CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨0.15BTC(約11万円)で購入可能:次世代ブロックチェーンスマホ「EXODUS1」と「Finney」比較

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

次世代ブロックチェーンスマホ比較
台湾大手メーカーHTCがブロックチェーンスマホ「EXODUS1」を発表した。法定通貨では購入できず、11万円相当のBTCかETHで購入できるという。Finneyと比較して紹介している。

次世代ブロックチェーンスマホ比較

Web3 sumitの2日目、台湾大手「HTC」がブロックチェーン・スマートフォン「EXODUS1(エクソダス・ワン)」を発表した。

インターネット(Android OS)から遮断したオフラインの「コールドウォレット」として、ビットコインやイーサリアム、ライトコインといった仮想通貨を保管できる機能「Zion Wallet」も備えているという。

ブロックチェーン・スマートフォンでは、先日、SIRIN LABが「Finney(フィニー)」の販売を発表、予約を受け付けている。

この記事では、これら2つのブロックチェーン・スマートフォンの機能面の違いに着目、まとめている。

EXODUS(エクソドス)1について

台湾のスマホメーカー「HTC」が、すでに予約販売をスタートさせているブロックチェーン・スマートフォン。これも、クリプトアセットをどのように安全に管理するのか、ユニークなアイデアを提案している。

ハードウェア内の安全地帯:エンクレーブ

HTC EXODUSでは、Android OSを採用している。このOSが、ハードウェア内に確保されている「セキュアエンクレーブ」というロックされた領域を保護している。

このセキュアエンクレーブに仮想通貨を扱うキーが格納され、仮想通貨、およびノンファンジブルトークン(代替不可能トークン)を安全に保管することができる。

EXODUSの素晴らしいところは、これだけではない。開発チームは『一箇所に集めることは避ける』という思想を持っており、それを形にしたキーの保管方法を、EXODUSでは実装。それが、ソーシャルなキーの保管方法だ。

家族・友達・親戚が助けあうSocial Key Recovery

今現在、明らかになっている情報から考えられるSocial Key Recoveryの仕様は、以下のようなものだ。

  1. デバイスのセットアッププロセス中に、少数(3〜5人)の連絡先を選択するよう求められる
  2. 選択した人たちと特定のアプリを共有。アプリを介してのみアクセスできるキーが格納されており、それの一部を本人と選択した数人の人たちが受け取る
  3. あなたがデバイスを紛失してしまった場合、あらかじめ指定した人たちの助けを借りることでキーを復活させることができる
  4. 復活したキーを使うことで、あなたは自分のウォレットにアクセスできるようになる

「秘密鍵を自分自身だけではなく、周囲の知人・友人にも管理してもらう」という発想は、さすがオープンソースによるオープンブロックチェーンならでは。

主なスペック

パフォーマンス:Qualcomm ®Snapdragon ™845

容量:128GB

バッテリー:3500mAh

ディプレイ:Quad HD

カメラ:高品質12MP + 16MPメインカメラ

Bokehと8MP + 8MPデュアルフロントカメラ

オーディオ:HTC BoomSound™ハイファイ版

購入方法

EXODUS 1は、10月23日から予約開始されている。今の所、米国・台湾・香港・シンガポールなど34カ国で販売される見通しで、支払いには、仮想通貨ビットコインかイーサリアムを使用可能だ。

いずれも、本体価格11万円ほどの価格となっている。

・ビットコインで購入する場合

価格:0.15BTC(約10.8万円)

・イーサリアムで購入する場合

価格:4.78ETH(約10.8万円)

公式サイト:https://www.htcexodus.com/us/product/

Finneyとは

出典:finney

ブロックチェーン・プロジェクトの一つである Sirin Labsが開発を進めているブロックチェーン・スマートフォンのこと。本体価格はこちらも約11万円となっている。

イスラエルに籍をおく企業であるSirin Labs。

オペレーティングシステム、スマートフォン、ブロックチェーン対応のデスクトップコンピュータなどを開発し、ブロックチェーンのスマートフォン市場に取り組むことを目指している。

「Finney」スマートフォンは、「シンクライアントのプラクティスに基づいて構築された最初のブロックチェーンオールインワンPC」というキャッチコピーで特徴付けられているSirin LabsのFinney PCと組み合わせるように設計されている。

つまり、スマートフォン単体ではなく、PCと組み合わせることで最大の価値を発揮できるように設計されているのだ。

また新たにSIRIN Labsの最新動画が公開された。

Introducing FINNEY™ – The premier blockchain smartphone with cold storage wallet from SIRIN LABS on Vimeo.

Finneyのセキュリティ

Finneyは、オフライン上に仮想通貨などのデジタル資産を保管できるコールドウォレットとして利用され、dAppsの利用をスムーズにすることができる設計になっている。

安全性を考慮すれば、既存のコールドウォレットである「Ledger Nano S」などの選択肢がある。

しかし、これらはクリプトアセットを引き出し、dAppsに使うためにはPCを使う必要があり、不便であると言わざるを得ない。安全性は高いが、利便性がとても低いのが現状だ。

そこでFinneyは、利便性と安全性を両立する仕組みを構築した。それが、BlcokShieldによって管理されている解析不可な領域にウォレットを埋め込んでいること、および「指紋+ロックパターン+行動要因」を統合している『3要素認証』だ。

これらを採用したことにより、たとえスマートフォンを紛失し、他人の手に渡ったとしても、本人でない限りはクリプトアセットを奪われずに済む。

主なスペック

Qualcomm Snapdragon 845

CPU:2.8 GHz octa-core(8コア) Kryo 385

バッテリー:3280 mAh

メインカメラ:12 MPixel, f/1.8

フロントカメラ:8 MPixel, f/2.2

他の注目すべき機能:バッテリーのシェア

もしもスマートフォンの充電が切れてしまっても、心配無用。SRNトークンを持っていれば、データプランを共有できるようになっている。

購入方法

購入にはSRNトークンを利用できる。先行予約は、下記サイトから可能だ。

将来的には、ヨーロッパ圏のAmazon(イギリス、フランス、スペインなど)でも購入できるようにする計画とのこと。詳細は、こちらのサイトから確認できる。

先行予約:https://preorder.sirinlabs.com/

CoinPostの関連記事

携帯電話業界世界第3位Huawei:ブロックチェーンを活用したスマホ開発か
サムスン、Appleに次ぐ世界第3位の携帯電話メーカー「Huawei」が、Sirin Labsと提携して、ブロックチェーン技術を活用したスマートフォンを開発しているという情報が伝わっています。
HTC×チャーリー・リー(LTC):ブロックチェーンスマホのアドバイザーに就任
30日、台湾家電メーカーHTCは、新型ブロックチェーンスマートフォンのExodusのアドバイザーとしてLitecoin(LTC)の創業者であるチャーリー・リー氏が就任すると発表した。
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/03 金曜日
16:25
イーサリアム、上海アップグレードに向けて3回テストを予定
仮想通貨イーサリアムのコア開発者グループは定期会議を実施。メインネットでの上海アップグレードは最短で3月中旬に実施可能になるとの見解も出ている。
14:15
FTX Japanの事業売却、入札期限が延長
経営破綻した仮想通貨取引所FTXの事業売却について、日本法人「FTX Japan」などの入札プロセスが1か月ほど延長された。FTXは「合理的なビジネス上の理由」と述べており、有利な入札条件を集めるねらいがあるようだ。
13:30
史上最大4MBのビットコインNFTがミント、コミュニティは賛否両論
仮想通貨開発者のUdi Wertheimer氏は、ビットコインマイニング会社Luxor Miningの協力を得て、史上最大のBTCブロックを占めるNFTの鋳造に成功したと発表した。
12:33
メタマスク、プライバシー機能を拡張
仮想通貨ウォレット最大手Metamaskは、RPCネットワークの変更機能を設置した。また、フィッシング詐欺の検出や着信トランザクション通知などを行うサードパーティサービスを使用するトグル機能を追加した。
12:15
抵抗線で揉み合うビットコイン、移動平均線のゴールデンクロス迫る
ダウ反落を受け3日にかけて暗号資産(仮想通貨)市場も反落。ビットコインは50MA(中期移動平均線)と200MA(長期移動平均線)のゴールデンクロスが迫っている。
11:50
米マイクロストラテジー、ビットコイン保有で250億円の減損計上
米上場企業マイクロストラテジーは2022年第4四半期の決算を報告。財務資産として保有する仮想通貨ビットコインについて約254億円の減損を計上している。
10:20
米連邦地裁、コインベースに対する集団訴訟を却下 株価大幅高
米ニューヨーク南部地裁は、仮想通貨取引所コインベースに対する集団訴訟を却下した。訴訟は、コインベースが未登録証券を取り扱っていると申し立てるものだった。
09:55
AWS、Web3の人材を募集
アマゾンのクラウドサービス部門AWSは現在、Web3チームの人材を募集。また、ebayは仮想通貨やNFTに関する職種など、複数のポジションでWeb3関連の求人を行っている。
08:30
Optimism、初のアップグレードは3月実施を提案
仮想通貨イーサリアムのL2「Optimism」のOptimism Foundationは、ネットワーク初となるアップグレードBedrockの実施時期を3月にすると提案した。
02/02 木曜日
16:53
プロトレーダー向けNFT市場「Blur」の戦略とは
イーサリアムのNFT経済圏では、プロトレーダー向け NFTマーケットプレイス「Blur」のシェアが急拡大している。2月1日時点でBlurの出来高は7,248 ETH(15億5900万円)でOpenSeaを上回った。
16:35
平議員「なぜ日本の政策にweb3が必要なのか」 岸田総理は前向きな答弁
自民党web3 PT座長の平将明議員は、衆院予算委員会にてデジタル分野における国家課題(政府のweb3政策)について質問を行い、岸田総理は前向きな見解を示した。web3には暗号資産(仮想通貨)・ブロックチェーン、NFT、メタバース、DAOなどが含まれる。
12:35
テザーCTO、セルシウスからの借入を否定 破産報告書に反論
テザー社のPaolo Ardoino最高技術責任者は、破綻した暗号資産(仮想通貨)融資企業セルシウスの破産報告書で指摘された融資内容について強く否定した。
12:20
ChatGPT、サブスクプランを発表
米OpenAIが、世界各国で流行するAI言語モデル「ChatGPT」の月額20ドルのサブスクリプションプラン「ChatGPT Plus」を発表した。ChatGPT無料版は引き続き提供し、ユーザー獲得に結びつける方針だ。
12:03
FOMC好感でビットコイン24000ドル台に上昇、イーサリアムは前日比5%超
警戒されていたFOMCおよびパウエル議長会見内容が市場に好感され株や暗号資産(仮想通貨)が反発。ビットコインが24000ドルを回復したほか、Shanghai(上海)アップグレードを控えるイーサリアム(ETH)が上昇した。
11:40
Stargate Finance、STGトークン再発行を提案
Stargate Financeは1日、すべてのSTGトークン再発行を提案した。アラメダリサーチのウォレットから資金が不正流出していることをリスクとして指摘している。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア