CoinPostで今最も読まれています

MakerDAO創設者が語る、DAOの成長とガバナンス設計|WebXレポート&インタビュー

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

DAOの成長とガバナンス設計

国際カンファレンス「WebX」で、「MakerDAO」の共同創設者であるルーン・クリステンセン氏が26日、自らのガバナンスシステムの再構築計画、通称「エンドゲーム・プラン」について詳細を明らかにした。「MakerDAO」は分散型金融(DeFi)の大手プロジェクト「Makerプロトコル」の管理を担当している。

ルーン氏は2015年から、価格が安定した仮想通貨の基盤構築と、MakerDAOのビジョンと組織的枠組みの構築に尽力してきた。2017年12月18日には、ステーブルコインDaiを発行するMakerプロトコルがイーサリアム上でローンチ。その成果として現在のDaiの時価総額は約47億ドル(約6,500億円)に達しており、ステーブルコインとしては3位の規模を誇る。

Daiとは

1単位あたり1ドルの価値を維持するように設計された、仮想通貨担保型のアルゴリズムステーブルコイン。

▶️仮想通貨用語集

MakerDAOは、ガバナンストークン(MKR)の投票を通じてプロトコルの運用方針が管理される。分散型自律組織(DAO)として先駆的な活動を進めており、近年では、実物資産に基づいたDaiの発行や、Dai準備金の約60%を占めるステーブルコインUSDCを米国債などに投資する計画を推進している。

関連:MakerDAO、725億円を米国債等に投資

ルーン氏は、MakerDAOが現在取り組んでいる「エンドゲーム・プラン」を通じたガバナンスシステムの改革案を示し、「DeFiとDAOにおける最高のトークンポテンシャルを実現する試み」と強調した。

出典:WebX

このプランは、MKRのリブランド(単位切り下げ)、新トークン(サブDAO)ファーミング、投票報酬(ゲーム化)、AIツールという4つの重要な要素で構成される。MKRのリブランド、それに派生する新トークンファーミングは、大規模な事業体を分割し、各ユニットがMakerDAOから資金を調達して機動的に収益化を進める動き。一方、投票報酬とAIツールは、ガバナンス参加のインセンティブを高める施策となっている。

「エンドゲーム・プラン」は、MakerDAOの創設者が主導する大幅な改革案、及びビジョンであり、22年に公表された当時はコミュニティの中で反対の声も多く見られた。しかし、23年春、実現に向けて組織構成や枠組みがMKRホルダーの投票で可決されている。

関連:メイカーダオ、「Endgame Plan」に向けた組織編制の提案が可決

クリステンセン・ルーン氏インタビュー

「MakerDAO」の共同創設者であるルーン・クリステンセン氏が、Coinpostとのインタビューで、組織の「エンドゲームプラン」について大まかなスケジュール感を共有した。

ルーン氏によれば、プランの第一段階は2、3ヶ月後に始まる予定で、その中心は「リブランド」だ。この過程で、MakerDAOのガバナンストークンであるMKRやステーブルコインDaiは、SubDAOに関連する新しいトークンへとアップグレード可能になる。

具体的な交換比率はMKRと新しいガバナンストークンが1対12,000となり、これによってMakerエコシステム内のトークン総量は増加する。新トークンには新たな機能が持たされる一方で、ブランドの一貫性と、MKRの基本機能は維持される。

次に、第2段階としてSubDAOが導入される。これは来年初頭の予定だが、開発に重きを置いているため、実際には変動する可能性がある。SubDAOの導入により、MakerDAOの複雑で高度な機能は全てSubDAOに分割される。各SubDAOはMakerDAOから資金を借り入れてDaiの担保資産を使い、新たな運用収益を得る。リスクと資本の基本要件を満たすことで、担保資産を最も効率的に配分できるようになる。

ルーン氏によれば、各SubDAOがどのように機能し、何を行うのかはまだ具体的に決まっていない。それは各コミュニティが完全に自己決定することだ。ルーン氏は、各地域が自身のSubDAOを設立することを期待しており、特に規制の安定性から韓国と日本市場に注目していると明らかにした。

Daiの担保資産の運用戦略については、実物資産でもNFTでも適用可能だ。MakerDAOには、運用戦略の安全性レベル、評価指標、各種ルールなどを記述したガバナンス要件としての「Atlas」が存在する。

これを含めた全開発リソースを日本語、韓国語、中国語にローカライズし、コミュニティの成長を推進する予定だ。さらにルーン氏は、将来的に日本等で開発者を雇用するという展望を明らかにした。

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
14:00
ヴィタリック、仮想通貨支持派という理由のみで政治家を選ぶことに反対
仮想通貨イーサリアムの共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏は、米国選挙に向け「仮想通貨賛成派」であると主張しているか否かだけで、候補者を選ぶことに対して警告を発した。
12:00
SECが承認、グレースケールのイーサリアムミニ・ETF 手数料低減で資金流出を防ぐ狙い
米SECはグレースケールによるイーサリアムミニETFの19b-4様式を承認。他社のETH現物ETFと同時ローンチする可能性が高まった。
11:30
グレースケール、NEARやRNDRなどに投資する分散型AI関連ファンドを販売開始
米大手仮想通貨投資会社グレースケールは、新たに分散型AI関連のファンド(投資信託)をローンチした。投資割合はNEAR(31.87%)とFIL(30.03%)が最も高い。
10:45
TON、ビットコインのブリッジ機能をローンチへ
TONのブロックチェーンへ仮想通貨ビットコインをブリッジできる新機能が今年にローンチされる予定。プロジェクトが機能の概要を説明している。
10:00
「シリコンバレーがトランプ氏を支持する理由はビットコイン」著名投資家キューバン氏
著名投資家マーク・キューバン氏はシリコンバレーがトランプ氏を支持するようになったのは仮想通貨ビットコインが理由だと意見した。
08:00
カナダ上場企業Cypherpunk、仮想通貨ソラナ保有量を10倍以上増加
カナダの上場企業Cypherpunk Holdings(サイファーパンク)は先月から、仮想通貨ソラナ(SOL)の保有を大幅に増加している。
07:10
「ETFは現物ETFローンチで5000ドル超える可能性」Bitwise予想
仮想通貨イーサリアムの価格は米国の現物ETFローンチで最高値を更新するだろうとBitwise幹部が予想。5,000ドルを超える可能性があるとも述べ、分析を公開している。
06:40
ドイツ当局、約5万ビットコイン売りで計4500億円の利益
Movie2K事件は終結していないが、ドイツ当局は声明で5万ほどの仮想通貨BTCを売却せざるを得なかった理由を説明している。
06:20
コインベースやBybit、ゲーム特化型レイヤー2仮想通貨「Ancient8」を新規上場
米仮想通貨取引所コインベースは18日、ゲーム特化型レイヤー2仮想通貨「Ancient8(A8)」を新たに上場した。発表を受け、A8の価格は+38.8%と高騰している。
05:55
トランプ氏、財務長官に仮想通貨否定派のJPモルガンダイモンCEO検討か
トランプ米前大統領は11月当選後の場合、ビットコイン・仮想通貨否定派と知られる米金融大手JPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOを財務長官に起用すると検討しているようだ。
07/17 水曜日
23:17
Suiネットワーク最大のDeFi融資プロトコル「Scallop」、累積収益100万ドル突破
Scallop(スカラップ)は、Sui(スイ)ネットワーク上で最大のDeFi融資プロトコルとして累積収益100万ドルを達成。10万ドル相当の報奨金キャンペーンを実施中。暗号資産(仮想通貨)スイなどを借り入れるユーザー向けのインセンティブを強化している。
15:04
バイナンス、2種類の通貨ペアを取扱い中止へ
バイナンスは2024年7月19日12時に2種類の通貨ペアの取扱いを中止する。詳細な暗号資産(仮想通貨)ペア一覧と、インターネットコンピュータ(ICP)について解説。
14:27
RWA向け「Plume」、テストネットキャンペーンを開始
Plumeが初のモジュール式EVMレイヤー2としてテストネットキャンペーンを開始。不動産や金融商品などの現実世界資産(RWA)をトークン化し、パートナーと共に新たな金融エコシステムを構築する。
12:23
ビットコインの反騰つづく、仮想通貨上場投資商品への資金流入が加速
暗号資産(仮想通貨)市場では、イーサリアムETFの承認期待、ドイツ政府売りの枯渇、大統領選のドナルド・トランプの勝利予想の高まりなどを受け、ビットコイン(BTC)が続伸した。
11:35
韓国政府、仮想通貨所得への20%課税を2028年まで延期検討
韓国政府は、ビットコインなど仮想通貨所得への20%課税を、さらに延期して2028年からとすることを検討している。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア