老舗格付けサイト「お買い得の仮想通貨」にXRP(リップル)など4銘柄を挙げる

Weiss Ratingsの支持する8通貨
格付け会社Weiss Ratingsは、フィボナッチ指標からリップル(XRP)など4銘柄をトップ通貨として推奨。ポテンシャルを持つ通貨として、Stellar、EOSなど5通貨も追加で名指しした。
フィボナッチ・リトレースメントとは
株式や仮想通貨の市場において、値動きは小さく上昇・下降を繰り返しながら変動していく。フィボナッチ・リトレースメントは、これを利用し、相場のトレンドを予測するために使われるテクニカル分析である。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

Weiss Ratingsの伝える、今後に期待できる8通貨

創業1971年、半世紀近くに渡って市場調査・分析を続けてきた格付け会社Weiss Ratingsは、 合計8つの仮想通貨を、現在の市場におけるトップ通貨として名指ししました。

「仮想市場が以前の輝きを取り戻すと信じるなら、利益10倍の指標はリトレースメントでの90%だ。90%を超えるのは、トップ25通貨のうちIOTA、NEO、リップル、Cardanoのみ。お買い得だと考えられる。

ポテンシャルの高い通貨

またWeiss Ratingsは、Nano、Basic Attention Token、Stellar、EOS、XRPの4通貨をポテンシャルの高い通貨として挙げ、ツイッターで言及しています。

将来性に間違のない仮想通貨を幾つか挙げるとすれば、「Nano、Basic Attention Token、Stellar、EOS、XRP(リップル)」が挙げられる。

依然としてリップルを支持

同社は、初期の頃こそ低評価だったものの、先日の評価で最高評価を与えたり、バイナンスの基軸仮想通貨にすべきという意見に賛同したりするなど、好意的な評価を与えています。

この推奨意見と共に、9/19に同社はイーサリアムがビットコインの市場シェア半分を5年で食い荒らすとした強気な予測に対し、ブロックチェーン・プラットフォームとしてユースケースの豊富なイーサリアムは強いとして、同意を表明しています。

CoinPostの関連記事

Weiss Ratingsの仮想通貨格付け:複数通貨の評価格下げでリップル(XRP)が初の最高評価を獲得
米格付け機関Weiss Ratingsが仮想通貨の最新評価を更新。多くの通貨が格下げされる中、リップル(XRP)が初の最高評価を獲得。同率1位には、イオス(EOS)とエイダ(ADA)が名を連ねている。
技術分析家「イーサリアムは5年でビットコインを超える」根拠は分散型台帳活用例の拡大
Thomas Crown Art社Ian McLeod氏は、ビットコインのマーケットシェア半分をイーサリアムが5年以内に奪うと主張する。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加