CoinPostで今最も読まれています

Gala Musicがデジタルコレクターアイテムをリリースへ 初期収益は音楽チャリティ団体へ寄付

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「Let’s Dance」限定NFT発売

音楽NFT(非代替性トークン)配信プラットフォームのGala Musicは10日、著名な音楽プロデューサーLarry Dvoskin氏と提携し、David Bowie(デヴィッド・ボウイ)の名曲「Let’s Dance」の未発表バージョンを含むデジタルコレクターズアイテムを限定シリーズでリリースすることを発表した。

楽曲の著作権を管理するWarner Chappell Musicにとって、これまでにレコードやCD、デジタル版でリリースされていない楽曲のNFT契約は初めての試みだ。

4月14日には、Gala Musicの新しいプラットフォーム(MVP版)で、1983年にヒットした「Let’s Dance」の未発表バージョンがデジタルコレクターズアイテムとしてリリースされる予定で、これは同名アルバムの40周年を記念したものだ。

この作品は、オリジナル曲がリリースされてから19年後にレコーディングされたもので、デヴィッド・ボウイのプロデューサーを務めたDvoskin氏とのコラボレーションにより、新たなアレンジが施されている。

Dvoskin氏によると、当初はボウイの遺産管理者がNFTリリースの提案を断っていたが、2002年のボウイによるレコーディングに関するメールが見つかり、考えが変わったという。彼はボウイの熱烈なファンであり、オリジナルの複製ではなく、よりドリーミーでエレクトロニックなバージョンを目指していたと語り、今回のリリースがボウイの意図を適切に表現していると述べている。

関連:Gala Musicが目指す、音楽業界の変革|Gala Games寄稿

Bowieのデジタルコレクターアイテムとは

このBowieコレクターズシリーズには、「Let’s Dance」の未発表バージョンへのアクセスに加えて、デヴィッド・ボウイにインスピレーションを受けた限定アートが含まれている。ファンはこれらの作品をデジタル記念品として保管することができるほか、二次市場で取引することで追加報酬を得ることもできるだろう。

また、このデジタルコレクターズアイテムの初期収益は、音楽コミュニティに向けた健康や福祉サービスを提供する主要音楽チャリティ団体「MusiCares(R)」に寄付される予定だ。

関連:Gala Musicが音楽NFTプラットフォームをローンチ

Gala Musicとは

分散型ゲームプラットフォームGala Gamesの姉妹プロジェクトとして22年2月にベータ版をローンチしたGala Musicは、2023年3月28日のフルローンチを迎え、ブロックチェーン技術とNFTを活用して、アーティストとファンに新しい音楽体験を提供することを目指している。

Dvoskin氏は、今回のリリースにGala Musicを選んだ理由について、「Gala Musicは、アーティストへのサポートが確実である最初のプラットフォームだと感じました。『Let’s Dance』の40周年記念という素晴らしいタイミングに興奮しています」と語っている。

Gala Musicを利用するためにGALAトークンは必ずしも必要ではない。ETH、クレジットカードで楽曲NFTを購入できる。新しいトラックは毎週リリースされ、価格はUSドルベースで1曲あたり約1.3万円(100ドル)で販売されている。

ファンは無料で音楽を聴くことができるだけでなく、自分の好きな曲やアーティストをコレクションとして所有できる。さらに、自分が所有する曲をプレイヤーノードとペアリングすることで、報酬を受け取ることができる。

Gala Musicはイーサリアム(ETH)チェーンからGala独自のL1ブロックチェーン(GYRI)へ移行している。楽曲NFTをノードとペアリングして報酬を受け取るには、公式サイトのアカウントページから操作し、所有する楽曲NFTをGalaのL1ブロックチェーン(GYRI)へブリッジする必要がある。

執筆時点ではGYRIへのブリッジのみが可能で、GYRIからETHへのブリッジバックは未導入だ。

現時点ではGala Musicは独自トークンを発行していないが、初期利用者は将来独自トークンに変換できる「BEAMS」を報酬として取得できる。執筆時点では、アーティストに対してBEAMSをHOLDすることで、アーティストをサポートすると共に、楽曲NFTの先行販売アロウリストなどの限定特典を楽しむことが可能。

今後ローンチ予定のオールアクセス・ファンストアでは、Galaとパートナーが提供する限定アイテム・オファー・アクセスパスなどが提供される予定だ。

関連:ビットバンク、GALAなど3銘柄を新規上場へ

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
10:10
バイナンス前CEOのCZ氏、BNB流通量の64%を所有=フォーブス
仮想通貨取引所バイナンスのCZ前CEOの資産総額がBNBトークンの価格上昇と共に増加。9.6兆円に達したと見積もられている。
08:50
ビットコインレイヤー2「Stacks」、9時間ほどブロック生成停止
仮想通貨ビットコインに属するレイヤー2ネットワーク「Stacks」は14日、ブロック生成が約9時間停止し、混乱に見舞われた。
08:30
金融庁、海外仮想通貨取引所LBankに警告
金融庁は6月14日、海外仮想通貨取引所「LBank Exchange」に対して、事務ガイドラインに基づき、無登録で仮想通貨取引を提供しているとして警告した。
07:55
BTC価格は25年末までに20万ドルへ=バーンスタイン
仮想通貨ビットコインの価格は25年末までに20万ドルまで上昇する可能性があると、バーンスタインのアナリストが予想を引き上げた。予想の根拠を説明している。
06:50
ビットコイン一時66000ドル割れ、280億円相当のロングがロスカット
仮想通貨ビットコインは15日、前日比1.3%安。14日深夜に66,000ドルを割り込み一時65,000ドルまで急落。その後反発し、66,000ドル台を回復した。
06:00
マイクロストラテジー、ビットコイン買い増しの資金調達額を引き上げ
より多くの仮想通貨ビットコインを購入するために、マイクロストラテジーは14日、転換社債売却の発行額を引き上げた。
05:45
DMMビットコイン、顧客補償用ビットコインを調達完了
暗号資産取引所DMMビットコインは顧客への保証のためのビットコインをすべて調達した。
06/14 金曜日
17:45
オーケーコイン・ジャパン、トンコイン(TON)の新規取扱い開始を発表
国内暗号資産(仮想通貨)取引所OKCoinJapan(オーケーコイン・ジャパン)にトンコイン(TON)が上場することが発表された。TONは大手メッセージアプリTelegramが始めた分散型ブロックチェーンであるThe Open Network(TON)のネイティブトークン。
17:26
チリーズ(CHZ)が17日にハードフォーク Tokenomics 2.0を導入へ
Chiliz ChainがDragon8ハードフォークを計画。EIP-1559の実装とTokenomics 2.0で暗号資産(仮想通貨)CHZのユーティリティを強化する。
15:37
トンコイン(TON)が過去最高値を更新 テレグラム・エコシステムでの成長が後押し
暗号資産(仮想通貨)トンコイン(TON)は14日に史上最高値を更新し、一時8.00ドルに達した。テレグラム・エコシステムにおける統合と新機能の導入がその背景にある。
13:10
韓国最大手アップビット、RWA銘柄ONDOを新規上場
仮想通貨ONDOは、ブラックロックとPIMCOが提供する米国債ETFに投資するRWAオンチェーンファンドOndo Financeのガバナンストークン。発表後一時16%急騰していた。
12:30
リップル社、罰金はテラフォームラボの事例と比べても過大と主張 対SEC裁判で
リップル社は米証券取引委員会との裁判で、再度SECの提案した罰金額は過大と申し立てた。テラフォームラボの件を参照している。
12:19
ビットコイン相場はCPI・FOMC通過で乱高下、売り買いのシグナル交錯へ
暗号資産(仮想通貨)市場では、CPIやFOMC結果を受けビットコイン(BTC)が乱高下するなど一時ボラティリティが急上昇した。大手マイナーの売りシグナルやCMEの先物ショートの行方にも関心が集まる。
11:30
BNBチェーンとバイナンスラボ、BNB基盤プロジェクト支援へ
BNBチェーン基盤の仮想通貨プロジェクトはBIAに参加することで、バイナンス・ラボとBNBチェーンから出資を受けることができる。
10:40
ソラナなどアルトコインの現物ETFが承認される条件は? 識者が議論
仮想通貨業界の識者らは、ソラナなどアルトコインの現物ETFが米国SECから承認されるための様々な条件について議論した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア