CoinPostで今最も読まれています

ブラックロックのビットコインETF申請に大きな進展

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

DTCCに「IBTC」のティッカーで登場

期待されるブラックロック申請の現物ビットコインETFである「iシェアーズ・ビットコイントラスト」は、ナスダックが利用するポストトレードの清算、決済、カストディ、情報サービスを提供する「デポジトリー・トラスト・アンド・クリアリング・コーポレーション(DTCC)」の管理するリストに掲載された。ETFの早期承認が期待され、ビットコインは一時35,000ドル手前まで急騰していた。

出典:バイナンス

デポジトリー・トラスト・アンド・クリアリング・コーポレーション(DTCC)は米国の株式市場で重要な役割を担っている。ナスダックの説明によると、DTCCは複数の子会社を通じて米国およびその他60カ国以上の上場企業の数百万銘柄の証券を保管しアセット・サービシングを行っており、DTCCの2つの子会社事業はスタンダード・アンド・プアーズの最高格付け(AAA)を取得しているという。

ブラックロックのビットコインETF申請は現在SECによって審査中だが、DTCCに掲載された初めてのビットコインETFティッカーだと、ブルームバーグのETF専門家Eric Balchunas氏は指摘し、「ブラックロックが、ローンチ直前に起こりがちなこれらのロジスティクス(シーディング、ティッカー、DTCC)を先導していることは間違いない。承認が確実に間近に迫っているというシグナルと捉えていいだろう」とコメントした。

また、金融弁護士のScott Johnsson氏は「ブラックロックが今月中にファンド向けにシード調達するつもりかもしれない」と申請書の修正内容について指摘した。ETFのシードとは、初日に公開市場で取引できるETF株式と引き換えに、銀行やブローカー・ディーラーが初期資金を提供し、数個の組成単位(この場合はビットコイン)を購入することだという。

ブラックロックについては先週、承認率を高めるために申請書に修正内容を加えたばかり。「他企業のビットコインETFとの競争のため、本ETFが当初の市場受容と規模拡大を達成できる保証はない」といった文言や、ETFのベンチマーク指数の詳細が盛り込まれている。

関連SECがビットコインETF変換再審査へ 裁判所の正式命令で

現物ビットコインETF(上場投資信託)申請の米国証券取引委員会(SEC)審査リスト。審査期間:連邦官報での公表から最大240日以内。出典:Bloomberg Intelligence(Federal Register)

CoinPostビットコイン現物ETF特集

SEC控訴せず グレースケールのビットコインETF転換訴訟で ビットコインETF転換訴訟で米グレースケールに有利な判決
上場投資信託「ビットコインETF」とは|ブラックロックの申請が注目される理由 グレースケールの投資信託「GBTC」とは ビットコイン現物との価格乖離が注目される理由
米SECゲンスラー委員長、BTC現物ETFに関する質問に回答 仮想通貨市場に懸念示す Bitwise、仮想通貨ビットコインETF申請取り下げ SECの可否判断延期を受け
『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/14 金曜日
10:15
バイデン大統領、SECのクレンショー委員の留任を希望
米バイデン大統領は、SECのクレンショー委員の留任を希望。クレンショー氏は、仮想通貨ビットコインの現物ETF承認の際に反対票を投じていた委員である。
09:40
コインベース、NOTコインなど2銘柄の永久先物提供
米仮想通貨取引所大手コインベースデリバティブは14日、2つの銘柄のパーペチュアル先物取引を新たに提供すると発表した。
08:45
1300億円調達成功、仮想通貨VCパラダイムの第三ファンド
暗号資産ベンチャーキャピタル大手Paradigm(パラダイム)は新たに仮想通貨企業などへの投資に特化した第3のファンドで、8.5億ドルを調達したと発表した。2022年5月暴落以降の最大調達額となった。
08:15
ソラナやBONKで支払い、米Shopifyが100銘柄以上の仮想通貨決済に対応
昨年初めてローンチされたHelioのSolana Payプラグインは昨年から最初の6ヶ月間で200以上のShopify店舗に対して約5,000万ドルの取引を処理した。
07:35
「BTC価格の高さが市場への資金流入を抑制か」JPモルガン
ビットコイン価格の高さが仮想通貨市場への資金流入を抑制する可能性があるとJPモルガンのアナリストが分析。その理由を説明している。
07:12
a16z出資「Pirate Nation」の独自トークン、コインベースに新規上場
PIRATEトークンは、Web3基盤のゲーム「Pirate Nation」のユーティリティトークンだ。Pirate Nationは無料でプレイできるRPGゲームで、その開発企業のProof of Playが昨年9月にa16z cryptoやAnchorage Digitalから約52億円を調達している。
06:15
米イーサリアム現物ETFの上場承認は「今夏中に」、ゲンスラー委員長発言
SECは先月末、ブラックロックやフィデリティ、グレースケールなどを含む計8銘柄の上場ルールにおける「19b-4フォーム」を全て承認しているが、実際のETF商品に関するS-1の登録書類についてはまだ承認していない。
05:50
マイクロストラテジー、ビットコイン買い増し目的で約800億円資金調達へ
米マイクロストラテジーは13日、暗号資産(仮想通貨)ビットコインを買い増しするために、約800億円(5億ドル)の転換社債売却による資金調達の提案を公開した。
06/13 木曜日
18:07
シバイヌ(SHIB)のDeFi市場の利便性が拡大、ShibaSwapの進化
時価総額でトップ2のミームコイン、暗号資産(仮想通貨)シバイヌ(SHIB)エコシステムのDeFi市場が拡大中。ShibaSwap 2.0のアップグレードとShibarium対応により、取引手数料の削減やスケーラビリティの向上が期待される。
17:24
「BEER」前日比76%急落、一部回復もミームコイン市場のリスクが浮き彫りに
暗号資産(仮想通貨)のミームコイン「ビアコイン(BEER)」が13日に一時76%急落した。その後一時反発するも、ミームコイン市場のリスクが再び浮き彫りとなっている。
16:26
2024年注目の暗号資産アプトス(APT)の買い方とおすすめ取引所
アプトス(APT)の特徴や将来性、リスクを詳しく解説し、投資対象としての暗号資産(仮想通貨)APTの買い方を紹介します。おすすめの取引所の口座開設、注文方法も掲載。
16:26
取引所の貸暗号資産サービスを徹底比較 より高利回りを狙う方法
ビットコインなど長期保有する暗号資産(仮想通貨)を貸し出し、利息を受け取る投資法であるレンディングサービス。仮想通貨取引所ごとにどのようなサービスがあるのか、主な特徴とメリットについて解説。
15:25
テラフォームラボ、米SECと44億7000万ドルの和解へ
暗号資産(仮想通貨)開発会社テラフォームラボは、2022年に崩壊したアルゴリズム型ステーブルコイン「TerraUSD(UST)」に関する詐欺行為で米SECと44億7000万ドルの和解に達した。
11:50
AIと仮想通貨の相乗効果で世界GDPに20兆ドル上乗せの可能性=Bitwise
Bitwiseのアナリストは、人工知能とビットコインなど仮想通貨の相乗効果により世界GDPに20兆ドルが追加される可能性を指摘した。
11:15
エアドロップの総額、24年の現時点で40億ドル相当
今年エアドロップされた仮想通貨の合計額は現時点で、およそ40億ドルに上ることがわかった。金額が大きいプロジェクトなどをThe Blockが報じている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア