CoinPostで今最も読まれています

ビットコイン採掘難易度が過去最高値に、ハッシュレートの上昇止まらず

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

マクロ経済と金融市場

18日の米NY株式市場では、ダウ平均株価は前日比115ドル(0.34%)高、ナスダック指数は188ポイント(1.51%)高で取引を終えた。

東京株式市場では、日経平均株価が前日比318円高の30,892円まで上昇、バブル崩壊後の最高値を33年ぶりに更新した。

日銀の植田新総裁による金融緩和政策の継続方針の安心感や円安・ドル高の影響に加え、欧米のリセッション(景気後退)懸念が強まる中、大型株を中心に業績が堅調で割安感のある日本株への資金移動を指摘する向きもある。

海外投資家は7週連続で日本株を大幅買い越しに至るなど、現物・先物市場ともに海外勢が相場を主導する。今年4月にはウォーレン・バフェット氏が5大商社株の買い増し(保有比率引き上げ)する意向を示したことも日本市場への関心が高まった一因と見られる。

関連:米国株続伸 ドル円は年初来高値更新|19日金融短観

関連:仮想通貨投資家にもオススメの株式投資、日米の代表的な仮想通貨銘柄「10選」

仮想通貨市況

暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコインは前日比2.09%安の26,795ドルに。

BTC/USD日足

50日移動平均線を下回った後は上値の重さを露呈しており、三尊ネックライン付近で反落するなど軟調な推移を辿る。

ビットコインのディフィカルティー(採掘難易度)は、前回比3.22%上昇し、過去最高値を更新した。

blockchain.com

関連:ビットコインマイナーの売り圧力が増加、Lido V2稼働でイーサリアムの出金機能実装へ

およそ2週間に1度の頻度で行われる採掘難易度調整は、ネットワーク上の演算能力となるハッシュレート(採掘速度)の増減に応じて、1ブロックのマイニングに必要な時間を約10分間となるよう自動調整する。

ハッシュレートが急増すると採掘難度が上がって新しいブロック生成にかかる時間が長くなり、ハッシュレートが低下すると採掘難度が下がってブロック生成が容易になる。ブロック生成ペースを一定に保つことで、ビットコインの供給量を制御し、ネットワークの安定性とセキュリティを維持するためのバランサーの役割を果たす。

過去数週間はビットコイン価格が低迷しているにも関わらずハッシュレートは伸び続けるなど、マイナー間の競争激化が見て取れる。

blockchain.com

平均ハッシュレート(採掘速度)は350 EH/sを上回ったが、この水準は7ヶ月前(22年10月)の平均ハッシュレート250 EH/sと比較すると40%増、16ヶ月前(22年1月)の190 EH/sと比較すると86%増となっており、マイナーの勢いは止まるところを知らない。

直近の上昇の背景としては、マシン性能の向上のほか、BRC-20トークンの反響を伴う取引手数料の高騰がインセンティブとして作用したことがある。

また、2022年以降は高度な計算を実行するための採掘装置「マイニングリグ」の価格低下も追い風となった。

パソコンに搭載される高性能GPUは、コロナ禍における世界的な半導体チップ供給不足の解消に伴い値下がりしており、マイナー(採掘業者)の運用コスト引き下げと採掘設備アップグレードにつながった。

一方、バイデン米大統領は、米国で事業を営むマイナーへの課税強化案を掲げる。マイニングに使用する電力コストに対し、30%相当の課税を行うとするものだ。

関連:バイデン政権、仮想通貨マイニング企業に30%課税を提案

これに対し、米大手採掘業者マラソン・デジタルのFred Thiel 最高経営責任者(CEO)は、「このような政策が施行された場合は事業者の国外流出を招くだけで、政府の思惑にあるような税収増や再生可能エネルギーの利用率増加には必ずしも繋がらないだろう」などと主張している。

2024年5月頃には「半減期」を迎え、ビットコインの売り圧力となるマイナーの採掘報酬および市場供給量は半減する見込み。

関連:1年を切った次回ビットコイン半減期へのカウントダウン、市場動向と専門家の予測は?

アルトコイン

Lookonchainのオンチェーンデータ分析によれば、2015年に行われたイーサリアムの資金調達ICO(イニシャル・コイン・オファリング)に参加したクジラ(大口投資家)の活動再開が確認された。

2年間の休眠期間を経て資金移動を行い、4,032ETH(10億円相当)をステーキングしたという。

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/24 水曜日
19:00
バイナンス、政治系ミームコイン「PEOPLE」などマージントレードに追加
バイナンスは、新たに9つの銘柄のレバレッジ取引市場を開始。PEOPLEという政治系ミームコインも含まれる。クロスマージンと分離マージンに対応し、資金効率とリスク管理を両立。
18:00
マウントゴックス、24日昼にも巨額ビットコインを送金
マウントゴックスが24日13時に巨額の暗号資産(仮想通貨)ビットコインを送金。債権者への弁済の一環とみられ、クラーケンとビットスタンプでの手続きが進行中。
13:55
トヨタ・ブロックチェーン・ラボ、スマートアカウント導入で車の使用権トークン化を検討
トヨタ・ブロックチェーン・ラボは、モビリティ(移動手段としての乗り物)をイーサリアム・ブロックチェーン上のスマートアカウントとして設計する構想を発表した。
11:30
日本デジタルアセットマーケッツ、アバランチと提携 RWAトークン発行・流通を推進へ
株式会社デジタルアセットマーケッツは、仮想通貨アバランチのAva Labsと合意書を締結。RWAトークン事業などで提携していく。
11:00
ETHの強気要因、元ウォール街トレーダー分析
イーサリアムが強気相場入りしたと判断する3つの理由を仮想通貨関連企業幹部が指摘。現物ETFのローンチなどを挙げ、2024年後半は明確な強気相場だと主張した。
09:20
ハリス氏陣営、マーク・キューバン氏に仮想通貨について問い合わせ
著名投資家マーク・キューバン氏は、カマラ・ハリス氏陣営から仮想通貨について質問を受けており、このことは良い兆候だと述べた。
08:30
各社のイーサリアム現物ETFのETH保有量明らかに
最も保有量の多いのは、グレースケールのETHEで、2,959,307 ETH(1.6兆円)の運用額だ。ETHEはこれまで運用されてきたイーサリアム投資信託から転換されたもので、23日にイーサリアムのミニ版ETFも同時にローンチした。
07:45
イーサリアム現物ETF、初日出来高1550億円超
23日に取引が開始された仮想通貨イーサリアムの現物ETFの合計出来高は1550億円超に。取引開始に米議員や仮想通貨業界が反応している。
07:15
「ビットコイン2024」のオーガナイザー、ハリス米副大統領の講演について交渉中
ハリス氏はすでに指名獲得に必要な過半数の代議員から支持を得ているが、仮想通貨へのスタンスは未だ表明していない。
06:50
ソラナ初のプライベート・クレジット・ファンド、米大手投資会社ハミルトン・レーンが立ち上げ
運用・監督資産143兆円超の米ハミルトン・レーンは23日、ソラナブロックチェーン上のプライベート・クレジット・ファンド「SCOPE」の立ち上げを発表した。
06:15
トランプ氏、ビットコイン否定派JPモルガンのダイモンCEOの財務長官指名を否定
トランプ氏は24日に、ビットコインに懐疑的なJPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOや、ブラックロックのフィンクCEOの財務大臣指名の噂を否定した。
06:00
クラーケン、ビットコインをマウントゴックス債権者に返済開始 売圧警戒も
多くのビットコインが同時に売却される可能性が警戒され、仮想通貨BTCは23日深夜66,000ドル台を下回った。
07/23 火曜日
18:00
AILayerとは|AIとWeb3を融合するAI駆動のビットコインLayer 2ソリューション
AIとブロックチェーン技術を統合させた、ビットコインLayer 2ソリューション「AILayer」について、特徴やメリットなどを詳しく解説します。
17:40
ブラックロックのビットコインETF、ナスダックETF上回る年初来資金流入額4位に
ブラックロックのビットコイン現物ETF「iシェアーズ・ビットコイン・トラスト」は、ナスダックQQQを超える資金流入を記録。フィデリティも上位にランクイン。イーサリアムETFの発売も迫る中、投資家の関心が高まる。
15:28
ミームコインが4~6月の仮想通貨市場を席巻=CoinGecko
2024年第2四半期の仮想通貨市場でミームコインがWeb Trafficを席巻し、市場シェア14.3%を獲得。暗号資産(仮想通貨)市場におけるミームコインの注目度と、ビットコイン市場動向を詳しく解説。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア