CoinPostで今最も読まれています

アスターがzkEVM版メインネットを2月下旬に起動 6つの初期プロダクト公表 「Yoki Origins」キャンペーン予定

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「Astar zkEVM」公開近づく

分散型インターネット(Web3)の普及拡大を目指すパブリックブロックチェーンのAstar Networkは1日、イーサリアムのレイヤー2として機能する「Astar zkEVM Powered by Polygon」のメインネットを、2月下旬にリリースすると発表した。

このリリースに合わせ、ローンチキャンペーン「Yoki Origins」も開催される予定だ。

Astar zkEVMは、日本企業やブランド、アニメなどIP(知的財産)を世界に広げるための架け橋として位置づけられている。このネットワークは、日本複数の大企業やプロジェクトと連携し、ユースケースの開発を進めており、その詳細は近日公表される予定である。

技術面では、Astar CDKはPolygon Labs社によって開発された「Polygon CDK」を利用する最初のネットワークとなる。イーサリアムの仮想環境(EVM)との等価性を持つため、既存の広範な開発リソースに容易にアクセスできるようになる。また、ゼロ知識証明(zk)の活用により、スケーラビリティが高く、コスト効率の良いブロックチェーン環境が提供される。

既にAstar zkEVMは、開発者にとって使いやすいオンチェーンUXを整備し、数多くのWeb3プロジェクトを惹きつけている。以下の有望なプロダクトがこのプラットフォーム上でローンチされる予定だ。

– Quickswap: Polygonエコシステム内で最大規模を誇る分散型交換所(DEX)。
– LayerZero: Astar zkEVMとAstarパラチェーン間の相互運用を可能にするプロトコル。
– The Graph: ブロックチェーン上のデータを整理するインデックシングプロトコル。
– Rarible: Ethereum NFTとAstar zkEVM NFTを取り扱うNFTマーケットプレイス。
– Dew: Polygonエコシステムにおける主要なNFTマーケットプレイスの一つ。
– Startale: Astarの主要なWeb3インフラを提供するプロバイダ。

仮想通貨ASTRのユースケース拡大へ

Astar Networkの中核を成すネイティブトークンでる暗号資産(仮想通貨)ASTRは、新たに展開されるAstar zkEVM内でも中心的な役割を果たす方針だ。

Astarエコシステムは、ポルカドットのパラチェーンであるオリジナルの「Astar Network」と、イーサリアムのレイヤー2として新設される「Astar zkEVM」の2つのチェーンを持つことになる。しかし、この両チェーンで使用されるトークンはASTRとして一本化され、エコシステム全体の一体感と機能的な連携が図られる。

出典:Astar Network発表をもとにCoinPostが作成(昨年9月)

関連:「Astar zkEVM」が仮想通貨ASTRの実用性に与える影響は?

新たなプラットフォームでは、DeFi(分散金融)プロジェクトにおいてASTRの使用が推奨され、それを促進するための支援策が検討される。さらに、Astarの最新の管理インターフェースである「dApp Staking」にASTRを組み込む作業が進行中で、これによりユーザーは簡便に流動性を提供することが可能になる。

Astar zkEVMの利用が拡大するほど、その利益はAstarエコシステム全体に還元される仕組みだ。Astar zkEVM内でのトランザクション処理を担当する「シークエンサー(検証ノード)」が集めるトランザクション手数料(ガス代)のETHが、ASTRのバイバックや助成金に充てられる予定だ。

ローンチキャンペーン「Yoki Origins」

出典:Astar Network

Astar Networkは、メインネットのリリースに伴い、特別なローンチキャンペーン「Yoki Origins」を計画。Astar Networkの責任者であるMaarten Henskens氏によると、このキャンペーンはAstar Networkのエコシステムの幅広さと、日本の独特な文化的背景を祝福するものだ。

このイベントでは、40以上のweb3プロジェクト、クリエイター、および大手企業が参加し、カプセルトイの形式でNFTを提供する。これらのNFTを集めることで、Astar Networkのオリジナルキャラクター「Yoki」を育成できる。

「Yoki Origins」キャンペーンは、SNSアカウントを利用したソーシャルログイン機能やクレジットカードを使ったNFT決済機能を取り入れ、暗号資産に不慣れなユーザーでも簡単にアクセスできるユーザー体験を提供する。これにより、Astar NetworkはWeb3のエコシステムへの参入障壁を低減し、より多くの人々にその可能性を体験してもらうことを目指している。

参加プロジェクトに関する詳細は、近い将来公表される予定である。

関連:KDDIのαU walletなど Astar zkEVMと連携を検討

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
19:07
ビットトレード、アプトスとトンコインの貸暗号資産 高利回り特別募集を開始
ットトレード株式会社はアプトス(APT)とトンコイン(TON)の取扱を開始。併せて、貸暗号資産サービスで、年率20%の高利回り特別募集を開始した。
15:25
バイナンス、アルトコイン3銘柄(通貨ペア)を6月21日に上場廃止へ
大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスは、アルトコイン3銘柄(3つの通貨ペア)の上場廃止を発表した。6月21日 (日本時間12:00)を以て売買できなくなる。
13:50
Notcoin開発者、テレグラムゲームの今後を語る
テレグラム上の人気ミニゲームNotcoinの開発を主導したサーシャ・プロトヴィノフ氏は、持続可能で効率的なサブシステムを構築することで、ゲームを進化させていきたいとの考えを明らかにした。
12:19
SECの証券判断見送りでイーサリアム反発、仮想通貨が低調な3つの理由をCryptoQuantアナリストが解説
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアムの有価証券性をめぐる米SEC調査に終止符が打たれETHが反発。CryptoQuantアナリストは、最近の相場が軟調な理由について、ビットコイン半減期の影響などマイナー売りやETFの資金フローを分析した。
11:40
Bitwise、イーサリアム現物ETFに4億円の初期投資
米仮想通貨投資企業Bitwiseは、イーサリアム現物ETFの詳細についての申請書を更新した。約4億円の初期投資を行うとしている。
10:15
米SEC、イーサリアムを有価証券とみなさず
米SECは仮想通貨イーサリアムに関する有価証券性の捜査を中止し、ETHを証券とみなさない。
09:45
Hashdex、現物ビットコインとイーサリアムの混合ETFをSECに申請
ブラジルの仮想通貨投資企業Hashdexは、現物ビットコインとイーサリアムの両方を保有するETFを米SECに申請した。
09:20
コインベース、先週に続き仮想通貨3銘柄の取引停止へ
米仮想通貨取引所大手コインベースは先週に続き、3銘柄の取引停止予定を発表した。
08:40
ETH現物ETF、米SECは早くに承認か
仮想通貨イーサリアムの現物ETFに対する米SECの要求は厳しくないと発行企業の情報筋が明かした。早くに承認される可能性があるとも述べている。
08:18
Ondoの米国債型ステーブルコイン、ソラナDriftで証拠金として利用可能に
ソラナの最大手オンチェーン・デリバティブ取引所Drift ProtocolはOndo製の仮想通貨ステーブルコインUSDYを担保資産として導入した。
08:00
Phantomスマホウォレット、仮想通貨の価格チャートを導入
Phantomはこれまで価格だけ表示しているが、新機能では保有するトークンをクリックすると、チャートと24時間の変動率を見ることができる。また、トークンのホルダー数と総発行数も掲載。
07:05
「BTCは6万ドルまで下落する可能性」CryptoQuant
仮想通貨ビットコインの価格は6万ドルの水準まで下落する可能性があるとCryptoQuantが分析。相場の勢いが弱まっているとみる背景を説明した。
06:50
Uphold、欧州MiCA法準拠でUSDTなどのステーブルコイン上場廃止へ
仮想通貨取引所Upholdは、欧州のMiCA規制環境に備え、7月1日までに欧州市場でUSDTを含むすべてのステーブルコインを上場廃止する。
06:25
自称トランプ氏の公式ミームコイン「DJT」高騰、未だ真偽不明
ブロックチェーンインテレジェンスサービスArkhamはSNSで、仮想通貨DJTの本当の創造者を特定した人に、15万ドルの賞金をかけると投稿し、プラットフォーム内でバウンティを設定した。
05:50
米クラーケン、ソラナとベース基盤のミームコインの先物を提供
米仮想通貨取引所クラーケンは19日、複数のミームコイン無期限先物を提供し始めた。また、現物取引では銘柄の新規上場も実施した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア