベースCEO「ステーキング禁止の噂が事実なら、米国は愚かな道に進んでいる」

関連仮想通貨投資家にもオススメの株式投資、日米の代表的な仮想通貨銘柄「10選」

昨夜のGMラヂオ

関連第5回「GM Radio」、クロスチェーンUX最適化目指すConnextが参加へ

第5回GM Radioは昨夜開催された。ゲストのConnextの共同創設者Rahul Sethuram氏で、米VC関連の動向や、ConnextのパブリックローンチやxAppsのメリット、今後の計画などについて語った。

先週のGMラヂオ

先週金曜日には第4回GMラヂオを開催した。ゲストは2回目の参加となるLayerZero Labsの共同創設者や、DeFi Kingdomsの創設者ら4名で、「クロスチェーンゲームの可能性」や「ブロックチェーンゲームの課題点」などについて語り合った。

関連第4回「GM Radio」開催、ゲストはDeFi Kingdoms幹部ら

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/29 木曜日
16:41
名作IPがNFTゲームに|Eternal Crypt – Wizardry BC –(エクウィズ)の魅力に迫る
不朽の名作「Wizardry」がNFTゲームに。ブロックチェーンゲームに関心がある方や「Wizardryシリーズ」が好きな方に向けて、「Eternal Crypt – Wizardry BC –」の全体像や遊び方、収益化の方法まで詳しく解説します。
14:25
日本が仮想通貨決済の世界的リーダーになる可能性、英金融メディアが評価
英金融メディアFinanceFeedsは、規制に準拠した世界的な仮想通貨決済のリーダーとして、日本の可能性に注目していると述べた。
13:50
ソラナ仮想通貨取引所「Backpack」25億円調達 FTX破綻の影響乗り越え
ソラナの主要ウォレットおよび仮想通貨取引所である「Backpack」は新たに1,700万ドルを調達。約二年間の「ソラナの冬」を乗り越えてきた。
11:45
日本人起業のイーサリアムL2のINTMAX、「Plasma Next」のメインネットαを発表
仮想通貨イーサリアムのL2「INTMAX」は、新たなzkロールアップ「Plasma Next」のメインネットαを発表。スケーラビリティ向上の実現が期待される。
10:35
ソラナ基盤ALL.ART、コカ・コーラ従業員にNFT証明書システム提供へ
仮想通貨ソラナ基盤プロジェクトクトALL.ARTはコカ・コーラHBCにNFT形式のデジタル証明書システムを提供すると発表した。
08:20
イーサリアム財団、Krakenに20億円相当のイーサリアムを入金
追跡データによると、仮想通貨ETHの価格が3,300ドルを超えた時点で入金された模様だ。このウォレットは財団が持つもので、2017年4月に合計39,006 ETHがETH開発者コミュニティウォレットから入金された。
07:45
ビットコイン、保有者の97%が含み益に
ビットコインは28日に6万ドルの節目を突破。仮想通貨分析企業IntoTheBlockはビットコイン保有者の97%が含み益の状態にあると報告した。アルトコインのデータも投稿している。
07:30
BTC採掘の上場企業マラソン、ビットコインL2「Anduro」をローンチ
マラソンがローンチするビットコイン・サイドチェーンは、「マージマイニング」と呼ばれるプロセスを採用。参加マイナーは、ベースレイヤーでビットコインの採掘を中断することなく続けながら、Anduroのサイドチェーンで発生するTXからビットコイン建ての収益を得ることができるようになるという。
06:45
ビットコインETF発行企業VanEck、RWA型NFTのプラットフォームをローンチ
腕時計やワインのトークン化 ビットコイン現物ETF「HODL」の発行企業であるVanEckはNFT市場に参入する。28日に、独自のNFTプラットフォーム「SegMint」をロー…
05:45
ビットコイン一時64000ドル到達、コインベースはログイン障害
仮想通貨ビットコインは一時64,000ドルまで高騰するもその後一時58,000ドル台まで反落。コインベースのサイトは取引集中などを受けログインや残高の表示問題に見舞われている。
02/28 水曜日
16:50
周南公立大、分散型デジタル学生証を開発 Web5とライトニング採用
周南公立大学がブロックチェーンと一線を画すWeb5技術と、ビットコインの決済技術ライトニングを活用した先進的なデジタル学生証システム開発を発表。プライバシー保護とセキュリティ強化を図る。
16:21
ビットコインETF承認後に高騰する相場をプロが解説|寄稿:仮想NISHI
ビットコインETFからの流入超過で高騰する暗号資産(仮想通貨)相場の展望は? 暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)相場とデリバティブの最新データについて、SBI VCトレードのアナリスト「仮想NISHI」が解説した。
14:50
グローバル法律事務所Norton「SECの規制や執行措置は今年さらに強化される」
グローバル法律事務所Norton Rose Fulbrightは2024年の展望レポートで、米SEC(証券取引委員会)は仮想通貨業界に対する「執行措置を伴う規制」アプローチをさらに強化するとの予測を明らかにした。
12:55
60000ドルを伺うビットコイン、市場心理は2年半ぶり『極度の貪欲』水準に
暗号資産(仮想通貨)市場では機関投資家のビットコインETFへの資金流入が止まらず60000ドルに迫るなか、投資家心理を示すCrypto Fear and Greed Indexは「極度の貪欲」示す82に達した。
11:20
ソラナ基盤の「Parcl」、エアドロップ発表
仮想通貨ソラナ基盤プロジェクトParclが独自トークンPRCLのエアドロップを発表。その後、預け入れ総額は1億ドルを突破した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア