CoinPostで今最も読まれています

ビットコイン急騰時に急落した「USDT」が18カ月ぶりの最低水準を記録|テザー疑惑を振り返る

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

USDTの急下落と価格乖離
15日、ビットコインの急騰と逆相関を示すような形で、テザーが急落して異常値を付けた。発行会社を運営するビットフィネックスで価格乖離が生じたことから、相場操縦疑惑も再浮上しつつある。
テザーとは
米ドル(USD)法定通貨と連動した価値を持っており、基本的に「1USDT≒1USD」の図式が崩れることはない。その性質上、仮想通貨売買における基軸通貨の一つとして扱われているが、同額のUSDが担保されていない可能性も浮上、一部で問題視されていた。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

USDTの急下落と価格乖離

10月15日、が仮想通貨市場で全面高が見られた中、安定通貨の仮想通貨USDT(テザー)価格は逆相関を示し、今年4月以来となる年初来安値を更新した。

出典: CoinMarketCap

昨日見られたUSDTの下落は、仮想通貨取引所ビットフィネックスにおけるビットコイン価格の乖離にもつながった可能性があり、海外大手メディアCoindeskでも示唆されている。

CoinPostの関連記事

本稿執筆時点でも、CoindeskのBTC価格6492ドルに対し、ビットフィネックスの価格は6698ドルと約200ドルの乖離が生じている。

出典:Bitfinex

出典:CoinDesk

このような価格乖離を受け、以前から疑問視されていたUSDTとビットフィネックスの関係性が再び問題として浮上しており、投資家はUSDTからジェミニ取引所が発表したGemini Dollar(GUSD)やTrueUSDのような他のドル建てのステーブルコイン、ビットコインなどに資金を移動している可能性が指摘されている。

以前から疑問視されていたUSDT

米CFTCからの召喚状

仮想通貨取引所ビットフィネックスは、USDTを発行するテザー社を運営している事が理由で、癒着などの問題で以前から懸念視されていた。

昨年12月にはテザー社とビットフィネックスがアメリカのCFTC(商品先物取引委員会)から召喚状が発令されていたなど、USDTの安定通貨としての性質への疑問点は今に始まったことではない。

過去にCFTCは、USDTを裏付ける「ドルや安定通貨を利用した市場操作の可能性」を理由に召喚状を発令していた。

市場操縦を指摘するテキサス大学の論文

また6月には、アメリカのテキサス大学から「ビットコインは本当に繋がれていないのか」と題された論文が発表され、仮想通貨市場に波紋を呼んだ。

出典:University of Texas

ビットコインは価格操縦に利用されている。

と概要部分に記述されている上、文中では

アルゴリズムを使い、ブロックチェーン上の取引記録を分析したところ、市場が低迷しているタイミングで、テザーによるビットコイン購入を合わせたことにより、ビットコイン価格の大幅な上昇を招く結果になったということが判明した。 ビットコインにおいては50%、上位仮想通貨では64%の、急激な価格上昇が関連づけられる。

このようなパターンは、投資家からの需要の表れとしては、説明がつかず、テザーが価格を下支えし、仮想通貨価格を操作するために使用されているという、供給に基づく仮説が、最も合理的な説明だ。

と厳しく批判した。

対抗するかのように公開されたテザー社報告書

なおその後、テザー社は6月15日に法律事務所Freeh Sporkin & Sullivan LLPが行った同社の担保資産に関する調査結果を開示している。

出典:Tether.io

米国の法律事務所であるFSSは、テザーの利用する2つの銀行口座を数週間に渡り分析した結果、6月1日時点でのテザー社の保有するドル額は約25億4000万ドルに達した事が判明している。

しかし、テザー社が利用している2つの銀行口座の銀行名は公開されておらず、FSSも

FSSは会計事務所ではないため、今回の審査と確認は、一般に公正妥当と認められた会計原則を用いて行われたものではない。

と説明を加えていた。

回復しているUSDT価格

なお、本稿執筆時点で、『ステーブルコイン』と称される仮想通貨USDTは時価総額8位にランクインしており、月曜日の下落から.97セント(109円)台まで回復している。

USDTに関する近日の動きに関してはこちらからどうぞ。

ビットコイン急騰の全容がチャートから明らかに、今後の懸念点も考察|仮想通貨市況
ビットコイン相場は週末続いたボラティリティの低い相場から一点大きく価格が乱高下した。しかし、その動きを追っていくとチャートから価格暴騰の全容と懸念点が見えてきた。
【速報】仮想通貨ビットコイン価格、70万5000円の「フィボナッチ78.6%」を超え急騰
仮想通貨ビットコインは、bitFlyerにて、697000円付近から743000円付近まで、46000円幅、5%弱の急騰を記録。3度も跳ね返されていたフィボナッチ61.8%ライン(705000円付近)を抜けたことが大きな要因と考えられる。
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
13:13
ビットコイン高値圏で揉み合う、未実現損益(NUPL)にシグナルの変化も
暗号資産(仮想通貨)市場では高騰で過熱感のあった一部アルトコインが反落、ビットコインも上値を重くした。全体のトレンドでは大底圏を示していた未実現損益(NUPL)に変化の兆しも見られる。
13:10
Web3財団、「ポルカドット(DOT)は証券ではなくなった」
ポルカドット・プロトコルの開発・推進を行うWeb3 Foundationは、3年に及ぶ米証券取引委員会との積極的な関与を経て、ネイティブトークンDOTはもはや証券ではなく、調整用のソフトウェアであると主張している。
11:45
FTX「債権者マトリクス」が公開
破綻した仮想通貨取引所FTXの債権者に関する情報が公開された。116ページの債権者マトリクスにアマゾンやゴールドマンサックスなど、有名企業や銀行、有名スポーツ選手名が並び、注目を集めている。
10:20
オランダ中銀、コインベースに4.7億円の罰金
オランダの中央銀行は、仮想通貨取引所コインベースが過去にライセンス登録せずサービスを提供していたとして、約4.7億円の罰金を科した。
09:45
アマゾン、新たなWeb3事業を開始か
アマゾンが新しいデジタル資産事業を開始する可能性が浮上。NFTやブロックチェーンゲームなどに関連したWeb3事業を行う計画だと、仮想通貨メディアBlockworksが報じている。
08:30
gumiなど、Sui基盤のウォレットの5.4億円資金調達を主導
gumiの仮想通貨VC「gumi Cryptos Capital」などはSuiブロックチェーン基盤のウォレット『Ethos Wallet』のシードラウンドを主導した。調達金額は5.4億円だった。
07:55
ムーディーズ、ステーブルコインの評価システムを開発か
格付け会社ムーディーズは、仮想通貨ステーブルコインの評価システムを開発していることがわかった。ブルームバーグの情報筋が、開発の現状や評価付けの概要を説明している。
07:20
NYダウ5日続伸 強い米GDPも景気鈍化の兆しか|27日
本日のニューヨークダウは5日続伸。GDPが予想よりも速いペースで増加した結果、マイルドな景気後退への期待は高まった。ビットコインは23,000ドル台を維持している。
01/26 木曜日
16:34
2023年のビットコインマイナーの売り圧力は? Galaxy Digitalが分析
米大手仮想通貨投資企業Galaxy Digital社は、2022年末のマイニング産業の分析レポートを発行した。資金調達手段の限られた多くのマイナーがサバイバルモードにあり、2024年のビットコイン半減期までは継続すると見られている。
12:37
米サークル社がSECを非難「SPAC株式上場計画の頓挫に責任あり」
ステーブルコイン「USDC」を運営する米サークル社は、特別目的買収会社を通じた株式市場への上場計画が頓挫したのは、米証券取引委員会の不作為によるものだとして、規制当局を非難した。
12:32
Lido、イーサリアム出金方法を投票へ
リキッドステーキングプロトコルLido Financeで、仮想通貨イーサリアムの出金方法に関する提案書が提出された。LidoはETHのステーキングサービスのトップシェアを占める。
12:07
ビットコイン調整入りせず続伸、APTは前週比137%高と高騰
米金利引き上げペースの鈍化予想と堅調な米株指数に支えられ、ビットコインなど暗号資産(仮想通貨)相場は調整入りを否定して続伸した。アルト相場ではAptos(APT)が高騰したほか、金融市場ではゴールド価格も大幅高となっている。
11:55
セルシウス、債務返済のための新トークン発行を検討
破綻した仮想通貨融資企業セルシウスは、債権者に返済するために新たにトークンを発行する可能性を検討している。破産裁判所はフレアトークン付与や一部ユーザーの出金を認めた。
11:35
SushiSwap、パーペチュアル取引を提供へ
分散型の仮想通貨取引所SushiSwapが、Sei Networkでパーペチュアル取引をリリースする計画がわかった。Sei Networkはトレーディング向けにカスタムメイドされている。
10:15
Moonbirds発行企業の創設者、1億円超のNFT盗難被害か
NFTコレクションMoonbirdsを手掛けるProofのKevin Rose共同創設者は、自身の仮想通貨ウォレットがハッキングされ、保有するNFTが盗まれたと公表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア