スイス銀行による仮想通貨「ICO」、金融市場監査局(FINMA)から初認可へ

海外の金融メディア「Finance Magnates」によると、スイスのネット銀行「Dukascopy」が、スイス金融市場監査局(FINMA)によるICOの認可を受けたことが明らかになった。

ジュネーブを拠点に、リテール向けFX事業も展開する同社は、2019年の5月初めに仮想通貨「Dukascoin」のパブリックセールを予定。

また、それに続く形で「Dukasnote」という、テザーやUSDCの仕組みに類似したステーブルコインの発行も予定している。

現在、同社はパブリックセールに向けた最終調整を行っているが、規制に関する要項の全てをクリアしていることがFINMAより認められている。

なお、FINMAは今年2月、ICOのガイドライン発行を行なっており、スイス当局の仮想通貨への積極姿勢がうかがえる。同国は、”クリプトバレー”と呼ばれるツークを擁し、仮想通貨(ブロックチェーン)先進国の一つとされる。

CoinPostの関連記事

露三大銀行の一行、スイス支店での仮想通貨サービス提供に向けパートナーシップ締結
露ガスププロムバンクのスイス支店は、2019年半ばまでに仮想通貨対象のサービス提供を予定していることを公表した。仮想通貨による投資サービスなど様々なサービスを提供予定。スイスの巨大フィンテック企業Metacoやテック企業Avaloq社と協力関係を結んでいる。
スイスの金融市場監督局がフィンテックライセンスを発表|仮想通貨企業も対象範囲に
スイスの金融市場監督局FINMAが、技術革新を推進するため、新たに「フィンテック・ライセンス」に関するガイドラインを発表、仮想通貨・ブロックチェーン関連企業も対象範囲に指定された。これにより公金預金ルールが緩和、他重要点をまとめた。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら