CoinPostで今最も読まれています

ビットコイン続落で2週連続陰線、市場から警戒される3つの下落要因は?

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

マクロ経済と金融市場

前週末21日の米NY株式市場は、ダウ平均株価は前日比15.5ドル高の39,150ドル、ナスダック指数は32.2(0.18%)ポイント安の17,689で取引を終えた。

米国株の暗号資産(仮想通貨)関連銘柄では、コインベースが前日比3.9%安と続落した一方、大量保有するビットコインをさらに買い増したマイクロストラテジーの株価は1.2%反発した。

一方、マラソンデジタルやライオットなどのマイニング関連銘柄はいずれも10%弱反落した。マイニング関連銘柄は、2024年米大統領選の候補者であるドナルド・トランプ前大統領と米マイニング企業代表の会合および支援表明を受け急騰していた。

CoinPostアプリ(ヒートマップ機能)

関連:トランプ氏、ビットコインマイニングの支持を表明 企業CEOらと面会

仮想通貨市況

暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコイン(BTC)は前日比2.0%高の1BTC=63,200ドルに。

BTC/USD週足

時価総額上位の主要アルトコインでは、イーサリアム(ETH)が2.6%安、ソラナ(SOL)が5.4%安、XRPが2.1%安となった。

アナリストのJustin Bennett氏は、このままビットコインが底割れした場合のダウンサイドリスクについて、「1BTC=52,000ドル〜54,000ドルまでの下落は十分あり得る」との見立てを示した。

その上で、「72,000ドルを超える上昇が起これば弱気トレンドは否定されるものの、高止まりするインフレ指標やドル指数(DXY)などの推移を踏まえると決して楽観はできない」としている。

関連:ムード悪化のビットコインは売りシグナル点灯、来週は材料豊富な1週間に|bitbankアナリスト寄稿

相場の下落要因は

FRB(米連邦準備制度)の金融政策における利下げ期待後退などマクロ経済の影響もありつつ、クリプト起因の下落要因としては、主に3つの理由が挙げられる。

1つ目は、ビットコイン現物ETF資金フローであり、ここのところ流出超過が続いている。

21日までに6営業日連続の流出となり、総額1億600万ドルに及んだ。21日にはフィデリティのFBTCから4,480万ドル(67.2億円)、グレースケールの投資信託ビットコイントラスト(GBTC)から3400万ドル(51.3億円)の流出が確認された。 

また、調整局面におけるドイツ政府のビットコイン売却では、直接的な影響は限定的ながら、市場心理悪化につながった可能性がある。

ブロックチェーンインテリジェンスサービスArkhamのデータによれば、ドイツの政府機関にあたる連邦刑事警察庁(BKA)は20日、6億ドル相当のビットコイン(BTC)を移動し、そのうち1億3000万ドルをKrakenやBitstampを含む4つの取引所に送金した。

これは、2008年から2013年にかけて88万本以上の海賊版映画を配信した罪で告発され、違法取引やマネーロンダリングの疑いで押収された多額の犯罪収益にあたるもので、資産の処分およびドイツの国家予算補填に充てるために売却されたか。

これまでに1億9,500万ドル以上のBTCが売却されたとみられるが、依然として30億5000万ドル相当のBTCがウォレットに保有されている模様だ。

米司法省の例では、過去にダークウェブ「シルクロード」を巡る犯罪収益として押収された多額のビットコインが売却されたこともある。

関連:ドイツ当局、670億円相当のビットコインを移動

そして、昨今の暗号資産(仮想通貨)相場低迷の一因として最も有力なのは、ビットコインマイナー(採掘業者)の売り圧力である。

24年6月だけで3万BTC(20億ドル相当)を売却しているからだ。

今年4月に実施された4年周期のビットコイン半減期を経て、マイニング報酬が6.25 BTCから3.125 BTCに減少したことでマイナーの採算性が悪化。電気代や設備のメンテナンス費用、人件費などのランニングコストを賄うため、手許資金の確保を迫られていると見られる。

マイナーは、採掘報酬として得た暗号資産(仮想通貨)を取引所で売却して現金化しているが、オンチェーンデータ分析によれば、マイナーのビットコイン備蓄量は14年以上ぶりの最低水準にまで減少している。

この点についてオンチェーンアナアナリストのWilly Woo氏は、ビットコインマイナーの重要指標であるハッシュリボン(Hash Ribbons)を分析した。

ハッシュリボンは、ビットコインのネットワークハッシュレート(採掘の計算力)の移動平均を示すもので、30日移動平均(短期)と60日移動平均(長期)を比較するものだ。

ビットコインの価格が大幅下落し、採掘コストが利益を上回る状態が続けばマイナーの降伏(キャピチュレーション)とみなされるが、キャピチュレーション後に大手マイナーがネットワークを支配し、ハッシュレートが回復し始めるとハッシュリボンがゴールデンクロスし、買いシグナルが点灯する。

過去の相場サイクルでは、ハッシュリボンの買いシグナルはビットコイン市場にとってポジティブな兆候とされ、底値圏からのトレンド転換の前兆となるケースが度々確認されている。

現在のキャピチュレーション期間は2ヶ月(60日間)以上続いており、過去のキャピチュレーション期間と比較して長期間に渡るが、Ordinal InscriptionsやRunesによる想定外の利益増がマイナーの撤退を遅らせているとの見方もある。

関連:ビットコインの新規格「Runes」、半減期後の需要殺到でBTC取引手数料が急騰

19年11月〜20年11月におけるハッシュリボン点灯時と相場の値動きは次の通り。比較的信頼性の高いシグナルとされている。

ハッシュリボン(19年11月〜20年11月)

その上でWilly Woo氏は、Bitcoin Speculation Intensity」(ビットコイン投機強度)を根拠に、市場の冷え込みがあと1〜4週間続く見通しを示した。

今後、費用対効果の低いマイニングマシンしか稼働できないような非効率な中小マイナーが降伏して市場から淘汰されれば、ハッシュレート(採掘速度)の推移およびハッシュリボンに反映され、相場の転換点を示唆する底打ちシグナルとして意識される可能性がある。

関連:ビットコインの買い方|投資メリットやリスク、おすすめ取引所は?

関連:ステーキングや積み立てサービスに優位性、仮想通貨取引所「SBI VCトレード」のメリットを解説

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/13 土曜日
14:00
直木賞作品『宝島』映画へ小口投資可能、Securitize Japanがセキュリティトークンを発行へ
Securitize Japan株式会社は、直木賞受賞作『宝島』の実写映画に関するセキュリティトークンを発行すると発表した。
13:00
MakerDAOのRWAトークン化コンテスト ブラックロックなどが応募を計画
MakerDAOのDeFiプロトコルSparkは、現実資産(RWA)トークン化コンテストを発表。ブラックロック、スーパーステート、オンドなどが応募を計画している。
12:00
米デリバティブ大手CME、仮想通貨XRPとICPの指数を提供へ
米大手デリバティブ取引所CMEは11日、仮想通貨XRPとICPのリアルタイム指数および参考基準レートを新たに提供する予定を発表した。両銘柄の価格はニュースを受け値上がりしてい流。
10:30
米SEC、ビットコインL2・仮想通貨「Stacks」への調査を終了 法的措置行わず
米SECはビットコインのL2プロジェクトStacks(STX)への調査を終了。証券性をめぐり法的措置を行う予定はないことを意味する。
09:55
ソラナ基盤のDePIN「グラス」、クローズドベータ版の最終段階へ
ソラナ基盤のDePINプロジェクト「グラス」は13日、クローズドベータ版の最終エポックを日曜日に始まると発表した。より大規模なネットワーク構築へ向けて普及を進めている模様だ。
08:00
コインベース、今後の仮想通貨相場を分析
24年3Qの仮想通貨市場は価格変動が大きくなる可能性があると分析したレポートをコインベースが公開。その根拠を説明している。
07:20
米ジェネシスもビットコイン売りか、弁済のため1200億円相当を取引所へ入金
破綻した仮想通貨融資企業ジェネシス・トレーディングにリンクするウォレットから、コインベースに12,600 ビットコインを送金していたことが判明した。
06:55
ドイツ政府売り終了か、ビットコイン残高ゼロに
ドイツ政府の連邦刑事警察庁(BKA)の仮想通貨ビットコインの売圧はついに終焉を迎えたようだ。13日早朝、そのウォレットの残高はゼロとなった。
07/12 金曜日
18:00
ドージコインの価格動向と将来性 イーロン・マスクとの関係や決済機能の近況
主要なミームコイン、暗号資産(仮想通貨)ドージコインの価格予想、将来性、リスクについて解説。イーロン・マスク氏との関係や、今後注目されるXでの決済導入にも注目。
17:30
JPモルガンのビットコイン市場予測 8月に反発か
JPモルガンは、仮想通貨ビットコインの生産コストや金価格を考慮し、市場全体への資金流入予測を120億ドルから80億ドルに引き下げた。ビットコインの大量売却が7月中に緩和し、8月以降の市場反発が期待される。
13:45
米連邦地裁、コインベースによるゲンスラーSEC委員長のメール開示請求を批判
米連邦地裁のファイラ判事は、米大手取引所コインベースが証券取引委員会に対する訴訟で、ゲンスラー委員長の私的通信の開示を求める申し立てを行ったことについて強い懸念を示した。
12:33
米CPIポジティブでビットコイン上昇も、買い続かず
暗号資産(仮想通貨)相場ではCPI(米消費者物価指数)発表を受けビットコイン(BTC)が一時上昇するも、レジスタンスライン(上値抵抗線)で阻まれ下落に転じた。
11:40
「仮想通貨保有者は超党派」米コインベースの大統領選挙関連調査
米コインベースは大統領選と仮想通貨に関する調査を発表。共和党、民主党いずれの支持者にも同程度、仮想通貨ユーザーがいるとしている。
11:00
ソラナ基盤の「DePlan」、遊休サブスクをレンタルして収益化
仮想通貨ソラナ基盤DePINプロジェクト「DePlan」が概要を発表。ユーザーは購読しているアプリの未使用部分をレンタルして収益化できる。
09:50
パクソス、米SECによるBUSDの調査が終了したことを発表
BUSDは有価証券ではないと主張してきたパクソスは、米SECの調査が終了したことを発表。BUSDについて、SECは同社を提訴しないと決断したと説明した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/07/17 09:00 ~ 18:30
東京 東京ミッドタウン八重洲
2024/07/18 ~ 2024/07/19
東京 国立新美術館
2024/07/22 18:00 ~ 21:00
東京 銀座 日東コーナー 1948
重要指標
一覧
新着指標
一覧