ビットコイン基軸の証券スワップが違法か|米SECとCFTCが提訴

米SECとCFTCが提訴、ビットコイン基軸の証券スワップとその提供業者
米国証券取引委員会(SEC)と商品先物取引委員会(CFTC)は28日、国際的証券仲介業者1pool Ltd.,に対して、同社が提供する『ビットコイン基軸の証券スワップ』が連邦法律に違反した疑いで提訴した。

SECの提訴主張とは

米国証券取引委員会(SEC)と商品先物取引委員会(CFTC)は本日28日、国際的証券仲介業者1pool Ltd.,に対して、同社が提供する『ビットコイン基軸の証券スワップ』が連邦法律に違反した疑いで提訴しました。

SECが本日にリリースした公式声明 は以下のようになります。

「マーシャル諸島共和国で登録した証券仲介業者1pool Ltd.(すなわち1Broker)とそのCEOを務めるPatrick Brunnerは米国及び海外において、投資家へ証券基軸のスワップ取引を勧誘し、ユーザー名とEメールアドレスのみで口座を開設することが出来、しかも口座資金はビットコインのみとなっている。」

「FBIの特別捜査官が投資家を装い、そのスワップ商品を米国にて1Brokerのプラットフォームを通して購入することができた。しかし、当スワップは連邦政府の証券関連法律における『任意投資』の要求を満たしていない。」

「さらに、SECがCEOのBrunner氏と1Brokerは、証券基軸のスワップを米国の登録取引所で行わず、当ブローカーの正規登録もしなかったと主張する。」

ビットコインのことに関して、SECの高官Shamoil T. Shipchandler氏は、「決済における通貨のタイプを問わず、SECは米国の投資家の利益を様々なプラットフォームから保護する」と記述しています。

CFTCはKYC重視、仮想通貨の管轄権拡大も

CFTCもSECのように、1brokerに対して、業務違反の疑いで追及すると公式声明文 を出しました。

同文書によると、

「被告人1pool Ltd.とBrunner氏は『商品取引法』と当委員会の規制に違反した」

「当委員会に『先物委員会マーチャント(FCM)』として登録しなかった上に、アンチマネーロンダリングを防ぐためのKYCとCIP(顧客の身分証明プログラム)を行わない」

なお、昨日のコインポスト既報では、マイ・ビッグ・コイン・ペイInc.(MBCPI)の詐欺的投資勧誘事件を巡る裁判の中で、連邦裁判所判事が現地時間26日、仮想通貨が商品の定義に合致すること、従って米国デリバティブ規制当局の管轄となることを認め、米国証券先物取引委員会(CFTC)の提訴を受理しました。

この判決により、CFTCには引き続き、仮想通貨関連の詐欺事件に関する規制権限が認められることになります。

CoinPostの関連記事

米連邦地方裁判所が米国証券先物取引委員会(CFTC)に仮想通貨の管轄権を認める判決
My Big Coinを巡る詐欺的投資勧誘事件を米国証券先物取引委員会(CFTC)が訴えていた裁判で、連邦地方裁が提訴を受理、CFTCに仮想通貨の管轄権を認めた。未だ書面答弁段階で最終判決ではないが、今後の推移が注目される。一方、専門家からは今回の判決には論理的飛躍があるとして疑問視する見方も出ている。
米最大手電話会社AT&Tがブロックチェーン・ソリューションを発表、サプライチェーンや医療向けに業務プロセス最適化を図る
AT&TがIBMおよびMicrosoftの2社のテクノロジーとそれぞれ連携して機能するブロックチェーン・ソリューションを発表した。具体的な連携テクノロジーにIBM Blockchain PlatformとMicrosoft Azureが、産業分野に医療/小売/医療が挙げられている。AT&Tはソリューション提供により、複雑な業務プロセスの自動化/電子化/情報管理と追跡と、それらによるリソース削減効果をユーザー企業にもたらしたいとする。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら