ビットコインキャッシュ、dApps開発向けの新規格「BDIP」を公開

ビットコインキャッシュのdApps向け新規格が公開
ビットコインキャッシュのネットワーク上でdAppsの開発を行うプロジェクト提案の場を設ける事を目的とした新規格、BDIPが、日本人開発者の宇佐美氏によって提案された。

BCHネットワークの新規格、BDIPが公開

11月15日に予定されているハードフォークを前に、ここ数日で急激な価格上昇を見せているビットコインキャッシュ(BCH)だが、11月3日、新たに、分散型アプリケーション(dApps)開発の提案を行う場を提供しようと、BDIPという規格が世界最大のソフトウェア開発プラットフォームGitHub上に公開された。

ビットコイン(BTC)の技術的な限界を改善するため、2017年8月に分岐して単横したビットコインキャッシュ(BCH)は、アップデート内容について対立している2つのチェーン(BitcoinABCとBitcoinSV)に分裂してしまう可能性が取り沙汰されており、バイナンスなどがサポートアナウンスを行ったことをきっかけに「付与通貨の可能性」を目的とした買いが殺到している。

仮想通貨ビットコインキャッシュが6万円まで急騰|高騰要因のハードフォークはどうなる?
ビットコインキャッシュは11月15日に技術的なアップデートによるハードフォークを迎える。その際、ビットコインキャッシュのチェーンはアップデートの内容について対立している二つのチェーン(BitcoinABCとBitcoinSV)に分裂する可能性があるが、投資家の中には付与通貨を目的とした買いが殺到している。

BCHに特化したウォレットを提供しているYenom(エノム)社の開発者チームによってローンチされたこのBDIPとは、Bitcoin Dapps Improvement Proposal (ビットコインdApps改善提案)の略で、ビットコインブロックチェーン上のBIP (Bitcoin Improvement Proposal)や、イーサリアム・ブロックチェーン上の「EIP (Etherium Improvement Proposal)」モデルに相当するものだと説明されている。

開発者の宇佐美俊氏は、ツイッターで、その開発理由を次のように述べている。

GitHubの概略説明によると、BDIPは、BitcoinのdAppsコミュニティに、機能の簡潔な技術仕様とその機能の根拠に関する情報を提供する設計仕様書式で、 BDIP作成者は、コミュニティ内でコンセンサスを構築し、反対意見を文書化する責任を負うものとされている。

また、BDIPは、新しい機能の提案、課題に対するコミュニティの技術的インプットの収集、Bitcoin dAppsに取り入れられた、設計決定を文書化するための主要なメカニズムとなることを見据えていると述べている 。

BDIPはバージョン管理されたリポジトリ内のテキストファイルとして管理されるため、改訂履歴は、同時に機能提案の履歴ともなる。

BDIPにより、プログラマーならびにユーザーは、次のような一連の作業が可能になる。

  • 実装の状況確認
  • フィードバック提出
  • 課題の確認
  • 開発者の活動状況

そのため、開発者チームは、このプロセスがBCHチェーン上に構築された分散アプリケーションを追跡するのに適した方法だと考えているようだ。

BDIPは次の3つのタイプから構成されている。

1. スタンダードトラックBDIP

Bitcoin dApps実装に関する変更事項

2. 情報BDIP

設計に関する課題、一般的な情報とガイドライン(新しい機能提案はしない)

3. メタBDIP

Bitcoin dAppsのプロセス説明または、プロセス変更のための提案

なお、この概略説明で使われている Bitcoin dApps とは、 ビットコインではなく、ビットコインキャッシュを指している点に注意していただきたい。

BDIPプロセスの公開は、BCHコミュニティ内では歓迎されている様子で、既に同日中にBCH開発者の一人が、” dApps ID” というコードを公開している。

このBDIP開発を行ったYenom社は、スマートフォン向け英単語学習アプリ「mikan」 の開発からスタートした企業で、共同設立者でCEOの宇佐美峻氏が、ビットコイン技術の魅力に取りつかれたことから、ウォレット開発に着手したという背景がある。

また10月半ば、米サンフランシスコで開催されたBCH ハッカーソンで優勝を果たしたYenom社の開発者チームは、同月21日に、Deep Link Payment Protocolという支払いプロトコルを提案している。

ウォレットと他のアプリとの通信システムに相当する、このプロトコルを使用することで、ユーザーはウェブサイトのリンクをクリックするだけで、BCH建てで、商品の支払いができるという。

価格低迷と低い価格のボラティリティが続く仮想通貨市場だが、その裏では着実に開発活動が続いている模様だ。

CoinPostの関連記事

仮想通貨ビットコインキャッシュが6万円まで急騰|高騰要因のハードフォークはどうなる?
ビットコインキャッシュは11月15日に技術的なアップデートによるハードフォークを迎える。その際、ビットコインキャッシュのチェーンはアップデートの内容について対立している二つのチェーン(BitcoinABCとBitcoinSV)に分裂する可能性があるが、投資家の中には付与通貨を目的とした買いが殺到している。
ビットコインキャッシュ(BCH):ストレステストを実施、新記録を達成
2018年9月1日ビットコインキャッシュチェーンはストレステストを行い、昨日で約200万のトランザクションが処理され、BCHはリップルやイーサリアムの一日のトランザクション処理数をしのいだ。その期待感からか、9月2日にはBCH価格の値上がりが見られた。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用