仮想通貨の狼狽売りを懸念、OnChainFX上のデータとの相関性とは

トークンの狼狽売りへの懸念
仮想通貨研究者のKeven Rooke氏がTwitter上で自身が作成したデータに基づいてトークンの狼狽売りへの懸念を示したが、その意見やデータに対して多くの反論・提案が投げかけられた。
脆弱なユーザーによる狼狽売りを懸念

先週、仮想通貨研究者のKevin Rooke氏(以下Rooke氏)は、ユーザー不足のdAppsを支えられるだけの能力がEthereumやEOSにあるのだろうか、と疑問を投げかけました。

Rooke氏はTwitter上で以下のように述べました。

仮想通貨が十分な取引高を確保できているのかどうか疑問に思っているよ。

24時間のスパンで見ると、400以上のアクティブユーザーを抱えているトークンはたったの27個なんだ。

もし狼狽売りがあるとすれば、今日だろうね。

Rooke氏のツイートに対して多くのコメントが寄せられました。

彼の意見が妥当であると信じる者もいましたが、考察の勘所や元となったデータに疑問を呈する者もいました。

Rooke氏はOnChainFXのウェブサイトに掲載されているように、9月5日時点で24時間以内に400以上のアクティブアドレスを持つ仮想通貨のインデックスを作成しました。

Rooke氏作成のインデックスと仮想通貨の24時間取引高を比較したところ、かなりの対応関係が見られました。

ユーザー数と取引高

Rooke氏のインデックスの3位はDogecoinで、24時間で135,222ものアクティブアドレスが存在しています。

しかし、Dogecoinの24時間における取引額は3700万ドル(41億円)を切っており、XRP、Bitcoin Cash、EOSなど計16通貨の取引額を下回っています。

同一条件下での比較ではないためこのような順位の乖離が発生します。

Rooke氏のインデックスは、取引額ではなく取引を行っているユーザーの数を示しています。

24時間の取引高が2億2,700万ドル(251億円)以上を占めているXRPがRooke氏のインデックスに現れないのはなぜでしょうか。

OnChainFXが、XRPは24時間のアクティブアドレスに関するデータがないと示したからです。

データに対する疑問点や提案

OnChainFXがアクティブなXRPユーザーがいないと示している。

とあるツイートにより指摘された際、Rooke氏は

XRPは同様に他のデータも欠落しており、XRP台帳に全てのデータを集めることができない。

と主張しました。

これを踏まえ、Twitter上のインデックスについての疑問を提起する者が続出しました。

Komodo(KMD)が1日に1000を超えるアクティブアドレスを保持していたと指摘する者もいました。

OnChainFXのデータベースでは「データなし」とされたKMDは、24時間で100万ドル(1億1000万円)以上の取引高です。

また、NXやTUBEが含まれていないと指摘する者もいました。

両方とも400以上のアクティブウォレットを持っており、Rooke氏のインデックスの欠陥性を示していると主張しています。

(どちらもCoinMarketCapで見つかりませんでした。)

他には、24時間という枠を取っ払って考えた方がユーザーの行動をよりよく掌握できるのではという提案を投げかけた者もいました。

Weak User Counts Signal ‘Panic Sell’ For Most Cryptocurrency Tokens: Researcher

参考記事はこちらから

CoinPost関連記事

Apple社がCoinbaseにウォレットからdAppsのゲームトークンを排除するよう命令
Apple社が大手仮想通貨取引所Coinbaseが運営するアプリ上でクリプト・コレクタブルの保有を禁止した。なおAndroidなど他社版のアプリでは保有できるとのこと。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら