仮想通貨は投機市場だけでもより大きなマーケットに育つ|CNBC投資会議イベント

投資企業創業者が仮想通貨に強気な発言
仮想通貨投資企業創業者であるTomaino氏は、投機だけでも、仮想通貨市場が2000億ドル(約22兆円)から数兆ドル(数百兆円)にまで拡大することが可能で、新興資産クラスを国際的な視点で見た場合、それは実現可能だと語った。

投資企業創業者が仮想通貨に強気な発言

CNBCが主催したCrypto Trader会議にて、仮想通貨投資企業1Confirmationの創業者でもあるNick Tomaino氏(以下、Tomaino氏)が、今後の仮想通貨市場について言及し、自身の見解を以下のように述べた。

「私は、投資や投機といったものが普及の一部であると捉えている。投機だけでも、仮想通貨市場が2000億ドル(約22兆円)から数兆ドル(数百兆円)にまで拡大することが可能であると考えているのだ。この新興資産クラスを国際的な視点で見た場合、それは実現可能だと思う。」

現時点で、仮想通貨市場の時価総額は2100億ドル(約23.6兆円)であり、今年1月に最も時価総額が高まった時期でも8000億ドル(約90兆円)ほどと、その時価総額が1兆ドル(約110兆円)に達することはなかった。

出典:CoinMarketCap

しかし、Tomaino氏が語る所によると、投機だけで仮想通貨市場は、時価総額が最も高かった1月よりも、少なくとも2倍以上に拡大すると言及し、この投機に、投資、実用性などが加わっていくと、さらに市場の拡大が見込まれると予想している。

彼は、その実現までの期間を示唆することはなかったが、8月に「ビットコインが2018年中に10,000ドル(約110万円)を記録することはないだろう。しかし、今後5年間で2017年以上の暴騰が起き、100,000ドル(約1100万円)に到達する可能性が高い。」と言及していることから、長期的な目線で今回の予想を語ったと考えられる。

時価総額が上がる理由

Tomaino氏は続いて、この投機を始めとする資金が仮想通貨業界に流入してくる理由を以下のように述べた。

「私の見解では、過去未来を含む、数十年のマクロトレンドとして、政府や大手機関への信頼性の低下が挙げられる。このトレンドはさらに高まり、仮想通貨への流入につながる。これは、大手企業や政府への信頼から、ブロックチェーンへの信頼という人々の文化的な移行を示唆している。」

この中央集権的システムから非中央集権型システムへのトレンドの移行は、Facebook Researchによる研究などでも言及されており、仮想通貨関連投資会社Pantera Capital Management CEOのDan Morehead氏(以下、Morehead氏)も「ブロックチェーンは、ウイルスのようなもので、この技術に一度魅了されれば、その普及はとどまることを知らなくなる」と語り、今後10年の間にブロックチェーン業界に様々なサービスや人々が参入してくると主張している。

また、既にIntercontinetal Exchange(ICE)や複数の有名企業が仮想通貨取引所Bakktの開設を進めていることや、既存大手金融サービスプロバイダーFidelity Investmentsが仮想通貨業界に参入するため新会社を設立したこと、アメリカ最大のハーバード大学やイェール大学のエンダウメントが仮想通貨関連投資を開始したことなど、その普及も着々と進んでいる。

世界的に認知されている数多くの企業、機関が、仮想通貨市場に先陣を切って参入してきていることで、FOMO(乗り遅れることへの恐怖)によって、今後もさらなる企業や機関が参入してくることが予想されており、Morehead氏は以下のように言及した。

「FidelityとBakktの発表によって、今まで仮想通貨業界に”参入しない”という選択肢が取り辛くなってきた。これらの巨大企業が参入した今、その参入はウイルスのように拡大するだろう。」

仮想通貨のFOMO

deVere CEOのNigel Green氏も、市場へ参入する動きが最近加速、金融業界だけでなく、テック企業や小売業でもその採用が相次いでいることを背景に、乗り遅れることへの恐怖である「FOMO」が、仮想通貨の市場規模を大きく拡大させると言及している。

Green氏は、FOMOから今後の市場に関しては、以下のように語っている。

仮想通貨を採用・保有する機関の中で、これを手放してしまうと他の機関に遅れをとってしまい、追いつくのが難しくなるという感覚が拡大していると感じている。

特に、一般のユーザーが仮想通貨への意欲を高めるにつれ、この傾向は顕著になっている。昨年ほどの価格急騰が起こるかはわからないが、仮想通貨がお金の未来の形だという認識の拡大に伴い、また年末にかけて価格が上昇しても不思議ではないと感じている。

また、この動きの加速がヘッジファンドや銀行などの機関が今後一斉に仮想通貨市場へ参入するとし、それは3ヶ月から6ヶ月になるだろう言及している。

機関投資家が仮想通貨投資を行うインフラが整ってきていることなどを踏まえても、今後さらなるサービス、人々の参入が増えていくことが予想され、仮想通貨市場の拡大が期待されていると言えるだろう。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

『仮想通貨市場は次の上昇トレンドで10倍』ビットコインなどの投資戦略、及びターニングポイントに投資ファームCEOが言及
ブロックチェーン投資ファームPantera Capital ManagementのceoのDan Morehead氏はブルームバーグの仮想通貨カンファレンスにてパネリストとして登壇。 仮想通貨の将来性に前向きな見方を示し、投資戦略や次に重要となる相場のターニングポイントなどに言及した。
『ビットコインは世界中でブレークアウト寸前』マルタのサミットでdeVere CEOが言及
マルタで開催中のブロックチェーンサミットにて、deVereグループCEOは、ビットコインなどの仮想通貨は世界中でブレークアウト寸前まできており、主にFOMOによって起こると予想した。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加