印仮想通貨取引所Zebpay:インド中央銀行の仮想通貨規制も、顧客に資金を返金する強行姿勢を示す

2018年9月4日、インドの仮想通貨取引所であるZebpayは、インド中央銀行が銀行業者の仮想通貨取扱い禁止措置を受けているにも関わらず、顧客全員に保留状態になっているインド・ルピー残高を顧客の銀行口座に返金すると発表した。

Zebpayは政府の命令に対して大胆なスタンスを取る形で、「停滞している状況に甘んじない」と述べ、銀行と連携して迅速にユーザー(顧客)に資金を返金する姿勢を示した。

最近では、インドが仮想通貨の規制問題に揺れていることが話題になっており、インドの証券取引委員会は、日本に視察団を派遣を行った。

政府関係者は、とある理由から、「現行の仮想通貨取引禁止令は覆される」との見方を示している。

参考記事:Indian Cryptocurrency Exchange to Process all “Stuck” INR Balances despite Central Bank Ban

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

インド政府、日本の金融庁に視察団を派遣|仮想通貨禁止令が覆る可能性も
世界人口第2位のインドが”仮想通貨の規制問題”に揺れている。これに伴い、インドの証券取引委員会は、日本に視察団を派遣した。政府関係者は、とある理由から、「現行の仮想通貨取引禁止令は覆される」との見方を示している。
インドで2番目の規模であるICICI銀行:ブロックチェーンの未来に前向き姿勢を見せる
YourStoryとの2018年8月24日のインタビューで、インドの市中銀行としては、インドで2番目の規模の銀行であるICICI銀行の技術責...


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら