CoinPostで今最も読まれています

週央のCPIとFOMC結果次第で、ビットコインは出鼻を挫かれる可能性も|bitbankアナリスト寄稿

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

6/1(土)〜6/7(金)の仮想通貨相場

国内大手取引所bitbankのアナリスト長谷川氏が今週のビットコインチャートを図解し、今後の展望を読み解く。


目次
  1. ビットコイン・オンチェーンデータ
  2. bitbank寄稿

ビットコイン・オンチェーンデータ

BTC取引数

BTC取引数(月次)

アクティブアドレス数

アクティブアドレス数(月次)

BTCマイニングプールの送金先

取引所・その他サービス

bitbankアナリスト分析(寄稿:長谷川友哉)

今週、6/1(土)〜6/7(金)の仮想通貨相場の仮想通貨相場週次レポート:

今週のビットコイン(BTC)対円は確りとした推移となり、7日正午時点ではおよそ2週間ぶりに1100万円台で推移している。

先週末に起きた国内での不正BTC流出事件を受けて、一時は1050万円近辺まで値を下げたBTC円だったが、材料を週末のうちに消化すると、今週は買い戻しが入り、小締まる展開で取引を始めた。

また、Roaring Kittyことキース・ギル氏が1.8億ドル相当のゲームストップ株(GME)の保有を明かすと、一部ミームコイン相場が上昇した。

一方、BTC円が1100万円にタッチしたタイミングでドル建てBTCは下降チャネル上限にタッチし反落。さらに、この日はNY証券取引所(NYSE)でシステムの不具合が発生し、60銘柄を超える株の相場が乱高下した結果、取引が中断され、それを嫌気した米株市場の下落につれてBTCも上値を重くした。

しかし、数時間後にはNYSEの取引が再開され、BTCは1060万円台で踏みとどまると、翌4日には4月のJOLTs求人件数の下振れを受けて上値を追う展開に転じた。

さらにこの日は、米国の現物ビットコインETFに3月以降初めて8億ドルを超える資金の純流入が確認され、BTC円は1100万円乗せに成功、ドル建てでは遂に下降チャネルからのブレイクアウトに成功した。

その後も米労働需給の緩和を示すデータや、ECBの利下げといった材料があったが、7日の米雇用統計を控え様子見ムードが強まり、相場は1100万円台前半で踊り場を形成している。

【第1図:BTC対円チャート(1時間足)】
出所:bitbank.ccより作成

5月31日に発表された4月米個人消費支出(PCE)価格指数はほぼ横ばいと無難な結果となる中、国内ではBTCの不正流出事件が発覚し、先週のBTCドルは結局下降チャネルのブレイクアウトに失敗したが、米労働市場の需給逼迫改善が示唆されたことで、相場は遂に今週チャネル上限を上抜けた。

ただ、7日の米雇用統計を控えブレイクアウト後の相場は上げ渋っており、同指標が目先のBTC相場の方向感を決める取引材料となりそうだ。

パターンフォーメーションの観点からは、ブレイクアウト後の相場はチャネル形成直前の値動きと同等幅動くと言われ、今後約2週間の間にBTC相場は9万ドル近辺まで上昇余地があると指摘される(第2図)。

【第2図:BTC対ドルチャート(日足)】
出所:Glassnodeより作成

来週は週央12日に5月の米消費者物価指数(CPI)の発表と、6月米連邦公開市場委員会(FOMC)の最終日が重なる。

4月の米CPIの上昇は、エネルギー価格の上昇が主導していたと言え、5月の伸びはさらに鈍化すると指摘され、それほど警戒していないが、FOMCは6月会合後に経済見通しの最新版を公開する予定で、前回の見通しと比べて年内の利下げ回数想定(3回)がどれだけ減っているかが予想しづらい。

市場の年内利下げ回数のコンセンサスとしては、9月と12月の計2回となっているが、Q1のインフレ高止まりによってFOMCメンバーの多くは慎重姿勢を強めている。

4月のインフレ指標の改善や直近の労働需給緩和も勿論のこと加味される筈だが、年内の利下げ回数想定が1回にまで減ってしまうと、折角下降チャネルからブレイクアウトしたBTCは出鼻を挫かれる可能性があるだろう。

関連:bitbank_markets公式サイト

前回のレポート:31日の米PCE結果はブレイクアウトの成功を左右する材料となり得る|bitbankアナリスト寄稿

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12:30
ソラナブロックチェーンに「ZK圧縮」導入、レイヤー2無しで実現
ソラナブロックチェーン上でゼロ知識処理レイヤーを開発するLight Protocolとソラナのノード技術を提供するHeliusは22日、「ZK圧縮」というソラナのメインネットで直接利用できる技術をリリースした。
10:40
アーサー・ヘイズ氏、仮想通貨市場の上昇可能性語る 農林中金の外債売却計画背景に
BitMEXのアーサー・ヘイズ前CEOは日本の銀行が抱える米国債の問題を背景に、仮想通貨市場が上昇するとの独自見解を語った。
09:50
米フィデリティ、イーサリアム現物ETF申請で7.5億円の初期資金調達
米資産運用大手フィデリティの申請中の現物仮想通貨イーサリアムETFは、流動性提供のためのシードファンディング(初期投資金)で7.5億円を受けたことが判明した。
09:30
英金融大手SCB銀、機関投資家向けの仮想通貨取引業務を準備か
イギリス拠点の多国籍銀行スタンダードチャータード銀行(SCB)はFX部門の一部として仮想通貨取引市場に参入する計画であることが21日に報じられた。
09:00
パンテラ、ソラナを「ブロックチェーン領域のmacOS」と評価
仮想通貨ソラナはブロックチェーン領域のmacOSのようであるとパンテラが評価。その理由を説明し、ソラナが成長していることを示すデータも公開している。
06/21 金曜日
17:00
コナミやネクソン、企業がアバランチを採用する理由 AVAXの役割と買い方を解説
コナミやネクソンがアバランチを採用する理由を解説。暗号資産(仮想通貨)AVAXの役割や購入方法について詳しく紹介。投資家やユーザーに必見の情報を提供します。
14:00
ソラナDePINのHelium Mobile、機器メーカー向けに技術ライセンス供与を開始
分散型5G通信事業を展開するHelium Mobileは、機器メーカー向けに技術スタックのライセンスプログラムを開始すると発表した。独自ネットワークの拡大により、無線インフラ革命の加速を目指す。
13:15
円安ヘッジなどで30社以上の国内上場企業が仮想通貨を保有、日経報道
米マイクロストラテジーは2020年からインフレヘッジのためにビットコインを買い続けているが、日本企業の場合、進む円安の回避を目的とすることが多いようだ。
12:36
マイナー売り継続の中、ビットコインなど仮想通貨相場は冴えず
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコイン(BTC)が65000ドルを割り込んで2週連続続落している。半減期で資金繰りの悪化したマイナー売り継続が示唆される中、センチメントが悪化し、アルトコイン相場も売り優勢が続く。
11:35
「日本で暗号資産を再定義する必要」自民党木原誠二氏と平将明氏語る
自民党の木原誠二議員と平将明議員は、ビットコインなど仮想通貨を法的に再定義する必要性について話した。
10:20
米地裁、「XRPの個人投資家への販売が証券である可能性排除できず」州法上の訴訟で
米地裁判事はリップル社に対する新たな訴訟を承認。仮想通貨XRPの個人投資家への販売が証券にあたる可能性があるとしている。
09:40
ETF申請企業Bitwise、イーサリアムの動画広告を公開
米国でイーサリアム現物ETFの宣伝競争が開始する可能性があるとの声が、BitwiseがNFT動画広告を公開したことで上がった。動画の内容も明らかになっている。
08:30
マイナー売り継続か、ビットコイン保有量が21年以降の最低水準に 
マイナーの仮想通貨ビットコインの保有量が、21年以降の最低水準にある。今月10日には、OTC取引でマイナーが1,200BTCが売却したことが確認された。
07:35
トランプ氏、ウィンクルボス兄弟から約31 BTCのビットコイン寄付金を獲得
ビットコイン古参勢であるウィンクルボス兄弟は一人ずつ15.47 BTCを寄付し、11月の大統領選でトランプ氏に投票すると宣言した。
06:40
bitFlyer、FTXジャパン買収合意 加納CEO「暗号資産預託事業をコアに」
日本の暗号資産取引所ビットフライヤー(BitFlyer)がFTXジャパンを買収し、カストディ事業を新たなコア事業として展開する方針を示した。加納CEOのコメントと共に、詳細を解説。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア