CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨 Waves(ウェーブス)とは?/分散型取引所やトークン発行機能など、機能豊富なプラットフォーム

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

機能が豊富で、分散型取引所(DEX)、誰でも簡単に出来る独自トークンの発行、Airdrop、ICOプラットフォームとしての機能等がある
ICOプラットフォームとしても、MobileGO等の様々なICO通貨が存在します。
Microsoft Azure、世界四大会計事務所(ビッグ4)の一つデロイトCIS社、ロシア連邦の中央証券保管庫であるNSD等多くの企業と提携している
その他にも、大手ハンバーガーチェーンの「バーガーキング・ロシア」がWaves Platform内で独自仮想通貨「Whoppercoin」を発行すると発表した事が話題になりました。
目次
  1. 概要
  2. 今後の予定
  3. ニュース一覧
  4. 特徴
  5. おすすめ取扱取引所
  6. おすすめウォレット

概要

通貨コード WAVES
公開日 2016/4
コンセンサスメカニズム LPoS(Leased Proof of Stake)
発行上限 1億
公式サイト Waves公式サイト
ブロックチェーンURL Waves Blockchain Explorer(取引詳細)
White paper Waves White paper

今後の予定

日付 ニュース内容
2017 ロードマップ(Road to Waves 1.0)にて、追加の「gas」などの費用をかけずに、通常の取引価格によるスマートコントラクトの実装、Waves1.0実装後は、ライトニングネットワークやサイドチェーン、Moneroのような匿名性の実装を可能にする準備等が予定されている

ニュース一覧

日付 ニュース内容
2017/9/13 ICOで167億円を集めた、スマートトークンが特徴の仮想通貨、Bancorとのパートナーシップが発表される
2017/9/8 ロシアの取引所Tidexがイーサリアムアドレスとイーサトークン(ERC20トークン)のデポジットアドレスを統合、Wavesでも同じ仕組みを使う予定と発表
2017/8下旬 大手ハンバーガーチェーンの「バーガーキング・ロシア」がWaves Platform内で独自仮想通貨「Whoppercoin」を発行すると発表
2017/8/3 ウクライナの取引所Kunaと提携し、Wavesプラットフォーム上のICOで複数通貨の支払いを受付、またICO終了後DEXと合わせて上場することが可能に
2017/7/29 Waves Platformがロシア連邦の中央証券保管庫であるNSDと提携
2017/7/13 カザフスタン当局とイノベーション協定締結
2017/7/4 世界四大会計事務所(ビッグ4)の一つデロイトCIS社と提携
2017/6/28 イギリスを拠点とする取引所、EXMOエクスチェンジにWavesが上場
2017/5/9 Microsoft Azureと提携
2016/6/20 BittrexにWavesが上場
2016/5 ICOにより約16億円の資金調達に成功

特徴

Wavesはブロックチェーントークン化に焦点を当てた分散型ブロックチェーンプラットフォームです。

多くの企業がWavesに関心を抱いていて、Microsoft Azure世界四大会計事務所(ビッグ4)の一つデロイトCIS社ロシア連邦の中央証券保管庫であるNSD等と提携し、更には大手ハンバーガーチェーンのバーガーキング・ロシアがWavesプラットフォーム上で独自通貨発行を発表しました。

Wavesは様々な機能を備えていますが、まず代表的なのは分散型取引所(DEX)の存在です。Wavesプラットフォームの通貨の他にも、JPYやUSDといった法定通貨も取引可能であり、BTC/ETHといったWavesを介さない通貨ペアでも取引可能です。今後も更に対応通貨ペアは増えていくでしょう。

マルチゲートウェイ、法定通貨の取扱という面ではRippleに似ている部分もある、と公式ブログでは回答されています。

また、Wavesプラットフォーム上では誰でも簡単に安値(1WAVES)で独自トークンの発行が可能です。発行されたトークンは即座にDEXで取引が可能となります。

更にはICOプラットフォームとしての役割も担っています。ウクライナの取引所Kunaと提携することで、ICOでの複数通貨支払い受付、ICO終了後はDEXと合わせた上場も可能になりました。

多くのICOがWavesプラットフォーム上で実施されていますが、日本人に有名なのはMobileGOでしょう。

最後に、Leased Proof of Stake(LPoS)についても説明します。

この通貨では、「マイニング」ではなく「Lease(リース)」と呼ばれます。つまりは貸出です。

高額なPCを稼働し続けたりする従来の採掘作業とは違い、特定のプールにリーシングすることで報酬(Airdrop)を受け取ることが出来ます。

分散型取引所(DEX)とは?/中央集権型取引所との違いについて解説
分散型取引所(DEX)についての解説記事です。EtherDeltaや注目ICO通貨であった0x、Kyber Network等様々な分散型取引所プロジェクトについても触れていきます。

おすすめ取扱取引所

取引所 解説
BITTREX

BITTREX

取扱いアルトコインはPoloniexを超える190種類以上。ICOを迎え上場した新しいアルトコインや、無名のアルトコインなどを積極的に取扱う。

おすすめウォレット

Wavesのウォレットは様々な仮想通貨のサービスが実装されています。ゲートウェイやトークンの新規発行、ICOプラットフォーム機能、Airdrop、更には分散型取引所(DEX)も機能の一つとして実装されており、仮想通貨ウォレットの中でも特に多機能であると言えます。
『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/15 土曜日
08:50
ビットコインレイヤー2「Stacks」、9時間ほどブロック生成停止
仮想通貨ビットコインに属するレイヤー2ネットワーク「Stacks」は14日、ブロック生成が約9時間停止し、混乱に見舞われた。
08:30
金融庁、海外仮想通貨取引所LBankに警告
金融庁は6月14日、海外仮想通貨取引所「LBank Exchange」に対して、事務ガイドラインに基づき、無登録で仮想通貨取引を提供しているとして警告した。
07:55
BTC価格は25年末までに20万ドルへ=バーンスタイン
仮想通貨ビットコインの価格は25年末までに20万ドルまで上昇する可能性があると、バーンスタインのアナリストが予想を引き上げた。予想の根拠を説明している。
06:50
ビットコイン一時66000ドル割れ、280億円相当のロングがロスカット
仮想通貨ビットコインは15日、前日比1.3%安。14日深夜に66,000ドルを割り込み一時65,000ドルまで急落。その後反発し、66,000ドル台を回復した。
06:00
マイクロストラテジー、ビットコイン買い増しの資金調達額を引き上げ
より多くの仮想通貨ビットコインを購入するために、マイクロストラテジーは14日、転換社債売却の発行額を引き上げた。
05:45
DMMビットコイン、顧客補償用ビットコインを調達完了
暗号資産取引所DMMビットコインは顧客への保証のためのビットコインをすべて調達した。
06/14 金曜日
17:45
オーケーコイン・ジャパン、トンコイン(TON)の新規取扱い開始を発表
国内暗号資産(仮想通貨)取引所OKCoinJapan(オーケーコイン・ジャパン)にトンコイン(TON)が上場することが発表された。TONは大手メッセージアプリTelegramが始めた分散型ブロックチェーンであるThe Open Network(TON)のネイティブトークン。
17:26
チリーズ(CHZ)が17日にハードフォーク Tokenomics 2.0を導入へ
Chiliz ChainがDragon8ハードフォークを計画。EIP-1559の実装とTokenomics 2.0で暗号資産(仮想通貨)CHZのユーティリティを強化する。
15:37
トンコイン(TON)が過去最高値を更新 テレグラム・エコシステムでの成長が後押し
暗号資産(仮想通貨)トンコイン(TON)は14日に史上最高値を更新し、一時8.00ドルに達した。テレグラム・エコシステムにおける統合と新機能の導入がその背景にある。
13:10
韓国最大手アップビット、RWA銘柄ONDOを新規上場
仮想通貨ONDOは、ブラックロックとPIMCOが提供する米国債ETFに投資するRWAオンチェーンファンドOndo Financeのガバナンストークン。発表後一時16%急騰していた。
12:30
リップル社、罰金はテラフォームラボの事例と比べても過大と主張 対SEC裁判で
リップル社は米証券取引委員会との裁判で、再度SECの提案した罰金額は過大と申し立てた。テラフォームラボの件を参照している。
12:19
ビットコイン相場はCPI・FOMC通過で乱高下、売り買いのシグナル交錯へ
暗号資産(仮想通貨)市場では、CPIやFOMC結果を受けビットコイン(BTC)が乱高下するなど一時ボラティリティが急上昇した。大手マイナーの売りシグナルやCMEの先物ショートの行方にも関心が集まる。
11:30
BNBチェーンとバイナンスラボ、BNB基盤プロジェクト支援へ
BNBチェーン基盤の仮想通貨プロジェクトはBIAに参加することで、バイナンス・ラボとBNBチェーンから出資を受けることができる。
10:40
ソラナなどアルトコインの現物ETFが承認される条件は? 識者が議論
仮想通貨業界の識者らは、ソラナなどアルトコインの現物ETFが米国SECから承認されるための様々な条件について議論した。
10:15
米バイデン大統領、ビットコインETF反対派のSEC委員の留任を希望
米バイデン大統領は、SECのクレンショー委員の留任を希望。クレンショー氏は、仮想通貨ビットコインの現物ETF承認の際に反対票を投じていた委員である。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア