CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨取引所 SBIバーチャル・カレンシーズ-最新ニュースや取扱通貨を随時更新!!

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

SBIが仮想通貨取引所を設立
金融業で有名な株式会社SBIホールディングスが仮想通貨取引所『SBIバーチャル・カレンシーズ』を設立しました。

ニュース一覧

※本日10月5日に仮想通貨取引口座開設の先行予約受け付けが開始されました!!

SBIバーチャル・カレンシーズが口座開設の先行予約受付を開始
SBIバーチャル・カレンシーズが、10月5日にホームページ上で仮想通貨取引所の口座開設の先行予約受付を開始しました。
日付 ニュース内容
2017/12/1 年明けにオープン予定と発表
2017/10/31 ビットコイン分裂といった市場状況を踏まえながら、セキュリティ重視でサービス開始日を決める、と発表。
2017/10/5 仮想通貨取引口座開設の先行予約受け付けを開始。
2017/9/29 仮想通貨交換業の登録が完了。本格的にプロジェクトが動き出す。
2017/09/28 SBIホールディングスが独自仮想通貨である「SBIコイン」を発行し、新しい決済用プラットフォーム構築プロジェクトを設立。
→詳しくはこちらから
2017/5/12 SBIバーチャル・カレンシーズ公式サイトが設立。
2016/11/1 SBIバーチャル・カレンシーズ株式会社を設立。
2016/10/27 SBIホールディングス株式会社が仮想通貨取引運営事業に参入することを発表。
→発表した公式サイト

取扱通貨一覧

  1. ビットコイン BTC
  2. ビットコインキャッシュ BCH
  3. リップル XRP

ビットコイン以外の取り扱い通貨は?

SBIホールディングスはリップルと深い関係にあり、仮想通貨交換業者登録一覧にリップルが乗っていなかったことから不安の声が上がりました。しかしリップル公式サイト取扱予定という事が記載されていたことから取り扱う可能性は濃厚かと思われます。

またサイトのTOPページのソースコードを見ると、

ビットコイン』『イーサリアム』『リップル』『SBIコイン』と記載されています。

これは検索でヒットさせたいワードを記述する部分なので、取り扱う通貨と無関係では無いのではないか?と憶測が飛んでいます。

ビットコインは確定、イーサリアム、リップルは取扱い濃厚のようなかんじですね。

SBIコインについてはまだ情報が少なく、どのように取り扱われるものなのか不明です。

SBIコインについてはこちらから↓↓

SBIが独自通貨「Sコイン」を発表/リップルとの違いを詳しく解説
SBIが発表した独自仮想通貨「Sコイン」について、現状の情報をまとめました。Sコインとリップルの比較についても詳しく解説します。

概要

SBIホールディングスは様々な事業を行っていますが、SBI証券住信SBIネット銀行など金融系で有名な企業です。

仮想通貨業界にも関心を持っており、2016年5月にリップルと提携して、『SBI Ripple Asia 株式会社』が設立しました。

この企業の目的は、

SBIグループとRipple(リップル)の知見と技術を融合させることで、日本及びアジアにおける「価値のインターネット」を実現することを目指します。

というもので、リップルのブロックチェーン技術を用いて、国内外の銀行と決済や送金を行う事ができるようにすることを目的として動いています。

そして、ついに2016年10月にSBIホールディングス自身が仮想通貨取引運営事業に参入することを発表しました。

公式HPでは

近年、ビットコインをはじめとした仮想通貨は主要メディアでも大きく取り上げられるほど高い関心を集め、既に活発な取引が行われています。また、本年5月に改正資金決済法が成立するなど、仮想通貨の取り扱いに関する政府や当局の方針も明らかになりつつあり、仮想通貨を取り巻く事業環境は整備されてきている状況です。

このような環境変化を背景とし、当社は投資家の多様なニーズに応え、新しい価値資産の運用機会を提供するべく、仮想通貨の取引所運営事業に参入することとしました。SBIバーチャル・カレンシーズでは、SBIグループ各社向けに仮想通貨の交換および取引サービスを提供するほか、さらには国内外の仮想通貨取引所との連携を通じ、取り扱う仮想通貨の種類の充実や仮想通貨を用いた発展的なサービスの開発を順次進め、投資家の新たな投資機会の創造に努めてまいります。

と記載されています。

現在は独自仮想通貨であるSBIコインの発行仮想通貨交換業の登録などを行い、着々とプロジェクトを進めています。

そして本日(2017年10月05日)に仮想通貨取引口座開設の先行予約受け付けを開始しました。

SBIバーチャル・カレンシーズが口座開設の先行予約受付を開始
SBIバーチャル・カレンシーズが、10月5日にホームページ上で仮想通貨取引所の口座開設の先行予約受付を開始しました。

まとめ

SBIバーチャル・カレンシーズが開始されれば、日本の仮想通貨業界はさらに盛り上がることになります。

インフラ面やサービス面で大きな期待が集まっており、場合によっては将来日本で最大手の取引所になるかもしれません。

これからも情報を追い、随時twitterやサイトで配信していきます。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/01 水曜日
14:00
独DekaBank、機関投資家向けに仮想通貨関連サービス提供へ
仮想通貨カストディ企業METACOは、ドイツの大手証券サービスプロバイダーDekaBankと提携し、機関投資家向けにデジタル資産のカストディ・管理業務を提供していくと発表した。
12:30
Uniswap、トークンブリッジ「Wormhole」をサポートへ
分散型取引所UniswapをBNBチェーンで展開する計画で、Wormholeのトークンブリッジを採用する方針が明らかになった。他DEXによるコピーを防ぐライセンスが期限を迎える前に多チェーン展開を目指す。
12:00
香港当局、仮想通貨とステーブルコインの規制方針決定
香港金融管理局は、仮想通貨とステーブルコイン規制に関する方針を発表した。昨年の関連協議書には、バイナンスやリップル社、アニモカブランズなども意見を寄せていた。
11:00
米ウォール街の金融大手、仮想通貨事業を拡大へ
米ウォール街の大手金融企業は、テラ騒動やFTX破綻などの影響で仮想通貨市場が低迷する中、デジタル資産事業を推進。各企業の事業を紹介する。
10:17
博報堂キースリー、トヨタ協賛のweb3ハッカソンを開催へ
博報堂キースリーは、web3グローバルハッカソン第一弾の開催計画を発表した。トヨタ自動車株式会社とのタイアップ企画であり、「企業内プロジェクト向けDAO支援ツールの開発」をテーマとする。
09:00
第4回「GM Radio」、ゲストはDeFi Kingdoms創設者ら
グローバル版CoinPostが主催するGM Radioの4回目の放送は、2月3日(金)の12:30からツイッタースペースで配信予定。今回のゲストにはLayerZeroとDeFi Kingdomsの幹部を招待する。
08:10
イーサリアム、公開テストネットをローンチへ
仮想通貨イーサリアムは日本時間2日の0時、ステーキング出金機能を備えた公開テストネットZhejiangをローンチする。今回は、テストネットの他のアップグレードも公表された。
08:00
NYダウや仮想通貨関連株反発 雇用指標の伸び鈍化などで
本日のニューヨークダウやナスダックは反発。AI関連株やOASやDYDXトークンは大幅上昇した。
01/31 火曜日
15:59
英プレミアリーグ、Sorareと複数年パートナーシップ締結
大手ブロックチェーンゲーム会社Sorareは、英サッカー団体「プレミアリーグ」と複数年のライセンス契約を締結したことを発表した。Sorareはプレミアリーグとの正式な契約金を非公開としている。」
14:32
TOEICやトヨタ、DX化で加速するブロックチェーン導入事例
日本でTOEICテストを実施・運営する国際ビジネスコミュニケーション協会は、TOEIC® Program公開テストのスコアに、ブロックチェーン技術を活用したデジタル公式認定証を導入することを発表した。
13:09
米サークル社、USDC準備金の監査済「担保資産」の保有を強調
米ドル連動型ステーブルコインUSDCを発行する米サークル社は、2022年12月の準備金レポートを公開。流通しているUSDCを約1.4億ドル上回る準備金を保有していることがわかった。
12:00
Sudoswap、ガバナンストークンを配布
NFTの自動マーケットメーカープロトコル「Sudoswap」は、ガバナンストークンSUDOのエアドロップを実施。プロジェクトの分散化のために、トークンベースのガバナンス機構をスタートした。
11:56
FOMC前に株や仮想通貨反落、ナイジェリアでBTCプレミアム急騰の背景は
FOMCを控え米株指数や仮想通貨相場は全面安に、高騰していたアルト下落が顕著にみられた。一方、アフリカ大陸のナイジェリアではビットコイン・プレミアムが一時60%発生した。
11:50
アラメダ、Voyagerに500億円超の返還求める
破産した仮想通貨投資企業アラメダリサーチは、米国の破産裁判所に訴状を提出。Voyager Digitalに対して、ローン返済分として支払った約580億円の返還を求めている。
10:50
国内初上場、bitbankがOasys(OAS)の取り扱いを発表
国内発のゲーム特化型ブロックチェーンのOasysは、ネイティブOasys(OAS)について、暗号資産(仮想通貨)取引所bitbankへの新規上場が決定したことを発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア