CoinPostで今最も読まれています

イーサリアム新テストネット「Holesky」、設定不良で起動延期

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「Holesky」の立ち上げ延期へ

暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)の開発者らは16日、新たなテストネット「Holesky」が設定ミスにより適切に開始できなかったと述べた。このため、1週間後に再度立ち上げなおすことで合意したと報告している。

開発チームの一人、parithosh氏は次のように説明した。

el genesisファイルの構成(コンフィグレーション)に誤りがあり、それがHoleskyネットワークを適切に起動できない原因となった。一部のバリデーターは構成を手動で修正し、チェーンを開始できたものの、ネットワークを完了するには不十分だった。

チームは、1週間後にネットワークを再起動させることで合意。その後、新しいgenesisファイルによりネットワークを再起動し、まだ確定していないが16日から2週間以内には、Holeskyのネットワークを立ち上げられる可能性が高いとしている。

parithosh氏は、こうしたことが再び起こらないように検証手順などを追加すると続けた。

新テストネット「Holesky」とは

Holeskyは、旧テストネットGoerliに代わる新たなテストネットで、開発者がより自由に開発ができるよう16億テストネット用ETHトークンが組み込まれている。

テストネットトークンの不足、バリデーター数の少なさなど、Goerliのスケーラビリティ問題に対処するために立ち上げられる新テストネットだ。Holeskyには、イーサリアムメインネットのほぼ2倍に相当する、146万のバリデーターが存在する。

Holeskyは、今後、もう一つのテストネットであるSepoliaとともに、開発に活用されていく。特にステーキング、インフラストラクチャ、プロトコル開発のテストネットとして使われる見込みだ。

テストネットは、開発者が新しい機能の挙動を検証できる試験環境のことである。独立して存在しているので、もしトラブルがあっても本番環境であるメインネットに影響を与えることがない。

次期大型アップグレード「Dencun」

Holeskyは、イーサリアムの次の大型アップグレード「Dencun」を立ち上げる上でも重要な役目を果たすと考えられている。このDencunでは、L2(レイヤー2)プロジェクトにおけるトランザクション手数料を大幅に低下させる「プロト・ダンクシャーディング(Proto-Danksharding)」が実装される。

関連イーサリアムの次期アップグレード「Dencun」、重要性とメリットとは?

Dencunでは、バリデーターの成長に伴う潜在的なセキュリティリスクを軽減するためのEIP(イーサリアム改善案)-7514も導入される見込みだ。

機関投資家を中心にステーキングへの参加が増加しているが、資本力のあるバリデーター数が短期間で過度に増えると、ネットワークの中心化や通信の負荷が懸念されている。こうしたことを念頭にして、EIP-7514はバリデーター急増を抑制するものだ。

関連イーサリアムのステーキング率に影響するEIP-7514とは?

バリデーターとは

バリデータとは、ブロックチェーンに記録されるデータの妥当性を検証するノードのこと。イーサリアムにおいてバリデーターの最小ステーキング量は32ETH。取引履歴を検証する役割などを持ち、その役割を果たすと仮想通貨で報酬が与えられる。

▶️仮想通貨用語集

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
19:07
ビットトレード、アプトスとトンコインの貸暗号資産 高利回り特別募集を開始
ットトレード株式会社はアプトス(APT)とトンコイン(TON)の取扱を開始。併せて、貸暗号資産サービスで、年率20%の高利回り特別募集を開始した。
15:25
バイナンス、アルトコイン3銘柄(通貨ペア)を6月21日に上場廃止へ
大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスは、アルトコイン3銘柄(3つの通貨ペア)の上場廃止を発表した。6月21日 (日本時間12:00)を以て売買できなくなる。
13:50
Notcoin開発者、テレグラムゲームの今後を語る
テレグラム上の人気ミニゲームNotcoinの開発を主導したサーシャ・プロトヴィノフ氏は、持続可能で効率的なサブシステムを構築することで、ゲームを進化させていきたいとの考えを明らかにした。
12:19
SECの証券判断見送りでイーサリアム反発、仮想通貨が低調な3つの理由をCryptoQuantアナリストが解説
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアムの有価証券性をめぐる米SEC調査に終止符が打たれETHが反発。CryptoQuantアナリストは、最近の相場が軟調な理由について、ビットコイン半減期の影響などマイナー売りやETFの資金フローを分析した。
11:40
Bitwise、イーサリアム現物ETFに4億円の初期投資
米仮想通貨投資企業Bitwiseは、イーサリアム現物ETFの詳細についての申請書を更新した。約4億円の初期投資を行うとしている。
10:15
米SEC、イーサリアムを有価証券とみなさず
米SECは仮想通貨イーサリアムに関する有価証券性の捜査を中止し、ETHを証券とみなさない。
09:45
Hashdex、現物ビットコインとイーサリアムの混合ETFをSECに申請
ブラジルの仮想通貨投資企業Hashdexは、現物ビットコインとイーサリアムの両方を保有するETFを米SECに申請した。
09:20
コインベース、先週に続き仮想通貨3銘柄の取引停止へ
米仮想通貨取引所大手コインベースは先週に続き、3銘柄の取引停止予定を発表した。
08:40
ETH現物ETF、米SECは早くに承認か
仮想通貨イーサリアムの現物ETFに対する米SECの要求は厳しくないと発行企業の情報筋が明かした。早くに承認される可能性があるとも述べている。
08:18
Ondoの米国債型ステーブルコイン、ソラナDriftで証拠金として利用可能に
ソラナの最大手オンチェーン・デリバティブ取引所Drift ProtocolはOndo製の仮想通貨ステーブルコインUSDYを担保資産として導入した。
08:00
Phantomスマホウォレット、仮想通貨の価格チャートを導入
Phantomはこれまで価格だけ表示しているが、新機能では保有するトークンをクリックすると、チャートと24時間の変動率を見ることができる。また、トークンのホルダー数と総発行数も掲載。
07:05
「BTCは6万ドルまで下落する可能性」CryptoQuant
仮想通貨ビットコインの価格は6万ドルの水準まで下落する可能性があるとCryptoQuantが分析。相場の勢いが弱まっているとみる背景を説明した。
06:50
Uphold、欧州MiCA法準拠でUSDTなどのステーブルコイン上場廃止へ
仮想通貨取引所Upholdは、欧州のMiCA規制環境に備え、7月1日までに欧州市場でUSDTを含むすべてのステーブルコインを上場廃止する。
06:25
自称トランプ氏の公式ミームコイン「DJT」高騰、未だ真偽不明
ブロックチェーンインテレジェンスサービスArkhamはSNSで、仮想通貨DJTの本当の創造者を特定した人に、15万ドルの賞金をかけると投稿し、プラットフォーム内でバウンティを設定した。
05:50
米クラーケン、ソラナとベース基盤のミームコインの先物を提供
米仮想通貨取引所クラーケンは19日、複数のミームコイン無期限先物を提供し始めた。また、現物取引では銘柄の新規上場も実施した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア