モスクワ政府:イーサリアムを使い商業内での取引の透明性を高める

モスクワ政府は、イーサリアムを使用し、週末の農作物直売市での取引場所の割り振るシステムの一部としてイーサリアムを使用する予定だ。

このシステムを利用し、農場主が提出した商業用地の申請を記録を行う。

この場合、取引が行われた時間の確認が可能で、一度提出すれば削除または変更が不可能になり、虚偽報告や所有者などの照明がより正確に行うことができる様になる。

情報によると、この市場は4月20日から11月25日の間公開され、15000もの取引場所が競争の対象となっており、ロシア、アルメニア、ベラルーシ、カザフスタンやキルギスの農民が参加している。

参考記事:Moscow’s Government to Use Ethereum to Promote Transparency In Commerce

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

ロシアの大手航空会社S7 Airline:燃料補給状況を追跡のブロックチェーン利用に成功
ロシアの国営石油会社Gazprom Neftとロシアの航空会社S7 Airlinesは、航空機への燃料補給のプロセスにブロックチェーンベースのシステム開発と実装を成功したことを発表した。
ロシア:SWIFTに代わる送金システム「SPFS」にブロックチェーン採用か?
ロシア政府機関紙の報道によると、ロシアの銀行はSWIFTに代わるロシアの送金システム「SPFS」にブロックチェーン技術の運用を計画中とのことです。ロシアはブロックチェーンの技術開発に積極的である国の一つでもあります。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら