仮想通貨ライトコイン:今後のコアリリースで手数料を1/10に削減(2015年水準)

ライトコインコアリリース
ライトコイン手数料が次のコアリリースで10分の1になり、2015年の水準まで戻る。高騰していた手数料が下がることは、弱気市場からの脱出への大きな力になる可能性も。

ライトコインコアリリース

ライトコインの次のコアリリース(Core 0.17)で、ライトコインの送金手数料が現在の10分の1になる見込みだと分かった。

ライトコインの送金手数料は送金額ではなく、一回の取引当たりで使われたデータサイズによって決定される。現在、KB(キロバイト)当たりの手数料は$0.05(L0.001)程度だが、今回のコアリリースにより$0.005(L0.0001)となり、10分の1程度まで下がる。これは2015年頃の水準と同等だ。

ライトコインの創設者である「Charlie Lee」氏は、2018年1月ごろから、この水準に手数料を戻すことについて言及していた。

(ライトコイン創設者Charlie Leeの2018年1月のツイッターより。次回のコアリリースで手数料を0.0001LTCまで下げたいとしていた。)

ライトコイン手数料の推移は、以下の通りだ。

出典:
BitInfoCharts

手数料下落の影響は

手数料の急激な下落は、マイナーの収入減に繋がり、コミュニティを弱体化させかねないという懐疑論もあるが、そもそもライトコインの手数料はライトコインのマイナーの収入源の1%に過ぎないため、マイナーの活動には大した影響を与えないという見方もある。

ライトコインの開発者の一人である「Adrian Gallagher氏」は、ライトコインの手数料が下がることは良いことだと語っている。

ライトコインの普及のためには、手数料の下落はいいことだと考えている。ブロックにはまだ余裕があり、ブロックサイズは20GBと他のコインに比べてかなり小さい。

弱気市場が終わるのは、そう遠くない。今後3〜6ヶ月で市場の反転が見られるはずだ。今回の手数料の下落は、その後訪れる活発な取引の「重要条件」になるだろう。

CoinPostの関連記事

ライトコイン チャート・価格・相場・最新ニュース一覧
ライトコイン(Litecoin/LTC)のチャート・価格・相場や、最新ニュース一覧を掲載しています。また、ライトコインとは何か、通貨の概要やその詳細も解説しています。
なぜ仮想通貨は現金を凌駕するのか|ライトコイン創始者チャーリー・リー氏
ライトコイン創始者であるチャーリー・リー氏は、仮想通貨は従来の法定通貨に勝る固有の価値をもたらし、唯一の特性があることを述べた。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら