CoinPostで今最も読まれています

スマホ充電貸出「ChargeSPOT」、NFT活用でアーティスト支援

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

NFTを販売

モバイルバッテリーシェアリング「ChargeSPOT」を展開する株式会社INFORICHは19日、シブヤピクセルアート実行委員会とともに、100台のChargeSPOTのデジタルサイネージで、ピクセルアーティストBAN8KU氏が制作する作品を展示することを発表した。

期間は今月15日から1カ月間で、地域は東京の渋谷と原宿が対象。紹介される作品は、ピクセルアート専門のNFT(非代替性トークン)プラットフォーム「the PIXEL」で、毎日1点もののNFTとして販売する。

NFTとは

「Non-Fungible Token」の略で、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのこと。ゲームや音楽、アート作品、各種証明書など幅広く技術が活用されている。

▶️仮想通貨用語集

デジタルサイネージとは、駅や店舗、公共空間、オフィスなどの場所で、ディスプレイなどの電子的な表示機器を使って情報発信を行うシステム、またはメディアのこと。今回のリリースには、以下の画像が添付してある。

出典:INFORICH

具体的には、ピクセルアートの祭典「SHIBUYA PIXEL ART2023 〜HAKKO〜」で、今年デビュー10周年を迎えるというBAN8KU⽒の「koneko」とコラボを実施。konekoが30日間、毎日異なる姿で現れるようになっているという。

INFORICHは今回の発表で、以下のようにコメントした。

渋谷を起点に、国内外の多くのファンを魅了するイベントとコラボすることで、ChargeSPOTに注目いただくだけでなく、地域イベントを通じて街の回遊性を高め、より便利で楽しい街づくりにも貢献していきます。

INFORICHによれば、上述したピクセルアートの祭典は世界最大規模。ドット絵と呼ばれるピクセルアートの芸術的な価値にスポットを当てて、渋谷の街全体で魅力や可能性を追求するイベントだ。

過去には6度ピクセルアートのコンテストを開催しており、2022年には海外20カ国以上から参加があったという。

関連「NFTを国の成長戦略に」自民党デジタル社会推進本部・平将明議員インタビュー

the PIXELについて

上述した通り、the PIXELはピクセルアートに特化したNFTプラットフォーム。公式ウェブサイトによれば、現在はベータ版である。

NFTには、暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)のブロックチェーンの規格「ERC-721」を採用。発行には「LazyMinting」という仕組みを導入しており、出品時にアーティストはガス代を支払う必要がなく、取引時に購入者が支払うようになっている。LazyMintingとは、売れた時にNFTが発行される仕組みだ。

ベータ版ではNFTのメタデータをIPFS(InterPlanetary File System)に保存。将来的には低解像度・軽量データの価値を高めて、完全にオンチェーン化する計画だとした。

konekoのNFTは、the PIXELで0.03ETH(7,200円相当)で販売されている。

関連カシオがWeb3戦略「VIRTUAL G-SHOCK」発表、1万5000個限定のNFT会員証発行へ

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
11/29 水曜日
21:01
IOTA財団がUAEアブダビ当局と提携、エコシステム成長を促進
仮想通貨IOTAの研究・開発を行うIOTA財団は、UAEアブダビで、金融センターADGMと協力し、プロジェクトを成長させていくと発表した。
18:00
預けるだけで仮想通貨が増える?|CoinTradeのステーキングを解説
出典元:CoinTrade 2023年11月、ビットコイン(BTC)が年初来高値を更新したことをうけ、仮想通貨(暗号資産)業界は盛り上がりを見せています。 一方で「仮想通貨には…
16:28
米財務省 仮想通貨業界への調査権限拡大を議会に要請
米財務省がハマス制裁の一環として仮想通貨業界への調査権限を拡大へ。過激派組織のデジタル資産利用に対抗するための新たな法案を議会に要請し、アンチマネーロンダリング規制を強化する動きを加速。テロ資金の流れを追跡し、国際的な安全保障を高める目指す。
15:33
Coinbase顧客にBybit関連の「召喚状」通知、CFTCの動きに焦点
仮想通貨取引所Coinbaseが規制当局の召喚状について顧客に通知。Bybitの利用歴のあるCoinbase顧客に関する情報提供をCFTCが求める。Bybitは米国サービスを否定もVPNアクセスの可能性あり。Bybitは仮想通貨取引量トップ3で2,000万ユーザーを達成。
14:54
「中国の信用拡大はビットコインへの資本流入を促す可能性がある」ヘイズ氏
仮想通貨取引所BitMEXの共同創業者で元CEOのアーサー・ヘイズ氏は、中国における信用拡大が世界市場に波及し、結果的にビットコインなどのリスク資産全般への資本流入を促進するとの見解を披露した。
14:00
SNS連携のWeb3ウォレット「TIPWAVE」公開
NextmergeがX(旧Twitter)やDiscordユーザーに便利なWeb3ウォレット「TIPWAVE」を発表。SNSとの連携で暗号資産(仮想通貨)とNFTの利用が簡単に。ソーシャルメディアアカウントに対するNFT配布も可能になる。
12:40
ビットコイン投資商品9週連続の純流入、21年11月の「強気相場」以来最大規模に
暗号資産(仮想通貨)市場では、CME(米シカゴ・マーカンタイル取引所)の先物OIがバイナンスを上回る規模を拡大。CoinSharesのデータではビットコインETPなどの投資商品に21年11月以来最大の資金流入を観測した。
11:30
Jドーシー氏、ビットコイン採掘分散化推進の「OCEAN」に投資
ムーモリン社のビットコインマイニングプロジェクト「OCEAN」が620万ドル調達。ジャック・ドーシーも支援し、ブロック報酬をマイナーに直接分配する革新的なアプローチを採用。暗号資産(仮想通貨)ビットコインの分散化と発展に寄与。
10:45
香港行政長官、Hounax詐欺事件について発言
香港の行政長官や規制当局責任者は、仮想通貨取引所Hounaxの詐欺事件について発言し今後の姿勢を示した。また香港警察が事件概要を説明している。
09:50
チェーンリンク、ステーキング機能をアップグレード
チェーンリンクは、ステーキングの新バージョンを仮想通貨イーサリアムのメインネットにローンチしたことを発表。特化する目標や移行スケジュールを説明している。
08:30
ドル円一時147.3円 コインベース株大幅高、米FOMC理事ハト派転換か
コインベースやビットコイン採掘関連株などはFOMC理事のハト派的な発言を受けて大幅に上昇した。今夜は米7-9月期四半期実質GDP改定値が発表される。
07:45
アニモカブランズ、TONネットワーク最大のバリデータに
香港のWeb3大手アニモカブランズは28日、TONのエコシステムに投資し、L1ブロックチェーン「TON」の最大のバリデータになったと発表した。
06:50
CZ氏、バイナンスUSの取締役会会長を退任
仮想通貨取引所バイナンスの米国部門バイナンスUSは、CZ氏が同社の取締役会の会長を退任すると発表。退任はCZ氏が決断したという。
06:10
米SEC、2つのビットコインETF上場申請でパブコメを募集
米SECは新たに、Franklin TempletonとHashdexの仮想通貨現物ビットコインのETF上場申請について、パブリックコメントを募集すると発表した。承認が近いとの意見も。
05:45
バイナンス、イーサリアムフォーク銘柄のパーペチュアル取引を提供
海外版仮想通貨取引所バイナンスは28日、新たに銘柄のパーペチュアル(無期限先物)取引を開始した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア