CoinPostで今最も読まれています

バイナンス、情報配信に係る仮想通貨プロジェクトの評価基準「Gold Label」を導入|既に複数アルトで評価事例も

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

バイナンスが、情報配信に関する新プロジェクト発足
仮想通貨取引所Binanceが、適切な情報を提供を行う仮想通貨プロジェクトに対して、Binanceの認定基準を新たに導入した。直接的なプロジェクト評価ではないが、Gold Labelバッジを取得で、世界最大級取引所Binanceにより、コミュニティ、ブランド力、透明性、名誉という4つの側面から恩恵を受けることができるとされている。

Binanceの正確な仮想通貨情報配信に関する新プロジェクト発足

11月26日に仮想通貨取引所Binanceは、そのユーザーに対して適切な情報を提供を目的するBinance Info Gold Label Projectと呼ばれるプロジェクトの開始を公表した。

出典:Binance

Binanceの公式ブログでは、仮想通貨業界において様々なプロジェクトが台頭してきているものの、それらのプロジェクトは非常に優れたものと杜撰なもので2極化しており、1日の取引量が1万円に達しないプロジェクトは全体の5分の1に相当すると指摘した。

このような状況の中では、透明化を測り、信頼性のある的確な情報が投資家に重要であるとした上で、今回のGold Labelプロジェクトによって仮想通貨プロジェクトの「情報配信度」に関する評価情報が提供される予定だ。

そして、仮想通貨ユーザーに適切な情報を定期的に発信する優良プロジェクトであると判断された場合はGold Labelバッジを取得でき、世界最大級の仮想通貨取引所Binanceによって、コミュニティ、ブランド力、透明性、名誉という4つの側面から恩恵を受けることができると記述されている。

重要な点として、この評価基準とされるのは、あくまでも定期的に行う正確な情報発信であって、各プロジェクトの将来性や質によるものではないということだ。

定期的な情報発信が行われるということは、その仮想通貨、または、トークンを直接的に管理する中央集権的な組織(企業)が存在していることを暗に意味し、表裏一体でもあると考えられる。

この点を踏まえると、比較的分散型のビットコインやイーサリアムがGold Labelバッジを取得していないという点も特筆すべき事柄であると言えるだろう。

一方で、このプロジェクトは、情報配信を通じたプロジェクトの活動値も測ることができる点などから、二極化された仮想通貨プロジェクトの中で、詐欺的で粗悪なものを判別する際には有効であるとも考えられている。

Binance Infoの責任者を務めるRock He氏は、今回のプロジェクトに対し、以下のようなコメントを述べた。

「このGold Label Projectには、さらに多くのプロジェクトが参加して欲しい。Gold Label Projectは単なる名誉や認知を高めるものではないのだ。私たちは、このプロジェクトを通じて、情報の透明化を向上させ、情報の質を高めていくことで、ブロックチェーン分野の成熟を促進していければと考えている。」

Gold Label Projectの対象プロジェクト

この新プロジェクトにおいて、Binance Infoは公式Twitterアカウントで「下記プロジェクトがBinance Infoによって公式に認可され、今回のプロジェクトに参画しているものだ。」とツイートしている。

このツイートによると、少なくとも下記の10プロジェクトが今回のGold Labelバッジを取得していると考えられている。

  • Bluzelle(BLZ)
  • ælf(ELF)
  • Ontology (ONT)
  • TRON (TRX)
  • NULS(NULS)
  • Gifto(GIFTO)
  • CyberMiles(CMT)
  • Skycoin(SKY)
  • Qtum(QTUM)
  • QLC Chain(QLC)

そして、このツイートを参照し、Binance Infoの公式サイトと照らし合わせていくと、公式サイトのトークン名の右側にゴールドの”V”というマークが今回タグ付けされたプロジェクトと一致していることが明らかになった。

つまり、このBinance Info上での、ゴールドの”V”マークこそがGold Labelバッジを示唆している可能性が高く、定期的に情報発信を行う優良プロジェクトであるとBinanceによって認可されていることが伺える。

出典:Binance Info

そして、Binance Infoの公式サイトで時価総額上位100位に入っており、同様にGold Labelバッジ(トークン名の右側 ゴールドの”V”)が確認できたプロジェクトを下記に並べた。

  • Binance Coin(BNB)
  • Litecoin (LTC)
  • NEO(NEO)
  • Nano(NANO)
  • IOStoken(IOST)
  • GXChain(GXC)
  • Wanchain(WAN)
  • QuarkChain(QKC)
  • DigixDAO(DGD)
  • Project PAI(PAI)
  • Nebulas(NAS)

もしそのゴールドの”V”がGold Labelバッジを示唆するものであれば、上記のプロジェクトも今回のGold Label Projectに参画していると言える。

このように、既述のプロジェクトが現時点でGold Label バッジを取得しているものであると考えられているが、Binanceは現在もその応募を締め切っていないため、バッジを取得していくプロジェクトは今後も増えていくとされている。

そして、現在バッジを取得しているプロジェクトも定期的にその情報発信の頻度が検査され、その水準がGold Labelに見合ったものかが精査されていくと示唆された。

あくまでも、プロジェクトの優良度を直接測る手段とはならないが、これまで不透明性さが投資家の不安材料にあった仮想通貨業界において、プロジェクトを測るひとつの見方として重要な動きとなりそうだ。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

バイナンスのCZ氏、CNBC番組内で仮想通貨市場の強気転換を語る
CNBC AFRICAの番組CRYPTO TRADERにCZ氏が出演した。司会のRan NeuNer氏はCZ氏に対し、低迷する仮想通貨市場の強気市場転換の鍵は何かとの質問を投げかけ、また先月からおよそ50%減少した取引所の取引量に関しても質問をしている。
仮想通貨取引所バイナンス、西日本豪雨被災地支援の寄付内容を公開
世界最大級の仮想通貨取引所バイナンスが今夏行なった西日本豪雨被災地支援を目的とした募金活動について報告書を発表。ビックカメラ、広島県呉市やももたろう基金などが総額約5670万円分の寄付金支払いを仮想通貨で受けた。
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/21 日曜日
11:31
1000万円台回復の今週のビットコイン相場分析、来週はトランプ登壇のBitcoin 2024に注目|bitbankアナリスト寄稿
bitbankアナリストが、大統領選を見据えたトランプトレードの影響で1000万円を回復した今週の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン相場を分析。Bitcoin 2024への関心は高い
11:00
週刊仮想通貨ニュース|トランプ氏のBTCカンファレンス出席意向に高い関心
今週は、ドナルド・トランプ前大統領のビットコイン・カンファレンスへの出席意向、コインベースの仮想通貨市場分析、トランプ氏の人事計画に関するニュースが最も関心を集めた。
10:00
今週の仮想通貨市場 個別銘柄の注目材料まとめ|マウントゴックスのビットコイン送金・ワールドコイン売却制限延長など
今週はビットコインが1ヶ月弱で66,000台に復帰し、アルトコイン銘柄の多くが連れ高になった。マウントゴックスの弁済による売圧が予想以下であり、トランプ氏が当選確率を上げたことで投資家に好感されている。
07/20 土曜日
14:00
ネクソン、NFTゲーム『メイプルストーリーN』のシナジーアプリなどを発表
大手ゲーム企業ネクソンの子会社NEXPACEは「メイプルストーリー・ユニバース」エコシステムのローンチとその仕組みを発表した。
12:00
テレグラムのTON基盤ゲームPixelverse、独自の仮想通貨エアドロップ実施へ
テレグラム上で稼働するTONブロックチェーン基盤の「タップして稼ぐ(tap-to-earn)」ゲーム Pixelverseは独自の仮想通貨を発行し、ユーザーへエアドロップする予定だ。
11:00
世界でマイクロソフトITに大規模システム障害 仮想通貨への影響は?
世界各国のマイクロソフトITシステムに障害が発生した。分散型システムを取る仮想通貨に注目が集まったとする意見が上がっている。
10:00
Apple Payでミームコイン売買、ソラナ基盤「Moonshot」アプリ
Moonshotは19日にローンチされたばかりのiOS版アプリで、初めからApple Pay決済を利用することができる。
09:15
ソラナDEXレイディウム、ユニスワップの30日間手数料超え 高速チェーンへの高い需要を反映
ソラナのネットワーク基本手数料はイーサリアムの126分の一だが、処理速度が速く低コストで取引できるため、政治テーマや犬・ねこのミームコインへの高い取引需要で利用回数を大幅に増やしている状況だ。
08:10
伊国営金融機関、ポリゴン上でデジタル債券の取引に成功
仮想通貨ポリゴンのブロックチェーンを活用し、伊国営金融機関CDPがデジタル債券の取引に成功。これは、欧州中央銀行の実験の一環だという。
07:35
コインベース、仮想通貨3銘柄上場廃止 
米仮想通貨取引所大手コインベースは20日、Coinbase.com、Coinbase Exchange、Coinbase Primeにて、3銘柄の取引停止を実施した。
07:00
Mt.Goxの弁済進捗65%、ウォレット残高に1000億円相当のビットコイン 
経営破綻したマウントゴックス(Mt.Gox)のウォレットには、まだ1,000億円相当のビットコイン(90,344 BTC)が残っており、65%ほどの弁済が行われている。クジラの買い増し機会として利用される可能性が出てきた。
06:20
フィデリティ含む5つのイーサリアム現物ETF、7月23日に登場へ
米デリバティブ取引所Cboeによると、フィデリティやヴァンエックなどのイーサリアム現物上場投資信託(ETF)は7月23日に取引を開始する予定だ。
07/19 金曜日
17:23
イーサリアムの将来価格 ETF承認後の影響とテック株との比較
2024年5月に承認された暗号資産(仮想通貨)イーサリアムの現物ETFの影響と、株式市場上場後の将来価格を市場アナリストの見解を交えて解説。手数料収益に基づくテック株との比較も詳述。
16:08
JBA、暗号資産に関する税制改正要望を政府へ提出
日本ブロックチェーン協会(JBA)が2025年度の暗号資産(仮想通貨)税制改正要望を政府に提出した。申告分離課税や損失の繰越控除、暗号資産デリバティブ取引の適用、寄附税制の整備などを提案し、暗号資産の普及と市場活性化を図る。
13:15
香港当局がステーブルコイン規制法案を発表 今年中に立法会提出予定
香港の金融規制当局は、ステーブルコイン発行企業に対する規制導入についての公開協議結果を発表。今年中にステーブルコイン規制法案を香港立法会に提出する予定であると述べた。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア