CoinPostで今最も読まれています

SBIが独自通貨「Sコイン」を発表/リップルとの違いを詳しく解説

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

SBIホールディングスが独自通貨「Sコイン」と決済用プラットフォームプロジェクトを発表
決済に特化した通貨である他、地方自治体や企業、金融機関がSコインプラットフォームを導入することで簡単に独自通貨を発行出来るようになる、という情報も発表されました。
BtoB(企業対企業)に特化したXRPとの違い、SBIとRipple社の関係性についての噂
Sコインは現状の情報ではBtoC(企業対消費者)通貨としての方向性を重視しているのではないかと思われます。

SBIホールディングスが独自仮想通貨である「Sコイン」を発行し、新しい決済用プラットフォーム構築プロジェクトを設立した事を発表しました。

公式ニュースページでは、政府が2027年までにキャッシュレス決済比率を40%に引き上げる計画をしている事にも触れ、地方自治体や他会社が独自通貨を発行する事も予想したSコインプラットフォームの構築を目指しているそうです。

地方自治体や事業会社、地域金融機関は本プラットフォームを導入することで大きな初期投資を必要とせず様々な地域のニーズに合ったコインを発行することが出来るようになるほか、コイン同士の交換も出来るようにする予定です。

また、スマートフォンでの決済についても触れられています。

ここまでの話の時点で技術的に高い目標を持っていることが分かりますが、SBI単独で開発する訳ではなく、独自の分散型台帳技術「Orb DLT」を開発した株式会社Orbと共同で開発を始めたようです。

SBIの子会社であるSBIインベストメント株式会社がOrbに出資していることも関係しているでしょう。

Sコインの詳しい内容についてはまだ明らかにされていませんが、日本円とのレートを安定させることによって決済手段として広く普及させたい考えだそうです。

レートを安定させることを文字通りそのまま捉えると、あくまでも予想ですが法定通貨(USD、米ドル)と一対一の価値を持つ「Tether」のような特徴を持った仮想通貨である可能性もあります。

日本の金融機関が発表した日本円と等価の仮想通貨という意味では、みずほフィナンシャルグループやゆうちょ銀行、その他多数の地銀が、日本円にペッグ(為替レートを一定に保つ、つまりは日本円と等価)した仮想通貨「Jコイン」を扱う会社設立を発表したニュースもありました。

SBIバーチャル・カレンシーズという仮想通貨取引所の設立も予定されていますので、PoloniexでのUSDT(Tether)のような基軸通貨になる可能性も考えられます。

日経新聞の、日本円とのレートを安定、といったニュアンスの文章だけでは等価であるとははっきりと言えないので、SBIからの発表がない限り確定ではありません。

予定では2018年春から社員向けにSコイン配布実験を行い、特定店舗で使えるようにするとのことです。

Ripple(XRP)との違い、Ripple社との関係性について

リップル(Ripple)について詳しくはこちら↓

なぜ、仮想通貨XRP(リップル)に関心が集まるのか|今後の将来性と重要プロジェクト
投資家の注目度の高い仮想通貨XRP(リップル)に関するSEC裁判の行方など、XRPのプロダクトや今後の将来性について、投資初心者でもわかるように解説しています。

SBIホールディングスはRipple社に約11%の比率で出資をしている、というSBI代表取締役である北尾吉孝氏の発言、更にはSBI Ripple Asia株式会社の設立等から、SBIとRippleには深い関係性があることが良く知られています。

よって今回のニュースで多くの仮想通貨トレーダーの方々が感じた事は、「SBI独自コイン発行?Rippleはどうなったの?」という事でしょう。

しかしその一方で、SBIがRipple社の株を多く保有している事は公表済みですが、XRPの保有については言及していないため、仮想通貨界隈では「SBIはXRPをそれほど保有していないのではないか?」という疑惑も囁かれています。

つまり、世界各国の主要銀行に注目されるRipple社のシステムには興味があるが、XRPという通貨にはそれ程拘りを持っていない、という意見です。

更に今回の独自通貨であるSコイン発行のニュースは、その意見を後押ししたかのようにも見えます。

しかし、それを確信するには、XRPとSコインにどのような違いがあるのかを理解しなくてはなりません。

XRPは決済に特化した通貨であることはよく知られています。今までの情報から、SBIはSコインを決済通貨として売り出そうとしていることが分かります。

ここまでは同じですが、現状ではXRPは銀行間送金等、BtoB(企業対企業)に特化した通貨を目指していると思われます。

それに比べてSコインはどうでしょうか。

<本プラットフォームで提供を目指す3つの価値>

①いつでも・どこでも安心して利用できる日常通貨

②決済コストの大幅な低減

③決済していることを意識させないフリクションレスペイメント

公式ページの解説画像、そして文章を見てみると、BtoC(企業対消費者)に特化した通貨を目指しているようにも見えます。

更にはSコインプラットフォームで地方自治体や他金融機関等が様々なトークンを発行、交換することも可能という方向性もXRPにはあまり見られないものです。

このことから、SBIはXRPの通貨としての立ち位置を理解し、重要視している、とも解釈出来ます。

まとめ

まだまだ謎に包まれるSコイン。

SBIとRippleの関係性など、これからもCoinPostでは多くのニュースを皆様にお届けしたいと考えています。

Twitterでは海外の情報を含めた最新情報を常にお届けしていますので、是非フォローして頂けると幸いです。

ブロックチェーン関連技術を活用した新たな決済用プラットフォームの開発に関するお知らせ

SBI Holdings 2017年9月28日

参考記事はこちらから

SBI、仮想通貨「Sコイン」発行へ 低コストで決済

日経新聞 2017年9月28日

参考記事はこちらから
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/23 木曜日
14:45
ブリリアンクリプト、Coincheckで「つるはしNFT」のINOを29日から開催
BrilliantcryptoがCoincheck INOでつるはしNFTの販売を開始へ。IEO参加者には優先購入権が付与されるなど、販売詳細が明らかに。暗号資産(仮想通貨)交換業者を通じて、新たなブロックチェーン資産にアクセスする機会。
13:55
「パラレル」カードゲーム、日本楽天ブックス提携でカードや漫画を流通へ
楽天ブックスはパラレルと提携することで、日本におけるカード、コミック、玩具などの販売代理店として、世界最大級のTCG市場に参入する橋渡しとなる。
13:35
韓国最大手アップビット、オアシスの新規上場を発表 OAS急騰
韓国トップの暗号資産(仮想通貨)取引所アップビットが、新規にオアシス(OAS)の取扱いを発表。OASは44%急騰している。OASはグローバル展開を進めており、バイナンス、コインベースなどトップ市場への上場に期待も高まる。
11:45
イーサリアムに続く現物ETFはソラナになる可能性 識者が議論
仮想通貨投資企業BKCMのブライアン・ケリーCEOは、仮にイーサリアム現物ETFが承認された場合、次に続くのはソラナになるだろうと意見した。
10:45
香港当局、ワールドコインを個人データ条例違反と指定
香港の個人データ保護当局は、仮想通貨プロジェクト「ワールドコイン」が条例に違反しているとして、虹彩データ収集活動などの停止を命じた。
10:10
NTT Digital、新プロジェクト「web3 Jam」を立ち上げ
ブロックチェーンを活用して円滑な企業連携を目指すプロジェクトweb3 Jamの立ち上げをNTT Digitalが発表。立ち上げの背景や今後の計画を説明している。
07:45
SECゲンスラー委員長反対も、仮想通貨法案「FIT21」は下院通過
米バイデン政権とSECのゲンスラー委員長は仮想通貨法案「FIT21」に反対を表明。どちらも投資家保護のルールが不十分だと主張している。
07:25
WisdomTree、イギリスでビットコインとイーサリアムETP上場承認を取得
米資産管理会社ウィズダムツリーは、仮想通貨ビットコインとイーサリアムの現物上場取引型金融商品をロンドン証券取引所に上場する承認を英金融当局から受けた。
06:55
仮想通貨ウォレット「メタマスク」、ビットコイン対応へ
ついにビットコインサポートか 暗号資産(仮想通貨)ウォレットのMetaMask(メタマスク)は、ビットコインへの対応を導入する予定のようだ。 公式発表はまだされていないが、Co…
06:05
ナスダック、ブラックロックのイーサリアム現物申請ETFフォームを更新
ナスダックによる書類の更新内容は、これまでアークやフィデリティなどのものに類似し、仮想通貨ETH保有資産のステーキングを行わないことを明記している。
05:50
エヌビディア純利益7倍の好決算、AI関連の仮想通貨銘柄連れ高
半導体大手エヌビディアの好決算を受けて、FETやRender、AR、AGIX、TAOなどの仮想通貨AI関連銘柄は全面高になった。
05/22 水曜日
16:43
暗号資産ステーキング報酬国内No.1のビットポイント、新たにSOL(ソラナ)を追加
暗号資産(仮想通貨)ステーキング報酬国内No.1のBITPOINT(ビットポイント)は、人気銘柄のソラナ(SOL)を新たに追加することを発表した。ビットポイントを利用するメリットについて解説。
15:34
米下院、包括的な仮想通貨法案「FIT21」採決へ 規制不確実性の解消目指す
米国連邦議会下院は22日、米SEC(証券取引委員会)の監督権限などを明確にすべく仮想通貨業界にとって大きな節目と指摘される「金融イノベーション・テクノロジー法」(FIT21)の採決を行う予定だ。超党派の支持を得ているため、承認が期待されている。
12:41
ETF承認思惑でイーサリアム3800ドル台まで続伸、ビットコインやソラナは利確売り優勢に
米エヌビディア決算を控え株価指数が様子見基調となる中、暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアムが現物ETFのSEC承認思惑で3800ドル台まで続伸。ビットコインやソラナは利確売り優勢と明暗が分かれた。
11:45
ビットコイン、日本円建てで過去最高値を更新
仮想通貨ビットコインは21日、日本円建ての過去最高値を更新し1,100万円を超えた。アルゼンチンやフィリピンでも最高値を更新している。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア