CoinPostで今最も読まれています

急成長するテレグラムボットのトークン市場、リスクと可能性について──バイナンス・リサーチ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

トークン取引用Telegramボット市場

DeFi(分散型金融)における取引、スナイピング、エアドロップファーミング等の活動を効率化する目的でTelegramボットが急速に普及している。これに伴い、関連トークンも新たに生まれ、市場規模は急拡大している。

仮想通貨取引所バイナンスのリサーチ部門が4日に公開したレポートでは、トークン取引専用Telegramボットについて詳しく語られており、バイナンス自体への上場を期待する声も強まっている。

これらのTelegramボットは、仮想通貨ウォレットと連携して使用するプログラム。Telegramを通じてオンチェーン取引やファーミング戦略を実行する。そのユーザーフレンドリーなUIが特徴であり、複雑になりがちなDeFi利用をサポートし、新規ユーザー獲得に結びつけて喧伝する声も見受けられる。

なかでも、特に人気を博しているのが分散型取引所Uniswapに最適化された「Unibot」である。Unibotはコピートレーディングやスナイピング(上場直後のトークン購入)など、戦略的な取引を行うことを可能にする。

市場データサイトCoinGeckoによれば、Unibotのネイティブトークン、UNIBOTは過去30日で価格が400%以上急騰している。その時価総額は現在約1.37億ドル(約200億円)で、これはTelegramボットトークンの全体市場のうち、87%以上を占めている。

出典:Binance Research

その他にも、多くのTelegramボットが新たに開発・リリースされ、それに伴いTelegramボット関連トークンの市場規模は約1.55億ドル(約220億円)を突破。その多くは短期間で価格を数倍に増やしている。

Telegramボットのユーザー数も順調に増加。2023年7月には過去最高を更新し、日次ユニークユーザー数は6,000人を突破。さらに、7月23日にはTelegramボットの日次取引量も過去最高を更新し、約1,000万ドルを記録。その累計取引量は1.9億ドル(270億円)を超えるという。

関連ミームコインの取引過熱、ビットコインのトークン規格「BRC-20」市場が急拡大

Telegramボットのリスク要因

Telegramボットの特筆すべき特徴の一つとして、その高い収益力が挙げられる。これらのボットは、自身を通じて実行される取引に対して手数料を徴収し、その収益を上げている。特にUnibotは、トークンホルダーに対して手数料収入の40%をリベートとして提供することで、多くの投資家から支持を得ている。

しかし、バイナンスリサーチは、これらのボットが生み出す収益の大部分は、実際の取引手数料よりもネイティブトークン取引の売買税から生じていると指摘している。そのため、現状ではこれらのボットの持続成長性は必ずしも高いとは言えず、ネイティブトークンのブームと、そのトークンを巡る取引活動によって支えられていると言えるだろう。

2022年7月にローンチしたボット「Maestro」は、その全取引に対して1%の税金を徴収することで、高い収益を実現。その累積売上は業界の中でもトップクラスである。Maestroは急速にユーザー数を増やしており、今年7月の2週間だけで、日次ユニークユーザー数が約400人から最高1,700人まで増え、4倍以上の急成長となる。

出典:Binance Research

また、Unibotが集めた総額4,300 ETH(約10億円)の収益のうち、その86%は取引収益ではなく、トークンの売買税から得られたものとバイナンスリサーチは指摘。

また、Telegramに仮想通貨ウォレットを接続することは、秘密鍵の共有を意味し、潜在的なリスクが伴う。エクスプロイトやラグプルというような攻撃手法を使って資金を奪う犯罪者に対する防衛策が必要となる。

一方で、Telegramの月間活動ユーザー数が8億人を超えるとされ、その普及率は急上昇中である。Telegramボットがアクセシビリティと使いやすさを兼ね備えているため、これらのボットが新たなユーザーを暗号通貨の世界に引き入れる一助となり得る、という意見も存在している。

関連TON(TON)|投資情報・リアルタイム価格チャート

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/18 土曜日
21:00
Clearpool Prime、アバランチでデビュー RWA対応のプライベート・クレジット市場
Clearpool Primeがアバランチでローンチし、RWA分野に新たな進展。機関投資家向けに安全かつ効率的な取引環境を提供するプライベート・クレジット市場。
17:20
バイナンス上場銘柄の80%が価値低下、ミームコインは異例の上昇 過去6か月の分析
31トークン分析が示す課題 暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(グローバル版)で、過去6か月に新規上場したトークンの80%以上が、その後に価値を落としていることがわかった。ミ…
13:00
米国のビットコイン現物ETFへの5月の流入額、4月の流出上回る
ブルームバーグのETFアナリストは、5月に入ってからの米国ビットコイン現物ETFへの流入は、4月の流出を埋め合わせたと指摘した。
11:10
米下院、SECの仮想通貨規制役割明確化の「FIT21法案」を採決へ
米国下院は、仮想通貨に対する規制を明確化し、CFTCに追加権限を与える「21世紀のための金融イノベーション・テクノロジー法」の採決を行う。
10:15
米コインベース、「来週イーサリアム現物ETF承認確率は30~40%」
米仮想通貨取引所コインベースはイーサリアムの今後を予測するレポートを発表した。ETH現物ETFが承認される時期などについて分析している。
08:50
仮想通貨取引所クラーケン、欧州でUSDT非対応を検討
テザーCEOは最近、MiCA規制を批判し、仮想通貨USDTで規制を受けるつもりはないと述べた。この姿勢が、欧州で事業を行っているクラーケンが、それらの通貨ペアの提供を停止する理由と見られる。
08:00
「仮想通貨上昇の鍵はマクロ経済」コインベース分析
仮想通貨相場上昇の鍵は今もマクロ経済であるとコインベースは分析。他にも、イーサリアム現物ETFの審査など規制動向も注視すべきだとした。
07:10
ソラナ価格、月末までに200ドル復帰か ヘッジファンド創設者が予測
仮想通貨ソラナの今後の価格について、ヘッジファンドSyncracy Capitalの創設者は強気な予測を示した。その根拠とは?
06:10
zkSyncエアドロップ期待再燃、分散化加速のアップグレードを実施予定
zkSyncは未だ独自の仮想通貨をリリースしていないが、主要zkロールアップであるライバルのStarkNetは2月にエアドロップを実施した。
05/17 金曜日
17:34
東京ビッグサイトで第5回ブロックチェーンEXPO【春】開催へ 無料申し込み募集開始
東京ビッグサイトで、日本最大級のブロックチェーン専門展である第5回ブロックチェーンEXPO【春】が開催されます。最新の研究からアプリケーションまで、ブロックチェーン技術のすべてが一堂に出展するイベントは必見です。
13:00
ワールドコイン、秘匿化技術で生体認証データの保護・オープンソース化を発表
暗号資産(仮想通貨)でベーシックインカム実現を目指す、ワールドコイン・ファンデーションが生体認証データ保護にSMPC技術を導入。そのシステムをオープンソース化した。セキュリティとプライバシーを強化するとともに、システムの普及拡大を目指す。
12:32
短期トレンド変化のビットコイン続伸なるか、ミームコインが牽引する場面も
CPI発表で急反発を見せた暗号資産(仮想通貨)相場ではビットコイン(BTC)が下降チャネルをブレイクアウトした。16日には賛否両論渦巻くミームコインが相場を牽引する場面も。
12:00
世界最大の証券清算機関DTCC、チェーンリンク活用した「Smart NAV」を実験
世界最大の証券清算・保管機関DTCCは、チェーンリンクを活用した「Smart NAV」の実証実験を行った。JPモルガンなど金融大手10社が参加している。
11:10
Slash Fintech、暗号資産決済でVプリカ販売サービス開始 NFT特典も実施中
Slash FintechがVプリカ販売サービスを開始。暗号資産(仮想通貨)決済でVプリカ購入可能。特典としてSlash Genesis NFTをプレゼント。利用方法から使い方まで解説。
10:00
ブラックロックのビットコインETF、アナリストが高評価
ブラックロックの仮想通貨ビットコインETFの購入者数は記録的な数字であると、ブルームバーグのシニアアナリストが高評価。レポートが提出され、ビットコインETFのパフォーマンスを分析した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア