テザー社が560億円相当のUSDTを「破棄」 仮想通貨業界における新たな疑惑は論争に発展

560億円相当のUSDTが破棄される
USDTの発行企業テザー社は、5億USDT(560億円相当)を破棄(焼却)し、トークンを売却した事が明らかになった。発行とは逆の工程を行い、USDに戻し、テザーを破棄することになる。

560億円相当のUSDTが破棄される

USDTの発行企業テザー社は、5億USDTを破棄したことが明らかになった。

出典:omniexplorer.info

USDTの動きをトラッキングするOminiブロックチェーンデータにて、テザー社は5億USDTを同社の金庫アドレス(1NTMakcgVwQpMdGxRQnFKyb3G1FAJysSfz)からUSDTの発行用アドレスへ移され、その後破棄されたことが確認できる。

なお、同社はこの発行アドレス(3MbYQMMmSkC3AgWkj9FMo5LsPTW1zBTwXL)を明かしているため、同アドレスの用途については確認済みだ。

トランザクションが確認された直後、そのUSDTは流通量から排除され、完全に破棄されたという。

なお日本時間2:29に、テザー社は今回USDTの破棄に関する以下のような公式声明を発表している。

出典:tether.to

先週、テザーは流通していた多くのUSDTを換金した。

よって、5億USD(560億円相当)に相当するUSDTをテザー金庫から破棄し、残り4億6600万USDTはそのまま金庫のウォレットに保管し、将来の発行に当てる。

当初、テザーの発行と換金はテザーのホワイトペーパーに記載してある通り、OMNIブロックチェーンにより、閲覧できるようになっている。

要するに、発行とは逆の工程を行い、USDに戻したUSDTを破棄したことになるが、CoinDeskの報道によると、その大半がBitfinexからのものとされている。

存在しないUSDTデータをめぐる論争

また、ビットフィネックス/テザー疑惑の新たな火種が話題になった。

米仮想通貨メディアCoinDeskが10月23日に掲載した「ビットフィネクスは存在しないテザー市場のデータを公開している」と題した記事に対し、米仮想通貨取引所BitfinexがTwitter上で反論した。

このAPIは、ビットフィネックスからの、USDTの入金/出金の合計だ。弊社は、偽の数字を”公表”してはいない。 そのAPIは、’movement_volume’と呼ばれるもので、弊社のティッカーAPIではない。弊社から公表されるのではなく、コインマーケットキャップ社が取り出すものだ。ビットフィネックスとテザーに対する恐怖や不安、疑念を煽る、あまり上手くない別の例にすぎない。」

事の発端は、CoinDeskが、テザーと米ドル(USDT/USD)のペア取引がBitfinexの取引サイトには存在しないにも関わらず、仮想通貨データ集積サイトのCoinMarketCap社のBitfinex市場ページに、第2位の出来高として表示されていることに疑念を抱いたことから始まる。

出典:CoinMarketCap

実際、Bitfinexのユーザーは、自身の口座を介して、米ドルとテザー(USDT)の入出金はできるものの、このペアで直接取引は提供しておらず、売買を行うことはできない。

この疑念に対し、CoinMarketCap社のグローバルマーケティング責任者である、Carylyne Chan氏は、このBitfinex社のAPIが何を表しているのか「困惑している」と語り、Bitfinex社に直接、何度もコンタクトをとって回答を要請したものの、Bitfinex側から明確な回答は得られていないとしていた。 

その当時、Bitfinex社のマーケティング責任者は、「Bitfinexには直接のUSDT/USDペアは無いので、それは何かの入出金だろうと思う。」と回答を寄せていたものの、CoinDeskの記事掲載で問題化した後に、「あるウォレットへの入出金を監視するものだ」という追加説明を、ウォレットのアドレスと共に告知し誤解をといた。

これにより、間違った出来高が、CoinMarketCapのbitfinexデータ上に表示されていることが明らかになり、価格にも影響しているのではないかとの指摘がされたのだ。

それに対し、CoinMarketCap社の広報主任であるLuke Wagman氏は、「弊社の表示する価格は、出来高加重平均価格で表示しており、Bitfinex社のUSDT/USD市場は、その平均価格に2%以下の影響しか与えないため、集積されたテザー全体の価格に顕著な影響はない。」と述べている。

なお、この報道を受け、前出のCoinMarketCap社のChan氏は、Bitfinex社の出来高が反映されないように表示方法を修正、未だデータとして削除こそされていないものの、該当データは平均価格算出データからは外されたようだ。

テザーの懸念は依然晴れず

しかし、米ドルと連動するステーブルコイン、USDTを取り巻く状況は、大局的にはあまり芳しくないように見受けられる。 裏付けとなる米ドル準備金の不透明性や、経営陣を同じくする、発行元のテザー社と取引所Bitfinexの関係に対する疑惑、一連の預託銀行ならびに監査法人との関係解消問題などに対する鬱積した不安感が、今月に入り一気に、USDTの価格の下落という形で表面化した。

USDT/USDペア取引を提供している、つまり、USDTを米ドルに換金できる、少数の仮想通貨取引所の一つKraken では、10月15日には、一時、USDT最安値である0.85ドルの値をつけ、その取引高も過去最高を更新した。 執筆時のUSDT価格は、0.986ドルに回復しているものの、ペグ通貨の優位な特性とされる1:1を保つことはできていない。

著名な仮想通貨投資家で、ビットコインの熱烈な支持者でもあるMike Novogratz氏は、最近市場に参入した他のステーブルコイン、例えば、取引所Geminiが発行するGUSDの方が、USDTより「より筋が通っている」とし、USDTは「仮想通貨市場における”透明性“という点では機能していない」と述べ、批判している。

本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

仮想通貨USDTを売却可能な米取引所にテザーが集中「保有量が2倍以上に」|時価総額は1ヶ月で25%減
10月に入り、USDTの価格が大きく揺らいだ。15日には一時最安値0.85ドルの値をつけ、ペッグする法定通貨のドルと15%も価格乖離が発生。1ヶ月でおよそ25%の時価総額が減少した。また、疑惑募るUSDTが米取引所に集まっている事実が明らかになった。
ビットコイン急騰時に急落した「USDT」が18カ月ぶりの最低水準を記録|テザー疑惑を振り返る
15日、ビットコインの急騰と逆相関を示すような形で、テザーが急落して異常値を付けた。発行会社を運営するビットフィネックスで価格乖離が生じたことから、相場操縦疑惑も再浮上している。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら