CoinPostで今最も読まれています

アスターがzkEVM版メインネットを2月下旬に起動 6つの初期プロダクト公表 「Yoki Origins」キャンペーン予定

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「Astar zkEVM」公開近づく

分散型インターネット(Web3)の普及拡大を目指すパブリックブロックチェーンのAstar Networkは1日、イーサリアムのレイヤー2として機能する「Astar zkEVM Powered by Polygon」のメインネットを、2月下旬にリリースすると発表した。

このリリースに合わせ、ローンチキャンペーン「Yoki Origins」も開催される予定だ。

Astar zkEVMは、日本企業やブランド、アニメなどIP(知的財産)を世界に広げるための架け橋として位置づけられている。このネットワークは、日本複数の大企業やプロジェクトと連携し、ユースケースの開発を進めており、その詳細は近日公表される予定である。

技術面では、Astar CDKはPolygon Labs社によって開発された「Polygon CDK」を利用する最初のネットワークとなる。イーサリアムの仮想環境(EVM)との等価性を持つため、既存の広範な開発リソースに容易にアクセスできるようになる。また、ゼロ知識証明(zk)の活用により、スケーラビリティが高く、コスト効率の良いブロックチェーン環境が提供される。

既にAstar zkEVMは、開発者にとって使いやすいオンチェーンUXを整備し、数多くのWeb3プロジェクトを惹きつけている。以下の有望なプロダクトがこのプラットフォーム上でローンチされる予定だ。

– Quickswap: Polygonエコシステム内で最大規模を誇る分散型交換所(DEX)。
– LayerZero: Astar zkEVMとAstarパラチェーン間の相互運用を可能にするプロトコル。
– The Graph: ブロックチェーン上のデータを整理するインデックシングプロトコル。
– Rarible: Ethereum NFTとAstar zkEVM NFTを取り扱うNFTマーケットプレイス。
– Dew: Polygonエコシステムにおける主要なNFTマーケットプレイスの一つ。
– Startale: Astarの主要なWeb3インフラを提供するプロバイダ。

仮想通貨ASTRのユースケース拡大へ

Astar Networkの中核を成すネイティブトークンでる暗号資産(仮想通貨)ASTRは、新たに展開されるAstar zkEVM内でも中心的な役割を果たす方針だ。

Astarエコシステムは、ポルカドットのパラチェーンであるオリジナルの「Astar Network」と、イーサリアムのレイヤー2として新設される「Astar zkEVM」の2つのチェーンを持つことになる。しかし、この両チェーンで使用されるトークンはASTRとして一本化され、エコシステム全体の一体感と機能的な連携が図られる。

出典:Astar Network発表をもとにCoinPostが作成(昨年9月)

関連:「Astar zkEVM」が仮想通貨ASTRの実用性に与える影響は?

新たなプラットフォームでは、DeFi(分散金融)プロジェクトにおいてASTRの使用が推奨され、それを促進するための支援策が検討される。さらに、Astarの最新の管理インターフェースである「dApp Staking」にASTRを組み込む作業が進行中で、これによりユーザーは簡便に流動性を提供することが可能になる。

Astar zkEVMの利用が拡大するほど、その利益はAstarエコシステム全体に還元される仕組みだ。Astar zkEVM内でのトランザクション処理を担当する「シークエンサー(検証ノード)」が集めるトランザクション手数料(ガス代)のETHが、ASTRのバイバックや助成金に充てられる予定だ。

ローンチキャンペーン「Yoki Origins」

出典:Astar Network

Astar Networkは、メインネットのリリースに伴い、特別なローンチキャンペーン「Yoki Origins」を計画。Astar Networkの責任者であるMaarten Henskens氏によると、このキャンペーンはAstar Networkのエコシステムの幅広さと、日本の独特な文化的背景を祝福するものだ。

このイベントでは、40以上のweb3プロジェクト、クリエイター、および大手企業が参加し、カプセルトイの形式でNFTを提供する。これらのNFTを集めることで、Astar Networkのオリジナルキャラクター「Yoki」を育成できる。

「Yoki Origins」キャンペーンは、SNSアカウントを利用したソーシャルログイン機能やクレジットカードを使ったNFT決済機能を取り入れ、暗号資産に不慣れなユーザーでも簡単にアクセスできるユーザー体験を提供する。これにより、Astar NetworkはWeb3のエコシステムへの参入障壁を低減し、より多くの人々にその可能性を体験してもらうことを目指している。

参加プロジェクトに関する詳細は、近い将来公表される予定である。

関連:KDDIのαU walletなど Astar zkEVMと連携を検討

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/22 木曜日
10:50
「流動性向上が鍵」Oasys、自民党デジタル社会推進本部と国内のWeb3振興で議論
ゲーム特化型ブロックチェーンOasysは自民党デジタル社会推進本部Web3PTと、ブロックチェーンゲーム市場の現状と将来性について議論を行った。
10:20
Oasys、カカオゲームズの子会社METABORA SGと提携
ゲーム特化型ブロックチェーンOasysは、韓国カカオゲームズの子会社METABORA SGとの提携を発表。韓国での事業展開を加速させていく意向だ。
08:15
エヌビディア好決算で株価大幅上昇 仮想通貨AI銘柄連れ高|22日金融短観
本日のエヌビディアの好決算を受け、半導体企業AMDやArm、Supermicroの株価も一斉に大幅に上昇。また、仮想通貨分野でRenderやFET、AGIXなども連れ高となっている。
07:30
国内初、楽天キャッシュでデジタル証券(ST)の利息受け取り
国内で初めて、楽天キャッシュで利息を受け取るデジタル証券(ST)が発行される。大和証券や楽天証券ら7社は、公募型ST社債の発行に向けて協業することを発表した。
06:30
Wormhole、半導体大手AMDのチップを利用し性能向上へ
仮想通貨ブリッジWormholeは性能を引き上げるために、半導体大手AMDのアクセラレーターチップを実装。ZKライトクライアントの計算消費を解決する目的だ。
05:50
Starknetがコインベースに新規上場、ポリゴンラボとも提携
Starknet開発のStarkWareはPolygon Labsと提携し、より速く且つ安く取引を行うために設計された「サークルSTARKs」と呼ばれる新しいタイプのゼロ知識の暗号証明を構築する。
02/21 水曜日
17:24
ラテンアメリカの大手通信会社テレフォニカ チェーンリンクと提携
大手通信会社テレフォニカが、分散型オラクルChainlinkと提携。API連携によりSIMスワップ詐欺に対抗する。開発者の暗号資産(仮想通貨)を保護する追加レイヤーとして機能。企業のWeb3進出の一助に。
15:02
決済業界が捉えるブロックチェーンの実利、リップル社調査
リップル社と米国高速決済協議会が世界的調査を実施。業界リーダーの60%強が、暗号資産(仮想通貨)の使用が決済プロセスにおいて大きな利益をもたらすと評価。金融業界における、ブロックチェーン技術の現状、課題も明らかに。
12:07
イーサリアム続伸で約2年ぶり3000ドル台に
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム(ETH)が続伸し、22年4月以来初めて3000ドル台を回復した。オンチェーンデータ分析では、クジラ(大口投資家)の動向も活性化し始めているようだ。
12:00
仮想通貨支持のディートン弁護士、上院議員選出馬へ ウォーレン議員に対抗
仮想通貨を擁護する米国のディートン弁護士はマサチューセッツ州で上院議員選挙へ出馬した。エリザベス・ウォーレン議員の対抗馬を目指す。
11:00
マスターカードがSwooウォレットと提携、仮想通貨による報酬プログラム提供へ
決済大手マスターカードはモバイルウォレット企業Swooと提携し、ビットコインなど仮想通貨による顧客報酬プログラムを提供すると発表した。
10:24
ゴールドマン・サックス、日本株を代表する『七人の侍』を選定
日経平均株価が34年ぶりにバブル後の最高値をつける中、大手投資銀行ゴールドマンサックスは日本市場を代表する「七人の侍」を選定した。では、どの銘柄が採用されたか。
08:30
明日決算発表を前にエヌビディア大幅安、仮想通貨関連株も下落
米ナスダックはエヌビディアやAMDなどIT・ハイテク株の売り先行で下落。多くのアナリストはエヌビディアの決算のハードルは非常に高く引き上げられていると指摘した。一方、イーサリアムは約2年ぶりに3千ドル台を回復した。
07:45
計1400億円相当のBTC、米コインベースから出金
計1400億円相当の仮想通貨ビットコインがコインベースから出金されたことがわかった。出金理由については売り圧の低下につながるといった声や、OTC取引のための出金であるといった声など複数の見方が上がっている。
07:30
米デリバティブ大手CME、小口のユーロ建のビットコイン・イーサ先物を提供へ
CMEのビットコイン先物OIは先月過去最高値の52億ドルを記録。仮想通貨ビットコインETFへの高い需要に伴ってヘッジの需要も高まっているようだ。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア