CoinPostで今最も読まれています

米SEC、ビットコインETFへの転換申請を巡りグレースケールとの協議を開始=報道

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

グレースケールとの協議を開始か

米国証券取引委員会(SEC)が、グレースケールのビットコイン投資信託(GBTC)を現物ビットコインETFに転換する提案について協議を開始したことが内部情報に基づき報じられている。

具体的には、SECの「市場取引部」および「企業財務部」が、暗号資産(仮想通貨)の資産管理会社であるグレースケール・インベストメンツに対してヒアリングを行っていると、匿名の情報源が明らかにした。

この情報は、グレースケールの姉妹会社であるCoinDeskが8日に報じた。グレースケールはSECとの裁判で有利な判断を受けたことで、ビットコインETFの上場承認への期待が高まっている。

この報道に対し、グレースケールのクレイグ・サーム最高法務責任者は、現在市場取引部との建設的な対話に集中しているとCoinDeskに回答した。

さらにサーム氏は、ブラックロックやフィデリティなど、他の金融機関が提出しているビットコインETFに関する申請も同様に進行中であることを指摘し、「もはや承認が可能かどうかではなく、いつ承認されるかの問題だ」と述べている。

今月4日、グレースケールはSECに対して書類を提出し、ETFへの転換に関する早急な承認を求めていた。

GBTCとは

世界最大のビットコイン投信で、2023年9月1日時点での運用資産は約170億ドル(約2.5兆円)。この金融商品はクローズドエンド型の投信であり、買い戻しや解約は原則として認められていないため、投資家は流通市場で他の投資家へ売却する。市場ではGBTCの価格が一時的に原資産価値に対して48%のプレミアムがついたこともある。

▶️仮想通貨用語集

関連:ビットコイン投信GBTCのETF転換申請、審査の迅速化を求める動き

なお、ブルームバーグのETFアナリスト ジェームズ・セイファート氏は現在の12件の審査状況について、「グレースケールを含む12件のETF上場申請は、11月8日から11月17日の間に承認される可能性がある」とコメント。

根拠については、SECが申請中のETFの期限を延長した際、11月8日(水)を反論コメントの最終日としたこと。また、SECは8日(米時間)から11月17日までの間にいくつかのETFを承認する可能性もあるが、すべてのETFに同日の取引開始を要求する可能性もあるとの見解だ。

さらに、ArkのETFは来年1月10日前後が期限であるため、「理論的には、SECは今から2024年1月10日までのどの時点でも、最初の9つの申請について決断を下すことができる」とも指摘している。

ビットコインETF審査リスト 出典:Bloomberg Intelligence

グレースケールとSECの係争

今年8月にはグレースケールが提供するGBTCのETFへの転換申請に関する裁判で、グレースケール側に有利な判断が示された。

担当裁判官は、SECが先物ベースのETFは承認しながら実物ビットコインETFの申請を否定していることについて明確な説明が不足しており、「恣意的かつ気まぐれなもの」と指摘。この結果、SECに対してグレースケールの申請を再度見直すよう命じた。

10月23日、米連邦裁判所はSECに対し再審を正式に命じ、グレースケールはこれに先立ち、GBTCのETFへの変換とArcaへの上場申請を行っていた。

業界専門家の中には、グレースケールに有利な判決が今後のETF申請に好影響を与える可能性があるとの意見が出ていた。

関連:ビットコイン投信GBTCのETF転換申請、審査の迅速化を求める動き

CoinPost ビットコインETF特集

ビットコインETF上場承認後のBTC価格はどう変わる?  米投資会社の資金流入予測 ブラックロックのビットコインETF「IBTC」がDTCCに再掲載
上場投資信託「ビットコインETF」とは|ブラックロックの申請が注目される理由 グレースケールの投資信託「GBTC」とは ビットコイン現物との価格乖離が注目される理由
ビットコインETF申請の審査進捗について米SEC委員長がコメント 「ビットコインETF非承認されれば訴訟の嵐に」JPモルガンアナリスト
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/04 月曜日
11:41
ビットコイン1年半ぶり4万ドル水準へ、株式市場では「仮想通貨関連銘柄」が全面高に
暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコインETF(上場投資信託)の上場承認期待やFRBの利上げ終了観測が強まったことで、BTCは4万ドルの節目を1年半ぶりに上回った。米国株ではコインベース株が大幅上昇しているほか、マネックスやセレス株など関連銘柄に資金が集まった。
12/03 日曜日
11:30
米経済減速続けばビットコイン上抜けは時間の問題か|bitbankアナリスト寄稿
3.8万ドル付近を底堅く推移する今週のビットコインチャートを図解。国内大手取引所bitbankのアナリストが今後の展望を読み解く。オンチェーンデータも掲載。
11:00
週刊仮想通貨ニュース|マイクロストラテジーのBTC買い増しに高い関心
今週は、マイクロストラテジーが仮想通貨ビットコインを買い増ししたニュースや、金持ち父さん著者ロバート・キヨサキ氏がビットコインなどの資産への投資を推奨していることを書いた記事が関心を集めている。
12/02 土曜日
16:25
エルサルバドルのブケレ大統領、2024年再選を見据え職務離脱へ
暗号資産(仮想通貨)ビットコイン支持者で知られる、エルサルバドルのナイブ・ブケレ大統領が総選挙キャンペーンのため職を離れる。再選を目指す中で、国内政治のチェック・アンド・バランスの弱体化と、国際関係への影響を探る。
14:00
2024年に半減期を迎えるビットコインは約1800万円到達、Matrixport分析
Matrixportによる暗号資産(仮想通貨)ビットコインの価格予測を深掘り。2024年に1835万円到達の可能性、歴史的なデータ分析、マクロ経済要因と地政学的影響を詳細に解説。ビットコイン投資の未来を探る。
13:00
米サークル社、「テロ資金調達への関与はない」
ステーブルコイン「USDC」を提供するサークル社は、公開書簡を米議員らに提出。テロ資金など不正金融への関与はないと強調した。
12:00
イーサリアム運用で高利回りを実現、Cegaのデュアルカレンシー戦略とは?
セガ・ファイナンスが新しいオプション戦略「デュアルカレンシー」を発表。暗号資産(仮想通貨)イーサリアム、stETH、USDCホルダーに向けて、年利22%以上の収益を提供。この戦略は、リスクを最小限に抑えつつ、市場での高い固定利回りを実現する。
10:45
コインベースCEOがBaseトークン発行を否定 ソラナなどの統合計画も
米仮想通貨取引所コインベースのCEOは、イーサリアムL2「Base」に関する展望について話した。独自トークンや取引高速化について説明している。
09:55
コインベース・マイニング株大幅高、ビットコイン年初来高値更新|2日金融短観
本日のNYダウは+294.6ドルと続伸し、債券市場は反発した。この日にパウエル連邦準備制度理事会議長の発言からトーンダウンが示唆され2024年にFRBが利下げに動くとの観測がますます広がった格好だ。
08:30
Starknet独自通貨の無料配布、スナップショット実施済み
仮想通貨イーサリアムのL2「Starknet」は今週SNSで出回っていたSTRKトークンのエアドロップのスクリーンショットの真贋を確認し権利獲得にあたるスナップショットはすでに実施されたことを明かした。
07:20
ビットコイン価格は24年に上昇加速か=グレースケールレポート
仮想通貨運用会社グレースケールは、2023年11月版の市況レポートを公開。2024年は複数の条件が重なることによって、ビットコインの価格に上昇圧力がかかる可能性があるとの見解を示している。
06:50
ビットコインETFの上場申請めぐり今週3社目のSEC面談、専門家が承認楽観視
米SECは、GBTCから現物型ビットコインETFへの転換申請について、今週29日に申請側のグレースケール(2度目)と会議を行ったことが判明した。仮想通貨ビットコインは年初来高値を更新した。
06:00
ソラナDEX「Jupiter」、仮想通貨JUP無料配布の事前確認ページ公開
ソラナ基盤の分散型取引所アグリゲーター「Jupiter Exchange」は独自トークン「JUP」の無料配布(エアドロップ)計画について、事前確認の公式ページを公開した。
12/01 金曜日
17:41
「暗号資産の投資状況と確定申告」に関する調査、年内取引で約7割が利益
Aerial Partnersが2023年の暗号資産取引調査結果を公開。ビットコインなどの現物取引だけでなく、PoS銘柄のステーキング利用度が高まりつつあり、利益を出している投資家増加に伴い「確定申告」の必要性も上がっている。
16:03
米投資会社タイガー・グローバル、BAYCやOpenSea投資の評価額を大幅下方修正
タイガー・グローバル・マネジメントが、有名なNFTコレクション「Bored Ape Yacht Club」(BAYC)と主要なNFTマーケットプレイスであるOpenSeaへの投資により、大幅な含み損を抱えていると報じられた。同社の直近の投資動向と報告内容についてまとめる。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア