CoinPostで今最も読まれています

ビットコインマイニング機器大手カナン、最新モデルAvalonシリーズ「A1466」発表 電力効率で優れた性能を実現

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Canaan Inc.(CAN)の新商品

シンガポールを拠点とする、米国ナスダック上場の暗号資産(仮想通貨)マイニング専用集積回路(ASIC)メーカー、Canaan Inc.(カナン:CAN)は12日、Canaan Avalonシリーズの新製品「A1466」について、液冷式と空冷式モデルを発表した。

新モデルA1466はハッシュレートが150テラハッシュ/秒で、エネルギー効率比は21.5ジュール/テラハッシュとなっている。更に、液冷タイプのA1466Iはハッシュレートが170TH/s、エネルギー効率比19.5J/Tというスペックを持ち、価格は1テラハッシュあたり18.88ドル以下となる。このA1466Iは、名目上のエネルギー効率比が20J/Tを下回るCanaanの初のマイニングリグである。

一方、前モデルであるA1366(2022年10月発売)は、130TH/sのハッシュレートと3250Wの消費電力を持ち、エネルギー効率は25J/Tとされる。

エネルギー効率比は、マイニングリグが消費する電力とマイニング能力の間の関係を示す指標で、この値が小さければ小さいほど、効率的なマイニングが可能であることを意味する。ビットコインのマイニングは大量のエネルギーを要するため、エネルギー市場との関連性は深い。

特筆すべきは、A1466の価格は1テラハッシュあたり18.88ドルと、競合のBitmainの次期モデルS19j XP(Q4発売、151Tハッシュレート、3247W消費電力、21.5J/Tエネルギー効率)の23.1ドル(割引後)と比べても、非常に競争力がある。しかし、A1466Iの供給は2024年のQ1からQ2にかけてとされる。

関連:ビットコイン採掘難易度が過去最高値に、ハッシュレートの上昇止まらず

拡大するBTCマイニング産業

ビットコインのマイニングは取引を検証・承認する「採掘」行動のこと、分散型の取引台帳であるブロックチェーンの信頼性を確保する上で重要だ。近年ビットコインのマイニング活動は急速に増加しており、2023年9月12日現在のビットコインのハッシュレートは約400エクサハッシュ/秒で、2021年6月と比較して5倍増加している。

専門家の中には、規制や市場の不確実性の中で、米国のマイニング産業がさらに成長すると予測する声もある。2024年4月頃にはビットコインの4年に一度の「(報酬)半減期」が来るため、マイニング報酬は6.25BTCから3.125 BTCへと半分になる。マイナーの収益はトランザクション手数料とブロック報酬から得ている。

市場調査・コンサルティングのPrecedence Researchによれば、2022年の時点で仮想通貨マイニング市場は19.2億ドルとなり、2032年までには約70億ドルに成長する見込みだ。年平均成長率(CAGR)は2023年から2032年までの間で12.90%と予測されている。

ナスダック上場の米大手仮想通貨マイニング企業マラソン・デジタル・ホールディングスは、23年8月に生産したビットコインは1,072 BTCと発表。昨年8月と比較すると、5倍以上増加している。

関連:米上場マイニング企業マラソン、ビットコイン生産量前月比9%減少 テキサス熱波の影響で

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
15:25
バイナンス、アルトコイン3銘柄(通貨ペア)を6月21日に上場廃止へ
大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスは、アルトコイン3銘柄(3つの通貨ペア)の上場廃止を発表した。6月21日 (日本時間12:00)を以て売買できなくなる。
13:50
Notcoin開発者、テレグラムゲームの今後を語る
テレグラム上の人気ミニゲームNotcoinの開発を主導したサーシャ・プロトヴィノフ氏は、持続可能で効率的なサブシステムを構築することで、ゲームを進化させていきたいとの考えを明らかにした。
12:19
SECの証券判断見送りでイーサリアム反発、仮想通貨が低調な3つの理由をCryptoQuantアナリストが解説
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアムの有価証券性をめぐる米SEC調査に終止符が打たれETHが反発。CryptoQuantアナリストは、最近の相場が軟調な理由について、ビットコイン半減期の影響などマイナー売りやETFの資金フローを分析した。
11:40
Bitwise、イーサリアム現物ETFに4億円の初期投資
米仮想通貨投資企業Bitwiseは、イーサリアム現物ETFの詳細についての申請書を更新した。約4億円の初期投資を行うとしている。
10:15
米SEC、イーサリアムを有価証券とみなさず
米SECは仮想通貨イーサリアムに関する有価証券性の捜査を中止し、ETHを証券とみなさない。
09:45
Hashdex、現物ビットコインとイーサリアムの混合ETFをSECに申請
ブラジルの仮想通貨投資企業Hashdexは、現物ビットコインとイーサリアムの両方を保有するETFを米SECに申請した。
09:20
コインベース、先週に続き仮想通貨3銘柄の取引停止へ
米仮想通貨取引所大手コインベースは先週に続き、3銘柄の取引停止予定を発表した。
08:40
ETH現物ETF、米SECは早くに承認か
仮想通貨イーサリアムの現物ETFに対する米SECの要求は厳しくないと発行企業の情報筋が明かした。早くに承認される可能性があるとも述べている。
08:18
Ondoの米国債型ステーブルコイン、ソラナDriftで証拠金として利用可能に
ソラナの最大手オンチェーン・デリバティブ取引所Drift ProtocolはOndo製の仮想通貨ステーブルコインUSDYを担保資産として導入した。
08:00
Phantomスマホウォレット、仮想通貨の価格チャートを導入
Phantomはこれまで価格だけ表示しているが、新機能では保有するトークンをクリックすると、チャートと24時間の変動率を見ることができる。また、トークンのホルダー数と総発行数も掲載。
07:05
「BTCは6万ドルまで下落する可能性」CryptoQuant
仮想通貨ビットコインの価格は6万ドルの水準まで下落する可能性があるとCryptoQuantが分析。相場の勢いが弱まっているとみる背景を説明した。
06:50
Uphold、欧州MiCA法準拠でUSDTなどのステーブルコイン上場廃止へ
仮想通貨取引所Upholdは、欧州のMiCA規制環境に備え、7月1日までに欧州市場でUSDTを含むすべてのステーブルコインを上場廃止する。
06:25
自称トランプ氏の公式ミームコイン「DJT」高騰、未だ真偽不明
ブロックチェーンインテレジェンスサービスArkhamはSNSで、仮想通貨DJTの本当の創造者を特定した人に、15万ドルの賞金をかけると投稿し、プラットフォーム内でバウンティを設定した。
05:50
米クラーケン、ソラナとベース基盤のミームコインの先物を提供
米仮想通貨取引所クラーケンは19日、複数のミームコイン無期限先物を提供し始めた。また、現物取引では銘柄の新規上場も実施した。
06/18 火曜日
17:29
JBA、新年度の重点課題に「申告分離課税」と「レバレッジ倍率の見直し」など
日本ブロックチェーン協会(JBA)は2024年度の役員体制を発表。代表理事に再任した加納 裕三氏は、申告分離課税とレバレッジ倍率改定などを重要テーマとして取り組む方針を示した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア