CoinPostで今最も読まれています

「Astar zkEVM」が仮想通貨ASTRの実用性に与える影響は? 渡辺創太氏がAMAで解説

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

イーサリアムL2進出のねらい

Astar Networkのファウンダーで、Startale Labs代表取締役CEOの渡辺創太氏は16日にAMA(Ask Me Anything:なんでも聞いて)を開いた。

最近の「Astar zkEVM Powered by Polygon」の発表を受けての大きな反響に応え、支持者や投資家からの質問に答える場としてこのセッションが設けられた。緊急の開催にもかかわらず、1,400人以上がこのオンラインイベントに参加した。

Astar Networkは13日に新たなネットワーク「Astar zkEVM」を発表し、イーサリアムのレイヤー2(L2)においてポリゴンが提供するzkロールアップの技術製品(Polygon CDK)を実装する計画を明かした。この動きは特に、イーサリアムとのほぼ等価性(zkEVM)を獲得し、Astar(パラチェーン)での主流なティア1プロジェクトの誘致を加速させる狙いがある。

渡辺氏によると、「Astar zkEVM」はイーサリアムとポルカドットの間にブリッジを築く革新的な取り組み。しかし、従来のAstar Networkとの連携に関するコミュニケーションが満足なものにならず、一部のユーザーに誤解を与えていた。

渡辺氏はイーサリアムのレイヤー2およびzkEVMの導入を「Web3.0の主要トレンド」として位置づけ、これが日本でのリーダーシップを保持するための鍵であると強調。また、ASTRトークンの機能拡大の方向性についても詳細に説明した。

zkEVMとは

イーサリアムチェーン上でスマートコントラクトを実行し、互換性を持たせるためのソフトウェア環境であるイーサリアム仮想マシン(EVM)とゼロ知識証明(ZKP)を併せ持った技術

▶️仮想通貨用語集

渡辺氏の見解では、イーサリアムにより近い等価性が導入されることで(多くの実績のあるスマートコントラクトが利用可能となる等の理由から)開発環境は格段に向上する。また、ASTRトークンのホルダー数は531,580であるのに対し、ETHの累積アドレス数は2.44億に上るため、より多くのユーザーにリーチ可能になる見込みだとした。

Astar Networkは、ポルカドットとの接続ネットワーク(パラチェーン)としての総預金価値(TVL)がトップクラスを誇り、日本国内の大手企業とも提携を重ねるなど国内外からの注目度が高い。渡辺氏はイーサリアムエコシステムへの参入を通して、「Astar」ブランドの更なる発展を目指している。

Astar zkEVMのアナウンスまでには5.6ヶ月をかけ、周到に準備を進めてきた。皮切りとしてポリゴンの最大手DEX(分散型取引所)であるQuickSwapと交渉しており、Astar zkEVMへのオンボーディング計画が19日にQuickSwapのコミュニティ投票で可決したばかりだ。

出典:@Sota_Web3

渡辺氏はシンガポールでのTOKEN 2049という大規模カンファレンスで、ポリゴンの共同創設者、Sandeep Nailwalと共に登壇。ブロックチェーンの大規模な普及を目指す共通の志を持っていることをアピールした。イベントで同氏は、UniswapやAaveといったキープレイヤーとの接触を果たし、20近くのプロダクトとのディールを進行中だという。1年後には充実したエコシステムの実現を目指している。

長期的な目標として渡辺氏は、米コインベースが支援するイーサリアムL2「Base」における「Friend.tech」のようなヒットコンテンツの創出を置く。特に、エンタメ、ゲーム分野に注力する方針で、ソニーネットワークコミュニケーションズのブロックチェーンとの連携構築も見据えているとした。

関連:イーサリアムの新レイヤー2『Astar zkEVM』発表、Polygonと協業へ

ASTRトークンのユーティリティ

投資家が最も関心を寄せるのは、Astar NetworkのネイティブトークンASTRの将来についてだ。渡辺氏は、Astarエコシステムが2つのチェーン-オリジナルの「Astar Network(パラチェーン)」と新設の「Astar zkEVM(イーサリアムL2)」-を持つことになるが、トークンはASTR一つで統一されると強調。

これにより、イーサリアムL2でのトークンユーティリティが増加することで、ASTRの需要も増大するとの見解を示した。

出典:Astar Network発表をもとにCoinPostが作成

また、渡辺氏は、今後ASTRのブリッジが2つのチェーン間に設けられることで、両エコシステムでの統一された総資産価値「Total Value Locked(TVL)」が共有されると語り、投資家が懸念する価値の希薄化リスクについても否定した。

ASTRの需給面での展望も明らかにされた。イーサリアム上のユーティリティの増加に伴い、Astar zkEVMのDeFiプロジェクトにおいて、ASTRの利用が奨励されることが期待されており、そのための支援策も検討中。Astarの新しい管理画面「dApp Staking」への組み込みも進行中で、これにより、ユーザーは簡単な操作での流動性提供が実現されるだろう。

そして、Astar zkEVMの使用量が増加すれば、それだけAstarエコシステムへの寄与が増すとされる。特に、Astar zkEVM内の「シークエンサー」がトランザクションの状態データを束ねる際に、トランザクション手数料(ガス代)として蓄積されるETHが、ASTRのバイバックや助成金として活用されることも明らかにされた。

関連:ソニーがブロックチェーン開発へ、スターテイル・ラボと合弁会社設立

日本企業がWeb3導入を検討

日本のWeb3・ブロックチェーン業界は、現在急速な変化を遂げており、その中心にはAstarとポリゴンの対立が存在していることが、Startale Labsの渡辺氏のコメントから浮かび上がっている。

水面下でのAstarとポリゴンの選択に関する対立が存在していたものの、Astarがポリゴンとの提携を通じてイーサリアムL2への進出を果たすことで、その方針は「Web3 for billion」、つまりWeb3の普及と市場の拡大に重点を置く点で目的が共有された。

この提携のもと、日本の企業はガス代が低価格な「Astar Network」や開発リソースが豊富な「Astar zkEVM」のいずれかを選択することが可能となる。

こうした進展の背景には、ポリゴンが新たに始動した大型アップグレード計画、Polygon 2.0がある。Polygon 2.0の目玉は、他のレイヤー2ネットワークとのクロスチェーン取引の円滑化で、ユーザーが一つの連続したチェーンを使用しているかのような体験を実現するねらい。

渡辺氏はこのアプローチに賛同し、特に、Astar NetworkやAstar zkEVMの違いをユーザーに意識させないような使い勝手の改善が、ブロックチェーンの導入(マスアダプション)にとって必要だと強調。Polygon2.0の動きに早くから取り組むことで、市場における先行利益を狙っていると加えた。

関連:新たな開発計画「Polygon 2.0」を発表、ZK技術活用のレイヤー2ネットワーク

Astarのロードマップ

「Astar zkEVM」のテストネットは10月末にローンチ予定で、年内から来年初めにかけてメインネットの立ち上げを目指している。この間に、トークン設計の更新やDapps Stakingの改善も同時に行われる見込みで、トークン設計2.0にはトランザクションフィーの一部を焼却する仕組みが取り入れられるとのこと。

出典:Astar Network

加えて、Startale Labsの一環として、渡辺氏はエコシステムの拡大と大企業との連携によるWeb3の普及を強化する方針を示しており、地域としては2023年は日本、来年はアジア、そして再来年にはアメリカ市場への進出を計画している。

最後に、渡辺氏が特に強調したのは、Astarエコシステムへのコミットメントであり、最近は古巣であるポルカドット財団やパリティとの対話も増加しているとのこと。AstarのイーサリアムL2進出が、ポルカドット側の新たな施策へと駆り立てる可能性もあるだろう。

関連:フレンドテック(Friend.Tech)が低調、SocialFi競合利用者へのペナルティも問題に

Astar(ASTR)に投資したい方はこちらをチェック

様々な仮想通貨を購入したい方は、取引所別の取り扱い銘柄を確認してみてください。

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/18 木曜日
15:15
米金融大手ステートストリート、独自のステーブルコイン発行検討か
米ボストン拠点の金融大手ステートストリートは、ブロックチェーン上の決済方法を模索しており、仮想通貨ステーブルコインの発行を検討していると報じられた。
14:00
ヴィタリック、仮想通貨支持派という理由のみで政治家を選ぶことに反対
仮想通貨イーサリアムの共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏は、米国選挙に向け「仮想通貨賛成派」であると主張しているか否かだけで、候補者を選ぶことに対して警告を発した。
12:00
SECが承認、グレースケールのイーサリアムミニ・ETF 手数料低減で資金流出を防ぐ狙い
米SECはグレースケールによるイーサリアムミニETFの19b-4様式を承認。他社のETH現物ETFと同時ローンチする可能性が高まった。
11:30
グレースケール、NEARやRNDRなどに投資する分散型AI関連ファンドを販売開始
米大手仮想通貨投資会社グレースケールは、新たに分散型AI関連のファンド(投資信託)をローンチした。投資割合はNEAR(31.87%)とFIL(30.03%)が最も高い。
10:45
TON、ビットコインのブリッジ機能をローンチへ
TONのブロックチェーンへ仮想通貨ビットコインをブリッジできる新機能が今年にローンチされる予定。プロジェクトが機能の概要を説明している。
10:00
「シリコンバレーがトランプ氏を支持する理由はビットコイン」著名投資家キューバン氏
著名投資家マーク・キューバン氏はシリコンバレーがトランプ氏を支持するようになったのは仮想通貨ビットコインが理由だと意見した。
08:00
カナダ上場企業Cypherpunk、仮想通貨ソラナ保有量を10倍以上増加
カナダの上場企業Cypherpunk Holdings(サイファーパンク)は先月から、仮想通貨ソラナ(SOL)の保有を大幅に増加している。
07:10
「ETFは現物ETFローンチで5000ドル超える可能性」Bitwise予想
仮想通貨イーサリアムの価格は米国の現物ETFローンチで最高値を更新するだろうとBitwise幹部が予想。5,000ドルを超える可能性があるとも述べ、分析を公開している。
06:40
ドイツ当局、約5万ビットコイン売りで計4500億円の利益
Movie2K事件は終結していないが、ドイツ当局は声明で5万ほどの仮想通貨BTCを売却せざるを得なかった理由を説明している。
06:20
コインベースやBybit、ゲーム特化型レイヤー2仮想通貨「Ancient8」を新規上場
米仮想通貨取引所コインベースは18日、ゲーム特化型レイヤー2仮想通貨「Ancient8(A8)」を新たに上場した。発表を受け、A8の価格は+38.8%と高騰している。
05:55
トランプ氏、財務長官に仮想通貨否定派のJPモルガンダイモンCEO検討か
トランプ米前大統領は11月当選後の場合、ビットコイン・仮想通貨否定派と知られる米金融大手JPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOを財務長官に起用すると検討しているようだ。
07/17 水曜日
23:17
Suiネットワーク最大のDeFi融資プロトコル「Scallop」、累積収益100万ドル突破
Scallop(スカラップ)は、Sui(スイ)ネットワーク上で最大のDeFi融資プロトコルとして累積収益100万ドルを達成。10万ドル相当の報奨金キャンペーンを実施中。暗号資産(仮想通貨)スイなどを借り入れるユーザー向けのインセンティブを強化している。
15:04
バイナンス、2種類の通貨ペアを取扱い中止へ
バイナンスは2024年7月19日12時に2種類の通貨ペアの取扱いを中止する。詳細な暗号資産(仮想通貨)ペア一覧と、インターネットコンピュータ(ICP)について解説。
14:27
RWA向け「Plume」、テストネットキャンペーンを開始
Plumeが初のモジュール式EVMレイヤー2としてテストネットキャンペーンを開始。不動産や金融商品などの現実世界資産(RWA)をトークン化し、パートナーと共に新たな金融エコシステムを構築する。
12:23
ビットコインの反騰つづく、仮想通貨上場投資商品への資金流入が加速
暗号資産(仮想通貨)市場では、イーサリアムETFの承認期待、ドイツ政府売りの枯渇、大統領選のドナルド・トランプの勝利予想の高まりなどを受け、ビットコイン(BTC)が続伸した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア