リップルの「カップアンドハンドル形成」ビットコイン日足の「ゴールデンクロス」に注目|仮想通貨テクニカル分析

ビットコインとリップルのテクニカル分析
仮想通貨市場において、現在チャートの面で注目点が見られたビットコインとリップルのテクニカル分析を掲載。

ビットコインとXRP(リップル)のテクニカル分析

仮想通貨市場において、現在チャートの面で注目点が見られたビットコインとリップルのテクニカル分析を掲載。

ビットコインテクニカル分析(bitFlyer:BTCJPY)

上記の画像は4時間足のチャートで、黄色枠の非常に固いレジスタンスラインを越えれずにいるが、12時30分時点でもトライしており、ここのラインが現在最も重要となるだろう。

4時間足のMACDでは、まだ完成はしていないが、デッドクロスになる可能性も読み取れている。

しかし、日足のMACDを見ると、このまま耐えればJPY建でもゴールデンクロスが完成するため、動きとしてはあ4時間足のMACDより重要視され一旦上昇する可能性がある。

MACDとは

MACDとは、移動平均収束発散法のことで、短期の移動平均線と中長期の移動平均線を使用し、買いか売りかを判断する。移動平均の勢いや、トレンドの方向を識別するために使用される。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

ただ、問題となる黄色枠の厚いレジスタンスラインと下のサポートラインの中の攻防が続き、不安定な相場になっていることには違いはない。

このどちらに動いてもおかしくない相場の場合、ロングかショートポジションの比率の動きをみるのも一つの判断材料となる。

仮想通貨取引所Bitfinexのデータを参照しビットコインのロング量とショート量が確認出来るサイトdatamishでは、現在(10/18 12:00頃)は、24時間のLS比率推移に置いて、ロングの割合が高く、ショートが減少傾向になっていることが見られた。

上記で記載している黄色枠のレジスタンスラインを明確に抜け、定着するまで出来高とLS比率を確認しながら静観することが良さそうだ。

datamish.com公式サイト

目安

黄色枠のレジスタンスラインは、BTC=73万円〜73万後半

長きに続いた抵抗線は、75万〜76万円

底のサポートライン69万円台

XRPのテクニカル分析

出典:ビットバンク

仮想通貨XRP(XRP)の1時間足を見ると、カップアンドハンドルを形成に向けて動いている。

中・長期的に見ると、ここを底と判断出来るチャート分析の1つとして人気の高いパターンだ。

カップアンドハンドルとは

カップアンド(ウィズ)ハンドルとは、カップとハンドル(取っ手)を表し、コーヒーカップのような形のチャートパターンのこと。初めにカップに似た形を形成し、次に利確が行われるためハンドルが形成される。ハンドル形成後、下落していくパターンとレジスタンスラインを越えて上昇していく2パターンに分けられる。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

その形をXRPは形成しようとしているため、このままその形になるのなら、一旦下落からの上昇トレンドに変わる可能性がある。

出典:ビットバンク

また、1日足でも、MACDにて、ゴールデンクロスが完成しようとしているため、注目の動きとなる。

ファンダメンタルズ要因も

また、BTCと XRPは注目のファンダメンタルズ要因が複数ある。

ビットコインは、やはり疑惑の渦中にあるテザー問題が大きいと言える。この問題については、以下の記事に詳細が記載してあるため、読んでいただければ幸いです。

CoinPostの関連記事

リップル(XRP)の強さに3つの要因、ビットコイン価格推移も徹底比較|仮想通貨市況
ビットコイン価格に動きが見られない中で、XRPは強さ見られる相場を形成、3つの要因を探った。またビットコイン価格を動かしている要因も解説。
▶️本日の速報をチェック

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加