CoinPostで今最も読まれています

ミームコインの取引過熱、ビットコインのトークン規格「BRC-20」市場が急拡大

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

BRC-20トークン市場の拡大

暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)のトークン規格であるBRC-20を利用したミームコインの人気が急上昇している。BRC-20トークンの時価総額は約1,300億円(10億ドル)に迫っている。

しかし、流動性が低く技術的な課題も多いなど、投資家は慎重な判断とリスク管理が求められる状況となっている。

市場のトップに立つBRC-20トークンであるORDIは、8日に海外の仮想通貨取引所Gate.ioでの取扱いが開始されると価値が急上昇。過去1か月で190倍にまで上昇している。発行上限2100万ORDIと現在のトークン価格を考慮すると、時価総額はおおよそ540億円(4億ドル)に達している。

BRC-20は、ビットコイン上で取引可能なトークンを作成するための実験的なフレームワークで、Ordinalプロトコルを利用している。2023年3月の導入以来、既に14,000を超えるBRC-20トークンが生成されている。

Ordinalsとは

ビットコインブロックチェーンにデータを埋め込むためのレイヤー1プロトコル。ビットコインの最小単位“satoshi”(0.00000001 BTC =1 Satoshi)に画像やテキストなどのデータを十六進数で記録する技術「インスクリプション(Inscription)」を使用している。

▶️仮想通貨用語集

関連:日本発のコレクション「Badger Capsule」がビットコイン版NFT「Ordinals」で公開

現在、DeFi(分散型金融)などのエコシステムは存在していないため、ビットコインのブロックチェーン上で発行されたトークンは、インターネット上のジョークをモチーフにしたミームコインが中心となっている。

出典:brc-20.io

ORDIに続いて、PEPE、MEME、PIZA、DOMOなどのBRC-20トークンが登場し、ビットコイン市場におけるミームコイン熱が過熱傾向にある。brc-20.ioによれば、BRC-20トークンの合計時価総額はおおよそ900億円(7億ドル)だ。

BRC-20の課題

BRC-20を導入した偽名開発者Domo氏自身が、「この技術はまだ発展途上」と指摘するように、技術的な課題が多い点に注意が必要だ。BRC-20は、単純な条件や検証を実行する「JSONスクリプトファイル」を使って転送しており、契約内容を定義して自動で履行する「スマートコントラクト」と比べて、取引方法の機能や柔軟性が制限されるという課題がある。

また、ウォレットや取引所にとってBRC-20専用のアップデートが必要であるため、これまでの取引市場はOTC(相対取引)やBRC-20ウォレットUnisatなどのサードパーティプラットフォームが中心となっており、流動性が低い場合がある。

brc-20.ioによると、トップのORDIトークンでさえ過去24時間の取引量は2600万円(20万ドル)。こうしたトークンの価格は資金流入で高いボラティリティ(変動幅)を引き起こす可能性がある。

さらに、UniSatではコードの脆弱性が突かれ、70件の取引で二重支払い攻撃にさらされた経緯がある。二重支払いとは、同じトークンを二重に送金(支払い)してしまうことを指す。

一方、BRC-20トークンの人気がビットコインユーザーに影響を与えている。7日のビットコインネットワーク上の1日あたりの取引数は534,000件に跳ね上がり、2018年と2021年の強気相場を上回った。このうち65%がBRC-20トークンに関連していた。

この結果、ビットコインブロックチェーン上でのブロックスペースの競争が激化し、トランザクション手数料が高騰。手数料の高騰はマイナー(採掘業者)に利益をもたらし、セキュリティの堅牢性に貢献する一方で、ビットコインを利用する企業や個人にとっては負担になる可能性がある。

BRC-20トークン市場に対する意見は賛否両論だが、肯定派である仮想通貨教育プラットフォーム創設者であるKashif Raza氏は、「大型アップグレードであるTaprootによってOrdinalsが生まれ、開発者たちは新たな可能性を探っている。これは開かれた自由市場の一環であり、BRC-20トークン市場の成長は、ビットコインの指数関数的な成長を意味する」と主張している。

関連:ビットコインの送金詰まりが深刻化、イーサリアム財団はETH売却か

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/06 火曜日
16:08
革新的な次世代ゲーム求む、賞金65000ドル(900万円)のハッカソン「Oasys TOKYO HACKJAM」開催へ
ゲーム特化型ブロックチェーンOasys(OAS)は、革新的なゲームを求め、Japan Blockchain Weekに賞金総額賞金65000ドル(約900万円)のハッカソン「Oasys TOKYO HACKJAM」の開催を発表した。
13:18
AI開発と著作権問題、基準を明示した文科大臣答弁が話題に
生成AIの開発段階で用いられるデータ利用について、著作権を問わず利用が可能だとの判断が、日本の行政トップから示されたことが、日本がAIの著作権問題で先鞭をつけたとして海外でも注目を集めている。
12:33
SECのバイナンス提訴で仮想通貨全面安、ビットコイン25000ドル台に急落
米SEC(証券取引委員会)が業界最大手の暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスの提訴に踏み切りビットコインが急落。新たに12銘柄の有価証券性を指摘されたアルト市場では大規模なロスカットが発生した。
11:55
JPモルガン、インドで6つの銀行とブロックチェーンベースの取引を試験
米JPモルガンは、インドでブロックチェーンベースの米ドル建て取引の試験運用を開始した。取引プラットフォーム「Onyx」を利用するもので、金融センター「GIFTシティ」の5行が参加する。
11:02
ドリコム、Web3ゲーム『Eternal Crypt -Wizardry BC-』開発へ
ドリコムが保有する「Wizardry」の知的財産権を活用し、チューリンガムと共同で開発を進めているブロックチェーンゲームの新タイトルが『Eternal Crypt -Wizardry BC-』に決定した。
10:15
米テザー社、エルサルバドルのビットコイン採掘企業に350億円出資
米テザー社は、エルサルバドルで仮想通貨ビットコインのマイニングファーム建設を目指すスタートアップ「ボルケーノエナジー」に出資したと発表した。専門知識なども提供する。
09:30
イーサリアム共同創設者Wilcke氏、取引所へETHを大量送金か
仮想通貨イーサリアムの共同創設者Jeffrey Wilcke氏のものとみられるウォレットから、55億円相当のETHが取引所に送金されたことがわかった。同氏のウォレットでは、15万ETH超がまだ保有されている。
08:15
米SEC、バイナンスとCZ氏を提訴
米SECは、仮想通貨取引所バイナンスと同社CEOのCZ氏を提訴。ソラナなどの銘柄を未登録有価証券と主張するなどして、合計13の容疑で訴訟を行なった。
08:05
仮想通貨関連株全面安、アップルはMRヘッドセットを発表
本日のNYダウは−199.9ドルと反落。ナスダックも−11.3ドル安で取引を終えた。市場は来週の米CPIとFOMCに向けて様子見の雰囲気を強めているようだ。
06/05 月曜日
14:40
バイナンスのWeb3起業家コンテスト、「zkPass」が優勝
大手仮想通貨取引所バイナンスは、メタバースで開催したWeb3起業家コンテスト「Build The Block」の優勝者を発表。ゼロ知識証明を開発する「zkPass」が助成金を勝ち取った。
12:39
露大手銀行ロスバンク、仮想通貨を利用したクロスボーダー決済サービスの提供開始=報道
ロシアの大手銀行ロスバンクは、同国の主要銀行として初めて、仮想通貨を利用したクロスボーダー決済システムの運用を開始した。同行はすでに企業及び個人の顧客との取引を試験的に行なっているという。ロシアのビジネス紙「Vedomosti」が報道した。
12:01
三菱UFJ信託銀行ら3社、ステーブルコインのクロスチェーン基盤構築へ
三菱UFJ信託銀行は2日、DatachainおよびTOKIと提携して、ステーブルコインのクロスチェーンインフラを構築していくと発表した。「Progmat Coin」を利用するトークンを対象とする。
11:58
ビットコインのボラティリティ、30日間変動率が過去最低水準に
米債務上限問題をめぐるデフォルト回避や利上げ停止観測で米株指数や日経平均株価が上昇する中、ビットコイン価格は今ひとつ冴えない。ボラティリティの30日間変動率は過去最低水準まで低下した。
06/04 日曜日
11:30
センチメント悪化でビットコイン下落、米ファンダ背景とした下げ止まりに期待|bitbankアナリスト寄稿
国内大手取引所bitbankのアナリストが、センチメント悪化で370万円付近まで下落した今週のビットコイン相場を解説。米ファンダメンタルズ好転で来週シナリオに楽観的な見方も。ビットコインチャートを図解し今後の展望を読み解く。ビットコイン・オンチェーンデータも掲載。
11:00
週刊ニュース|JPモルガンのBTC価格分析に注目集まる
今週は、JPモルガンのアナリストによるビットコイン価格分析について書いた記事が最も多く読まれた。このほか、国内仮想通貨取引所のトラベルルール対応など、一週間分の情報をお届けする。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2023/06/15 ~ 2023/07/15
その他 未定
2023/06/16 09:30 ~ 20:00
東京 東京ミッドタウン八重洲
2023/06/18 10:00 ~ 19:00
Non Fungible Tokyo 2023 associated with Japan Blockchain Week
東京 東京国際フォーラム
重要指標
一覧
新着指標
一覧