CoinPostで今最も読まれています

ミームコインの取引過熱、ビットコインのトークン規格「BRC-20」市場が急拡大

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

BRC-20トークン市場の拡大

暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)のトークン規格であるBRC-20を利用したミームコインの人気が急上昇している。BRC-20トークンの時価総額は約1,300億円(10億ドル)に迫っている。

しかし、流動性が低く技術的な課題も多いなど、投資家は慎重な判断とリスク管理が求められる状況となっている。

市場のトップに立つBRC-20トークンであるORDIは、8日に海外の仮想通貨取引所Gate.ioでの取扱いが開始されると価値が急上昇。過去1か月で190倍にまで上昇している。発行上限2100万ORDIと現在のトークン価格を考慮すると、時価総額はおおよそ540億円(4億ドル)に達している。

BRC-20は、ビットコイン上で取引可能なトークンを作成するための実験的なフレームワークで、Ordinalプロトコルを利用している。2023年3月の導入以来、既に14,000を超えるBRC-20トークンが生成されている。

Ordinalsとは

ビットコインブロックチェーンにデータを埋め込むためのレイヤー1プロトコル。ビットコインの最小単位“satoshi”(0.00000001 BTC =1 Satoshi)に画像やテキストなどのデータを十六進数で記録する技術「インスクリプション(Inscription)」を使用している。

▶️仮想通貨用語集

関連:日本発のコレクション「Badger Capsule」がビットコイン版NFT「Ordinals」で公開

現在、DeFi(分散型金融)などのエコシステムは存在していないため、ビットコインのブロックチェーン上で発行されたトークンは、インターネット上のジョークをモチーフにしたミームコインが中心となっている。

出典:brc-20.io

ORDIに続いて、PEPE、MEME、PIZA、DOMOなどのBRC-20トークンが登場し、ビットコイン市場におけるミームコイン熱が過熱傾向にある。brc-20.ioによれば、BRC-20トークンの合計時価総額はおおよそ900億円(7億ドル)だ。

BRC-20の課題

BRC-20を導入した偽名開発者Domo氏自身が、「この技術はまだ発展途上」と指摘するように、技術的な課題が多い点に注意が必要だ。BRC-20は、単純な条件や検証を実行する「JSONスクリプトファイル」を使って転送しており、契約内容を定義して自動で履行する「スマートコントラクト」と比べて、取引方法の機能や柔軟性が制限されるという課題がある。

また、ウォレットや取引所にとってBRC-20専用のアップデートが必要であるため、これまでの取引市場はOTC(相対取引)やBRC-20ウォレットUnisatなどのサードパーティプラットフォームが中心となっており、流動性が低い場合がある。

brc-20.ioによると、トップのORDIトークンでさえ過去24時間の取引量は2600万円(20万ドル)。こうしたトークンの価格は資金流入で高いボラティリティ(変動幅)を引き起こす可能性がある。

さらに、UniSatではコードの脆弱性が突かれ、70件の取引で二重支払い攻撃にさらされた経緯がある。二重支払いとは、同じトークンを二重に送金(支払い)してしまうことを指す。

一方、BRC-20トークンの人気がビットコインユーザーに影響を与えている。7日のビットコインネットワーク上の1日あたりの取引数は534,000件に跳ね上がり、2018年と2021年の強気相場を上回った。このうち65%がBRC-20トークンに関連していた。

この結果、ビットコインブロックチェーン上でのブロックスペースの競争が激化し、トランザクション手数料が高騰。手数料の高騰はマイナー(採掘業者)に利益をもたらし、セキュリティの堅牢性に貢献する一方で、ビットコインを利用する企業や個人にとっては負担になる可能性がある。

BRC-20トークン市場に対する意見は賛否両論だが、肯定派である仮想通貨教育プラットフォーム創設者であるKashif Raza氏は、「大型アップグレードであるTaprootによってOrdinalsが生まれ、開発者たちは新たな可能性を探っている。これは開かれた自由市場の一環であり、BRC-20トークン市場の成長は、ビットコインの指数関数的な成長を意味する」と主張している。

関連:ビットコインの送金詰まりが深刻化、イーサリアム財団はETH売却か

『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/24 金曜日
07:45
グレースケール、StacksとNearの仮想通貨投資信託を提供開始
グレースケールは、投資信託から様々な銘柄を機関投資家に提供するで流動性を高めて今後ETF(上場投資信託)への転換の基礎を確立していく。
06:15
イーサリアム現物ETF、米SECが承認 ブラックロックなど8銘柄
米SECは24日、暗号資産(仮想通貨)イーサリアムの現物ETFの上場申請を初めて承認した。
06:10
米SECがイーサリアム現物ETF発行企業と対話開始、S-1フォームめぐり
Galaxy Digitalのレポートによると、仮に承認されれば、7月か8月に取引所に上場され取引を開始する可能性が高い。
05:30
コインベース、仮想通貨XRPの取扱いをニューヨーク州で再開
2023年7月に裁判におけるRipple Labsの部分的勝利を受けニューヨーク州を除く他の州でXRP-USD・XRP-USDT ・XRP-EURの3通貨ペアで取り扱いを再開した経緯がある。今回は、これまで対応できなかったニューヨーク州での再開を実現した格好だ。
05/23 木曜日
14:45
ブリリアンクリプト、Coincheckで「つるはしNFT」のINOを29日から開催
BrilliantcryptoがCoincheck INOでつるはしNFTの販売を開始へ。IEO参加者には優先購入権が付与されるなど、販売詳細が明らかに。暗号資産(仮想通貨)交換業者を通じて、新たなブロックチェーン資産にアクセスする機会。
13:55
「パラレル」カードゲーム、日本楽天ブックス提携でカードや漫画を流通へ
楽天ブックスはパラレルと提携することで、日本におけるカード、コミック、玩具などの販売代理店として、世界最大級のTCG市場に参入する橋渡しとなる。
13:35
韓国最大手アップビット、オアシスの新規上場を発表 OAS急騰
韓国トップの暗号資産(仮想通貨)取引所アップビットが、新規にオアシス(OAS)の取扱いを発表。OASは44%急騰している。OASはグローバル展開を進めており、バイナンス、コインベースなどトップ市場への上場に期待も高まる。
11:45
イーサリアムに続く現物ETFはソラナになる可能性 識者が議論
仮想通貨投資企業BKCMのブライアン・ケリーCEOは、仮にイーサリアム現物ETFが承認された場合、次に続くのはソラナになるだろうと意見した。
10:45
香港当局、ワールドコインを個人データ条例違反と指定
香港の個人データ保護当局は、仮想通貨プロジェクト「ワールドコイン」が条例に違反しているとして、虹彩データ収集活動などの停止を命じた。
10:10
NTT Digital、新プロジェクト「web3 Jam」を立ち上げ
ブロックチェーンを活用して円滑な企業連携を目指すプロジェクトweb3 Jamの立ち上げをNTT Digitalが発表。立ち上げの背景や今後の計画を説明している。
07:45
SECゲンスラー委員長反対も、仮想通貨重要法案「FIT21」は下院通過
米バイデン政権とSECのゲンスラー委員長は仮想通貨法案「FIT21」に反対を表明。どちらも投資家保護のルールが不十分だと主張している。
07:25
WisdomTree、イギリスでビットコインとイーサリアムETP上場承認を取得
米資産管理会社ウィズダムツリーは、仮想通貨ビットコインとイーサリアムの現物上場取引型金融商品をロンドン証券取引所に上場する承認を英金融当局から受けた。
06:55
仮想通貨ウォレット「メタマスク」、ビットコイン対応へ
ついにビットコインサポートか 暗号資産(仮想通貨)ウォレットのMetaMask(メタマスク)は、ビットコインへの対応を導入する予定のようだ。 公式発表はまだされていないが、Co…
06:05
ナスダック、ブラックロックのイーサリアム現物申請ETFフォームを更新
ナスダックによる書類の更新内容は、これまでアークやフィデリティなどのものに類似し、仮想通貨ETH保有資産のステーキングを行わないことを明記している。
05:50
エヌビディア純利益7倍の好決算、AI関連の仮想通貨銘柄連れ高
半導体大手エヌビディアの好決算を受けて、FETやRender、AR、AGIX、TAOなどの仮想通貨AI関連銘柄は全面高になった。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア