CoinPostで今最も読まれています

リップル裁判、 SECのヒンマン講演資料が5年越しに一般公開

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

スピーチの舞台裏が明らかに

暗号資産(仮想通貨)XRPの有価証券問題をめぐり、米リップル社と米証券取引委員会(SEC)の係争が続く中、ついに重要な焦点の一つであるSEC元高官の講演資料が一般公開された。

ビル・ヒンマン氏が例のスピーチをしてから5年が経った。SECのリップル社に対する訴訟(および7つの裁判所命令)により、そのスピーチに関する、現在公となった電子メール/草稿を通じて、舞台裏で何が起こったかをようやく共有することができる

2018年6月に行われた、ウィリアム・ヒンマン前企業金融ディレクターによるスピーチは、「ビットコインとイーサリアムは証券に該当しない」と明言したとして、仮想通貨規制にとって画期的なものとなった。ヒンマン氏はトークンの証券性判断の基準として、ネットワークの分散性に言及していたため、リップル社とSECの裁判でも、リップル社側が頻繁に引用してきたものだ。

ヒンマン氏の見解が、SECの規制当局としての公式見解と解釈できるのかを明らかにするため、リップル社は何度も、このスピーチに関連するSECの内部文書の公開を求めてきたが、SECはその度に裁判所に非公開措置を要求。裁判所はその申し立てを幾度も却下していた。

関連:リップル裁判 SECのヒンマン講演資料の非公開申し立て、裁判所が再度却下

公開資料で明らかになったのは、スピーチの原稿が完成に至るまでの過程で、ヒンマン氏の見解にSEC職員が懸念を呈していた部分が何点かあったという。

リップル社のスチュアート・アルデロティ最高法務責任者は、ヒンマン氏がSEC職員の懸念を無視したことが資料から判明したと指摘している。

ヒンマン氏が、自身のスピーチが法律に基づかない作り上げられた分析を含んでおり、ハウィー要因から分離され、規制のギャップを露呈し、市場に混乱だけでなく「より大きな混乱」をもたらすであろうという複数の警告を無視したことがわかった。

リップル社の主張

SECの落ち度として、アルデロティ氏は以下の点を指摘している。

  • 「個人的な見解として」ヒンマン氏が「十分に分散化されたトークンは証券に該当しない」と述べる
  • 当時のジェイ・クレイトンSEC委員長は、この見解をガイダンスとして公に言及した
  • スピーチはSECのウェブサイトに掲載継続中だが、訴訟ではスピーチの重要性を軽視

また、SECの取引・市場責任者から、スピーチで言及されたハウィー分析の適用範囲や証券の定義について、「より大きな混乱につながる」可能性を指摘されていたにもかかわらず、ヒンマン氏は無視したと批判した。

また、SECの顧問委員会がイーサリアムに関する直接的な言及を含むことについて懸念を表していたが、ヒンマン氏はイーサリアムについての見解を披露する結果となった。なお、ヒンマン氏はイーサリアムの共同創設者であるヴィタリック・ブテレン氏に、イーサリアム財団の運営方法に関して自身の理解を確認するために、話し合いを計画していたことも公開資料から判明した。

アルデロティ氏は、「何が・誰がヒンマン氏に影響を与え、なぜ懸念が無視され、なぜSECが混乱を引き起こすと知りながら、このスピーチを宣伝したのか」について、再調査が必要だと主張している。

リップル社のブラッド・ガーリングCEOは、アルデロティ氏の意見に賛同し、規制当局が「業界全体を混乱に陥れたことは受け入れ難い」と非難している。

関連:米議員、SECの再編とゲンスラー委員長の解任を求める法案を提出

裁判の決め手となるか

リップル社によるSEC批判の格好の材料となった内部文書の公開だが、実際の裁判への影響は限定的だと見る向きもある。

Zero Knowledge Consultingのオースティン・キャンベル氏は、文書公開が「SECの現在の行動について、“疑わしきは罰せず”という原則の恩恵を享受するに値しない存在であることを示す上では、より有効だと思う」と述べ、世論形成に役立つ程度だとの見解を示した。

Delphi Labsのガブリエル・シャピーロ顧問弁護士は、公開文書によって、リップル社の裁判に役立つような新たな情報は何も明らかにされておらず、「パテのないハンバーガー」のように、意味がないと指摘した。

関連:米SECが提訴した「リップル裁判」まとめ(20年12月~23年4月)

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/21 金曜日
17:00
コナミやネクソン、企業がアバランチを採用する理由 AVAXの役割と買い方を解説
コナミやネクソンがアバランチを採用する理由を解説。暗号資産(仮想通貨)AVAXの役割や購入方法について詳しく紹介。投資家やユーザーに必見の情報を提供します。
14:00
ソラナDePINのHelium Mobile、機器メーカー向けに技術ライセンス供与を開始
分散型5G通信事業を展開するHelium Mobileは、機器メーカー向けに技術スタックのライセンスプログラムを開始すると発表した。独自ネットワークの拡大により、無線インフラ革命の加速を目指す。
13:15
円安ヘッジなどで30社以上の国内上場企業が仮想通貨を保有、日経報道
米マイクロストラテジーは2020年からインフレヘッジのためにビットコインを買い続けているが、日本企業の場合、進む円安の回避を目的とすることが多いようだ。
12:36
マイナー売り継続の中、ビットコインなど仮想通貨相場は冴えず
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコイン(BTC)が65000ドルを割り込んで2週連続続落している。半減期で資金繰りの悪化したマイナー売り継続が示唆される中、センチメントが悪化し、アルトコイン相場も売り優勢が続く。
11:35
「日本で暗号資産を再定義する必要」自民党木原誠二氏と平将明氏語る
自民党の木原誠二議員と平将明議員は、ビットコインなど仮想通貨を法的に再定義する必要性について話した。
10:20
米地裁、「XRPの個人投資家への販売が証券である可能性排除できず」
米地裁判事はリップル社に対する新たな訴訟を承認。仮想通貨XRPの個人投資家への販売が証券にあたる可能性があるとしている。
09:40
ETF申請企業Bitwise、イーサリアムの動画広告を公開
米国でイーサリアム現物ETFの宣伝競争が開始する可能性があるとの声が、BitwiseがNFT動画広告を公開したことで上がった。動画の内容も明らかになっている。
08:30
マイナー売り継続か、ビットコイン保有量が21年以降の最低水準に 
マイナーの仮想通貨ビットコインの保有量が、21年以降の最低水準にある。今月10日には、OTC取引でマイナーが1,200BTCが売却したことが確認された。
07:35
トランプ氏、ウィンクルボス兄弟から約31 BTCのビットコイン寄付金を獲得
ビットコイン古参勢であるウィンクルボス兄弟は一人ずつ15.47 BTCを寄付し、11月の大統領選でトランプ氏に投票すると宣言した。
06:40
bitFlyer、FTXジャパン買収合意 加納CEO「暗号資産預託事業をコアに」
日本の暗号資産取引所ビットフライヤー(BitFlyer)がFTXジャパンを買収し、カストディ事業を新たなコア事業として展開する方針を示した。加納CEOのコメントと共に、詳細を解説。
06:15
レイヤーゼロの仮想通貨ZRO、バイナンスやBybitに上場
トークンを取得するために、Protocol Guildという組織に寄付することを強制しており、コミュニティから大きな反発を買っている。
05:50
北米初のソラナ現物ETF、3iQがカナダでローンチへ
カナダの大手仮想通貨資産運用会社3iQ Digital Asset Managementは20日、ソラナの現物ETFの仮目論見書を規制当局に提出したと報告した。北米で上場する初のソラナ現物ETFとなることを目指している。
06/20 木曜日
21:35
米マイクロストラテジー、1200億円相当のビットコインを買い増し
今回は、65,883ドルの平均購入価格で11,931 BTCを購入。1200億円に相当する費用は、新たな転換社債の売却によって調達されたものだ。
16:46
グリー初のNFTゲーム『クリプトキャッチ!釣り★スタ』、SUIを扱う国内取引所とコラボキャンペーン開始
グリーは、新作ブロックチェーンゲーム『クリプトキャッチ!釣り★スタ』を全世界配信開始。リリース記念キャンペーンも実施中。暗号資産(仮想通貨)SUIを扱う国内取引所とコラボキャンペーン開始。
16:10
コナミ、NFTソリューション『リセラ』を開放 アバランチ採用
コナミデジタルエンタテインメントはNFTソリューション「リセラ」を公開。Avalanche(アバランチ)を採用し、Web3機能を実装。企業や団体が容易にNFTを発行できる環境を提供。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア