CoinPostで今最も読まれています

リップル裁判 SECのヒンマン講演資料の非公開申し立て、裁判所が再度却下

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

SEC側の申し立てを却下

暗号資産XRPについて、米国リップル社と米国証券取引委員会(SEC)が法廷で対立している中、リップル社の一部の主張が認められたことが16日に明らかになった。

アナリサ・トーレス連邦地裁判事は、ウィリアム・ヒンマン前企業金融ディレクターの講演に関連する文書の非公開措置を求めるSEC側の申し立てを却下した。この文書は、SECによる証券法違反の訴訟で、リップル社側にとって重要な証拠となる可能性がある。

判決を受けて、XRPの価格は前日比8%上昇し、現在62.23円で取引されている(CoinMarketCap調べ)。リップル社のCEO、ブラッド・ガーリングハウス氏は、この判決を「透明性のためのもう一つの勝利」と評価した。同氏はまた、弁護士が文書を公開するメカニズムについて検討中であると述べている。

今回、アナリサ・トーレス判事は、SECの文書封印(シール)の申し立てを却下し、文書は一般公開の対象であると判断した。なお、個人情報や財務情報の削除を含む特定の情報を保護するための編集は認められている。

またトーレス判事は、リップル社によるXRP販売による収入や取引プラットフォームへの報酬に関する情報を削除または修正しようとする試みについては、「過大な範囲」と判断して却下している。

ヒンマン氏の講演文書

2020年12月、リップル社とそのCEO、ガーリングハウス氏、共同創設者のクリス・ラーセン氏は、SECによって未登録証券としてXRPを販売したとして提訴された。SECはリップル社が未登録の証券を販売したと主張している。

この裁判は、元SEC長官のヒンマンの2018年の講演が重要な焦点となっている。その講演で、ヒンマン氏は仮想通貨イーサリアムを証券とは見なさないと発言した。リップル社は、この講演がSECのスタンスを反映しており、公開されるべきだと主張、講演に関連するメールや文書の提出を求めていた。

しかし、SECはこれらの文書が法的保護を受けるべきだと反論した。2022年4月にサラ・ネットバーン判事は、ネットバーン判事はこのスピーチは法的特権で保護されるべきではないと裁定した。

その後、SECはこれに異議を唱え、現在も控訴裁判所で対立が続いている。今回の判決では、トーレス判事は再度SECの主張を退け、文書の公開を命じた。

なお、SECには最高裁判所に上告を請求する権利が残されている。ただし、最高裁判所が上告を受け入れるには、一定の基準を満たす必要があり、一般的には重要な事案に限って審理することが多いとされている。

関連:リップル裁判 ヒンマン氏のイーサリアム発言関連資料を非公開とするSECの申し立てを却下

裁判の近況

XRPの有価証券性を巡る裁判のステータスとしては、22年9月にSECとリップル社がそれぞれニューヨーク連邦地裁に「略式判決」の申し立てを行った状況だ。これは、通常の事実審理を省略し、提出された文書に記載された論拠に基づいて裁判所が判決を下す手続きである。

23年3月にブラッド・ガーリングハウスCEOは、この裁判に関して、「2023年中には結論が出るだろう」との見解を示していた。

訴訟の重要な焦点は、「公正通知防衛」の認可に関わる。リップル社は、SECから適切な警告がなかったと主張している。リップルの代理弁護士を務めるMichael K. Kellogg氏は4月、リップル社がXRPを「投資契約」とは見なさない証拠をSECに提示していたと主張していた。

Kellogg氏はまた、SECがハウィーテストとは異なる不明確なガイダンスを提供したことで規制の混乱を引き起こしたとも指摘。SECはその情報を知りながらリップル社を訴えたとしてリップル社はSECの行動を批判し、公正通知防衛の適用を主張している。

ハウィーテストとは

ハウィーテストとは、米国で特定の取引が「投資契約」という証券取引の定義の一つに該当するかどうかを判定するテストです。SECのW. J. Howey社に対する訴訟事件に由来しています。これ自体には法的拘束力はありませんが、SECはこのテストをもとに複数のICO(トークン販売)に対してリーガルアクションを起こした経緯があります。

▶️仮想通貨用語集

関連:米SECが提訴した「リップル裁判」まとめ(20年12月〜23年4月)

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/18 木曜日
15:15
米金融大手ステートストリート、独自のステーブルコイン発行検討か
米ボストン拠点の金融大手ステートストリートは、ブロックチェーン上の決済方法を模索しており、仮想通貨ステーブルコインの発行を検討していると報じられた。
14:00
ヴィタリック、仮想通貨支持派という理由のみで政治家を選ぶことに反対
仮想通貨イーサリアムの共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏は、米国選挙に向け「仮想通貨賛成派」であると主張しているか否かだけで、候補者を選ぶことに対して警告を発した。
12:00
SECが承認、グレースケールのイーサリアムミニ・ETF 手数料低減で資金流出を防ぐ狙い
米SECはグレースケールによるイーサリアムミニETFの19b-4様式を承認。他社のETH現物ETFと同時ローンチする可能性が高まった。
11:30
グレースケール、NEARやRNDRなどに投資する分散型AI関連ファンドを販売開始
米大手仮想通貨投資会社グレースケールは、新たに分散型AI関連のファンド(投資信託)をローンチした。投資割合はNEAR(31.87%)とFIL(30.03%)が最も高い。
10:45
TON、ビットコインのブリッジ機能をローンチへ
TONのブロックチェーンへ仮想通貨ビットコインをブリッジできる新機能が今年にローンチされる予定。プロジェクトが機能の概要を説明している。
10:00
「シリコンバレーがトランプ氏を支持する理由はビットコイン」著名投資家キューバン氏
著名投資家マーク・キューバン氏はシリコンバレーがトランプ氏を支持するようになったのは仮想通貨ビットコインが理由だと意見した。
08:00
カナダ上場企業Cypherpunk、仮想通貨ソラナ保有量を10倍以上増加
カナダの上場企業Cypherpunk Holdings(サイファーパンク)は先月から、仮想通貨ソラナ(SOL)の保有を大幅に増加している。
07:10
「ETFは現物ETFローンチで5000ドル超える可能性」Bitwise予想
仮想通貨イーサリアムの価格は米国の現物ETFローンチで最高値を更新するだろうとBitwise幹部が予想。5,000ドルを超える可能性があるとも述べ、分析を公開している。
06:40
ドイツ当局、約5万ビットコイン売りで計4500億円の利益
Movie2K事件は終結していないが、ドイツ当局は声明で5万ほどの仮想通貨BTCを売却せざるを得なかった理由を説明している。
06:20
コインベースやBybit、ゲーム特化型レイヤー2仮想通貨「Ancient8」を新規上場
米仮想通貨取引所コインベースは18日、ゲーム特化型レイヤー2仮想通貨「Ancient8(A8)」を新たに上場した。発表を受け、A8の価格は+38.8%と高騰している。
05:55
トランプ氏、財務長官に仮想通貨否定派のJPモルガンダイモンCEO検討か
トランプ米前大統領は11月当選後の場合、ビットコイン・仮想通貨否定派と知られる米金融大手JPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOを財務長官に起用すると検討しているようだ。
07/17 水曜日
23:17
Suiネットワーク最大のDeFi融資プロトコル「Scallop」、累積収益100万ドル突破
Scallop(スカラップ)は、Sui(スイ)ネットワーク上で最大のDeFi融資プロトコルとして累積収益100万ドルを達成。10万ドル相当の報奨金キャンペーンを実施中。暗号資産(仮想通貨)スイなどを借り入れるユーザー向けのインセンティブを強化している。
15:04
バイナンス、2種類の通貨ペアを取扱い中止へ
バイナンスは2024年7月19日12時に2種類の通貨ペアの取扱いを中止する。詳細な暗号資産(仮想通貨)ペア一覧と、インターネットコンピュータ(ICP)について解説。
14:27
RWA向け「Plume」、テストネットキャンペーンを開始
Plumeが初のモジュール式EVMレイヤー2としてテストネットキャンペーンを開始。不動産や金融商品などの現実世界資産(RWA)をトークン化し、パートナーと共に新たな金融エコシステムを構築する。
12:23
ビットコインの反騰つづく、仮想通貨上場投資商品への資金流入が加速
暗号資産(仮想通貨)市場では、イーサリアムETFの承認期待、ドイツ政府売りの枯渇、大統領選のドナルド・トランプの勝利予想の高まりなどを受け、ビットコイン(BTC)が続伸した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア