米国証券法に仮想通貨の適応が可能、米NYで初の判決

仮想通貨ICOに関する、初めての「米国証券法」言及の判例
日本時間本日、ロイター通信は、米国初、ニューヨークの連邦裁判官が仮想通貨にも米国の証券法が適用できるする判決が下されたことを明らかにした。
Howeyテストとは
特定の取引が「投資契約」という証券取引の定義の一つに該当するかどうかを判定するテスト。1946年のHowey社訴訟事件の際に裁判所が「投資契約」の判断基準として定めた。いくつかのICOプロジェクトがこのテストスコアを計算して、トークンの「証券性」を検証している。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

事件の経緯と判決

Zaslavskiy氏が、昨年11月に、二つの仮想通貨を通して、投資家を欺き、米国証券取引法を違反したとして逮捕されたと、ロイター通信 が報じました。

検察側によると、Zaslavskiy氏は昨年REcoinという、不動産に基づいた仮想通貨とダイヤモンドに基づいた通貨にて、投資家らから約30万ドル(約3300万円)を調達しましたが、実際のところ、その2つの仮想通貨を裏付ける不動産もダイヤモンドも存在していませんでした。

さらに、投資家はそれらのトークンを受け取っていないと訴えています。

Zaslavskiy氏の弁護士は今年の3月、Dearie裁判官へ、REcoinとDiamondは通貨であり、有価証券ではないため証券法に該当しないとした主張の元、嫌疑の取り下げを求めましたが、本日の判決にて、証券法の適用範囲に柔軟性が設けられており、SEC(米国証券取引委員会)も一部の仮想通貨を有価証券と見なしていることを理由とし、Dearie裁判官はその取り下げ申請を非承認、以下のように指摘しました。

出典:United States District Court Eastern District of New York

「投資道具に『バーチャル・カレンシー』というラベルを付けただけでは、その投資契約、つまり証券を本当の通貨に変えることはできない」

出典:United States District Court Eastern District of New York

「。。。(ハウェイ判例により)陪審団が『営利事業』は。。。今回の(REcoinとDiamond)告訴に該当すると結論を下す」

SECの立場と有識者による見解とは

コインポスト で報道したように、SECの主席を務めるJay Clayton氏は、以前からICOという資金調達方法はSECへ登録するべきであり、多くのICOトークンもSECが規制する有価証券同様に、証券法に該当すると主張しています。

ブルームバーグ紙の取材 によれば、名門、Wayne State大学の法科大学院のPeter Henning教授は以下のようにコメントを述べました。

今回の判決は、SECがICO事業を規制する権力を持つと主張する立場と、市場操作と詐欺対策における法律条項が適用することを肯定している。被告人が証券でないと主張したものの、裁判官がそれを却下し、証券法に該当すると判断したのは、正に法的規制における重要な第一歩だ」

また、Dearie裁判官がZaslavskiy氏の案件のみに対し、結果を述べたものであり、その他のICOに関しては言及していないものの、仮に上訴で判決維持となった場合、より広い影響力をもたらす可能性をブルームバーグ紙も取り上げて説明しています。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら