【速報】世界最大級仮想通貨取引所バイナンスのBNBトークン、日本も含む45万軒以上のホテルの予約で利用可能へ

BNBトークンの新たなユースケース

本日、世界最大級の仮想通貨取引所バイナンスの独自のプラットフォームトークンBNBは、グローバルなホテル予約専門ブロックチェーン企業Tripio(トリピオ)の予約対象仮想通貨として、利用可能となっていると、Tripioのツイッターにて公表された。

Tripioは、日本や米国、中国や欧州などの国や地域における45万軒以上のホテル宿泊の予約と前払いの決済に特化したホテル予約専門のブロックチェーン企業である。

出典:Tripio

同社は、ホテルの予約決済用に、今までイーサリアム(ETH)や取引所フォビのHuobiトークン(HT)などが主な仮想通貨となっていたが、BNBの採用によって、BNBの需要と流動性に繋がると期待されている模様だ。

TripioによるBNBトークンの採用を受け、Binanceの代表者CZも実用性に期待感を寄せ、以下のようにコメントを述べた。

Tripioのこの最新機能をいち早く使って見たい。今のホテルをチェックアウトして、改めてBNBトークンで再予約したいほどだ。

BNBトークンのユースケースが段々と増えており、今回の決済追加に加え、直近ではオーストラリアの決済専門企業Travelbybitにおよそ2億8千万円を出資し、BNBによる決済が可能となったことも注目を集めている。

▶️本日の速報をチェック
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者6,000名突破。

CoinPostの関連記事

世界最大級投資仲介プラットフォームeToroに仮想通貨バイナンスコインが上場|初の法定通貨取引が可能に
仮想通貨取引所バイナンスの独自ERC20トークンであるバイナンスコインが大手SNSトレードプラットフォーム、eToroに上場する事が発表され、初の法定通貨との取引ペア実現となった。
バイナンス、情報配信に係る仮想通貨プロジェクトの評価基準「Gold Label」を導入|既に複数アルトで評価事例も
仮想通貨取引所Binanceが、適切な情報を提供を行う仮想通貨プロジェクトに対して、Binanceの認定基準を新たに導入した。直接的なプロジェクト評価ではないが、Gold Labelバッジを取得で、世界最大級取引所Binanceにより、コミュニティ、ブランド力、透明性、名誉という4つの側面から恩恵を受けることができるとされている。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら