スウェーデンの国家仮想通貨「e-クローナ」:2019年中の運用テストを計画

スウェーデン中央銀行の計画
Riksbank(スウェーデンの中央銀行)はキャッシュレス社会の実現を加速させるべく、法定仮想通貨「e-クローナ」の開発を進めている。今後、決済のデジタル化の進行は免れないトレンドであるが、デジタル決済の市場を民間機関に抑えられることを避けるためにも、開発は急ピッチで進めなければならないとしている。
e-クローナの導入
e-クローナのパイロットテストは2019年に、実際の流通は2021年に開始することを計画している。スウェーデンは国家が主体となって仮想通貨を導入する初めての国となるかもしれないが、いずれにせよ、世界的に見て現金や紙を使った支払いのやりとりはやがて利用されなくなるだろう。

スウェーデン中央銀行の計画

スウェーデンの中央銀行であるRiksbankでは、キャッシュレス社会の実現を加速させるべく、経済活動の地盤をデジタルへシフトしようとする動きが見られる。

スウェーデンなどのスカンディナヴィア諸国ではキャッシュレスがもたらすメリットを考慮し、キャッシュレス社会を目指す動きが進行している。

スウェーデンには、もはや現金を取り扱わない銀行も現れており、高齢者のように新しい技術にキャッチアップすることが難しい人々にとって大きな問題となっている。

そんな文脈の中、中央銀行が主体となって進めている取り組みのひとつに国家仮想通貨「e-クローナ」の開発がある。

中央銀行は、法定デジタル通貨という選択肢は国の経済システムの安定性を維持するために今後必要不可欠なものとなるだろうと考えている。

スウェーデン国民の中には現在開発が進行中である法定仮想通貨のe-クローナに対して懐疑的な立場を示す国民もいるが、同行はその開発の速度を緩めたりはしないだろう。

e-クローナはリリース当初は現金との併用により使用される予定だが、やがてはスウェーデンにおける主要な支払い手段として利用されることを同行は望んでいるようだ。

中央銀行は、最大限仮想通貨の開発へのコミットをしなければ、他の民間機関がその役を担うことになり、中央銀行の立場が揺らいでしまうことを危惧している。

同行は昨年12月にリリースしたe-クローナに関するレポートの中で、以下のように記述している。

デジタルでの決済手段を持たないために資金利用が減少している会社や消費者が存在している。 この中には高齢者や、何らかの理由でデジタルの支払い手段を持てない、もしくは使用することができない人々が含まれている。 民間機関がこのような人々を含めて完全な支払いサービスを提供することは期待できないため、我々が最大限の責任を持ってデジタル決済への取り組みを進めていく必要がある

e-クローナの導入

同行はe-クローナの本格的な導入前に行うパイロットプログラムを2019年中に行い、2021年には完全な流通を開始することを考えている。

この新しい法定通貨は仮想通貨としての特徴を多く持つこととなるが、実際にフィアット通貨として認可され、当局によって資産として扱われるため、現在使われているフィアット通貨との類似点の方が多い。

スウェーデンは国家が主体となって仮想通貨を導入する初めての国となるかもしれないが、いずれにせよ、世界的に見て現金や紙を使った支払いのやりとりはやがて利用されなくなるだろう。

デジタル決済においてはP2Pでの支払いがもっとも理想的な選択肢ではあると思われるが、それに伴うリスクのアセスメントや、発行や偽装対策に関する手法の確立は仮想通貨に求められる最初の関門となるだろう。

CoinPostの関連記事

スウェーデンがビットコインを通じてキャッシュレス社会をリード
スウェーデン・スカンディナヴィア諸国では国民の現金離れが進んでいます。将来的には現金を廃止し、デジタル通貨を使用するという検討案が出されていて、ビットコインもその有力候補です。
欧州トップのブロックチェーン友好国スイス:自国発行デジタル通貨「eフラン」調査へ
ブロックチェーン友好国として知られるスイスが、自国発行のデジタル通貨「eフラン」についての調査を始めました。しかし、スイス国内でも政府発行のデジタル通貨に対しては賛否両論です。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加