不動産トークン化の未来:高級ホテルが「STO」で20億円の資金調達成功

Aspen Coinで約20億円を調達
8月末から行われていた高級ホテルSt. Regis Aspenの一部所有権に裏付けられた証券トークン販売(STO)にて、資産管理企業Elevated Returnsが約20億円の調達に成功したことが明らかになった。
不動産のトークン化という未来
今回の不動産に裏付けられたAspen Coinの販売が成功したことは、業界内でも非常に先見的な取り組みであり、今後も不動産や証券、債券などをはじめとする既存資産のトークン化に向けた大きな一歩であると考えられている。

Aspen Coinで約20億円を調達

コロラド州ロッキー山脈に位置する高級ホテル、St. Regis Aspenの所有者である資産管理企業Elevated Returnsは、先日行われた証券トークン販売(STO)を無事完了し、1,800万ドル(約20億円)を調達したことを明らかにした。

今年8月末に、同社は、実在する不動産St. Regis Aspenによって裏付けられた「証券トークンAspen Coin」を、認可された投資家を対象に、クラウドファンディングプラットフォームIndiegogoを介して販売した。

そして、この販売は、ICO(Initial Coin Offering)にちなんで、STO(Security Token Offering)と呼ばれ、米ドル、ビットコイン、イーサリアムでの購入が可能となっていた。

このSTOでは1,800万トークンが1トークン1ドル(約110円)で、最低単元10,000トークンで販売された。今回販売されたのは、St. Regis Aspenの価値全体の18.9%であり、残りの81.9%は販売母体のElevated Returnsが管理すると記述された。

このトークンはERC-20トークン基準を採用するので、あらゆるイーサリアムウォレットで保有することができるが、その売却は、証券関連の規制に順守するためTemplum Marketsの代替取引システム(ATS)を介して行わなければならない。

不動産のトークン化という未来

このような実在する不動産をトークン化するような方法は、業界内でも先見的な取り組みであり、非常に注目されるべきものであると言える。

Elevated Returnsのディレクターを務めるJason Kirschenbaum氏は以下のようにコメントした。

「Aspen Digitalの今回の資金調達の成功は、資産に裏付けられた新規通貨の発行というだけでなく、将来的な不動産のトークン化に向けた大きな一歩であると言える。

今後の不動産投資は、国際的なアクセスを可能にし、高い透明性、流動性を持つ。これは、すべてブロックチェーン技術による恩恵であると言えるだろう。」

同じくElevated Returnsの創業者であるStephane de Baets氏(以下、)も、証券トークン販売(STO)こそが未来の投資ツールであると主張し、デジタル資産の存在は欠かせないと言及している。

その価値が内部的要因によって定義されるユーティリティトークンと比較して、証券トークンはその裏付けられている資産によって価値が定められる。

今後、不動産、証券や、債権、ベンチャーキャピタルファンドのような既存の資産の所有権もトークン化されていくことが期待され、流動性、透明性、セキュリティ、そして、国際的なアクセスの向上が見込まれている。

そして、今回の不動産のトークン化による証券トークン販売の成功はその実現に向けた大きな一歩であったと言えるだろう。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加