ビットコイン価格分析「7日間で100万円到達の可能性を示唆も、63万円の底値も警戒」米Forbes紙が掲載

仮想通貨市場
本日の仮想通貨相場は、ビットコインが前日比5%高を記録しているほか、XRPが再び急騰し圧倒的な存在感を示した。また米Forbesが興味深い価格予想を展開、複数の分析家も今後の価格高騰を示唆した。

仮想通貨市場

ビットコイン相場は21日、日本時間明朝に発表されたSECのビットコインETF関連の公式文書のタイミングで一時下落に転じるも、すぐに値を戻し、18時次点では、前日比5%を超える大きな上昇を記録、結果的にSECの発表は、市場に大きな下げ材料とは捉えられなかったことがわかります。

出典:TradingView

特にここ2日間は、XRP(リップル)が市場の話題を全て持って行ったと言えるほど、今週2度目となる急騰を記録、その後も勢いを保ち、50円台の大台まで価格を急進させました。

出典:TradingView

上記のチャートのように、XRPが昨年の高騰相場宛らの高騰劇を見せたことは、仮想通貨市場に好感された可能性もあり、ビットコインの値動きと著しく異なる値動きをしたXRPが、市場を牽引したかもしれません。

XRPは、今回起きた高騰の大きな要因の一つと考えられるCNBCのSarbhai氏のインタビューが公開された2018年09月17日18時からすでに60%も価格を続伸させている。

10月1日にSWELLを控えていることや、XRP/JPY(Bitbank)にて週足のMACDが、2月中旬ぶりに買いのサインゴールデンクロスを記録したことなどを背景に、未だ期待感が高まっています。

出典:Bitbank

なお、日足でのRSIは、2018年3度目となる買われ過ぎの70%超え、19時時点では76%に差し掛かっているため、高値掴みには注意したい状況です。

米フォーブスのビットコイン相場分析

米国著名経済誌フォーブス (Forbes)のコントリビューターアナリストPanos Mourdoukoutas氏によるビットコイン相場分析が公開されました。

概要的に、6月下旬には一度、重要サポートラインとされていた6000ドル(67万6千円)を割り、7月に9000ドルに向かって、8400ドル(94万6千円)までに上昇したのち、再び6000ドル領域(執筆時6500ドル水準)へ落とすなどボラティリティ(価格変動の度合い)の高い相場が続きました。

出典:TradingView

同アナリストは、「デジタルカレンシー市場のボラティリティから、BTC価格の行方は測り難い」としました。

しかし、『5613.89ドル(633,019円)と8931.47ドル(1,007,108円)の水準には気を付けよ』と述べました。

まず、5613.89ドルについて、同アナリストの共同著者Greg Giordano氏は

*Hayeと*Wheatleyの平均値がビットコインの実際の価格に向かい始めていることが判明した。現在、その平均値はビットコインの実価格6500ドル(執筆時)に対して、5613.89ドルとなっている」

と、指摘しました。

Hayesモデル とは、Adam Hayes教授が2015年構築した、ビットコインマイニングにおける供給本位の生産コストモデル。

Wheatleyモデル とは、2018年3月にSpencer Wheatly教授が発表した、市場不穏による差し迫るビットコインバブルの破裂と暴落を診断する需要本位の方式

次に、8931ドルに関しては上記の平均値+Market Model(マーケット・モデル)で算出されたものだそうです。

同アナリストによると、「以上の2つの価格水準は需要と供給を同時に表しているものなので、値幅の乖離はその単独の基準よりも低い」と示しました。

以下がこれから7日の価格予測:

価格予想
Forecasting Model Price
Hayes 10,157.16USD
Wheatley 1,070.77USD
Market Model 8,931.47USD(1,007,108円)

他にも、複数の専門家が同じような値幅に関する意見を語っている様です。

例えば、LDJキャピタルの代表者を務めるDavid Drake氏は7日間でBTCは8931.47ドル(1,007,108円)を少し上回ると読み、(Mourdoukoutas氏は7日以上かかると予想)

「すべてのクジラや大口買い手は買いたい値段(つまり安値)で入っていれば、供給量が激減するにつれ、価格は上昇方向へ向かっていく。 これから数か月間で起こり得る状況であり、値段も1万ドルを超えることができるだろう」

と、言及しました。

一方で、Global Blockchain Technologies Corp社のCEOであるGouran氏は、

「ビットコインの『難攻不落』のサポートラインが6000ドルであることはまず間違いない。 それ以上は落ちないと言えるだろう。なぜなら、それがマイニング費用の損益における分岐点だ。」

と、述べました。

更に、Investing.comのシニアアナリストClement Thibault氏は、ビットコインの頑丈な6000ドルサポートラインに驚いているようです。

「正直、今までビットコインの様にここまでサポートラインを堅守できる投資資産は見たことが無い。 6000ドルを長い間割らないことが驚くべきところだ。 過去24間でも見られた様に、再び6000ドルラインを保てたこと。 となると、いつか爆発的に急上昇する可能性は考えられるでしょう」

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加