昨年末のビットコイン価格下落を予想した分析家が、独自考案の指標「NVT」を用いた最新仮想通貨相場分析を発表

著名アナリストWilly Woo氏の最新分析
昨年末の下落「ビットコイン6,000ドル割れ」の予想を的中させた著名アナリストのWilly Woo氏が、自身の考案した指標NVTで仮想通貨の実価値を計測した2019年の新たな分析を発表した。

仮想通貨の弱気相場は半年先まで続くか

著名なマーケットアナリストのWilly Woo氏(以下Woo氏)が、2019年の新たな分析を発表した。2018年末の急落から一時的に底をついた見方が多くある中で、同氏は依然仮想通貨市場の弱気相場は暫く続くと見ている。

同氏は昨年5月、他のアナリストがかなり強気な予想を展開していた中で、ビットコイン価格が6000ドルを下回る事を予想していた人物の一人だ。

なぜまだ仮想通貨市場は厳しい状況にあると考えているのか? Woo氏は、すぐに強気相場へ戻るとは考えにくい理由をデータを用いて分析した。

ボラティリティ上昇も取引量の累積には至らず

Woo氏は今週末、ここ数週間でのボラティリティ上昇が、仮想通貨の取引量を一気に増加させた可能性があったことを以下のように指摘した。

最初の出来高の急上昇はデトックスの迅速化と弱気市場の早期終了を示唆しているようであったが、実際は価格変動が大きくなったことによる単なる上昇の結果だった。6,000ドルから3,000ドル(約65万円から33万円)への移行は巨大な取引量を生み出したものの、(再度人が集まり)取引の累積が始まったことを示唆するものでは決してなかった。

と述べた。

仮想通貨の実価値を計測する指標、NVTとは

Woo氏は、取引に対するネットワーク価値の比率(NVT, Network Value to Transactions Ratio)が高まっていると述べた。

NVTとは

ネットワークの価値や利用頻度を測定する指標。仮想通貨特有の指標で低い数値は価格が実際の価値より低いことを指す。

算出方法:時価総額 ÷ 日間取引量

参考:Woo氏の公式HPHackernoon

NVTはWoo氏が独自に考案した指標であり、ビットコインなどの暗号通貨の価格が高すぎるか、低すぎるかを判断し、資産の本質的な価値を探るものだ。

NVTが高いということは、チェーン上で取引されている通貨価値が、ネットワーク上の評価より下回っていることを意味するという。

今回のボラティリティ上昇についてWoo氏は、

取引量はその後落ち着いた。NVTのチャートを振動の上辺に置くと、下降する。ここで重要なことは、私の解釈では、帯の上辺にいるということだ。上昇する動きは限られると考えられ、弱気の投資家が長期的には勝るだろう。

昨年11月、Woo氏はビットコインの下方圧力が2019年後半にまで続くと見て、仮想通貨市場の弱気相場も継続すると予想していた。

昨年、同氏はビットコイン(BTC)の価格は200日間の変動平均を超えることはないだろうと述べていた。

価格が(短期的に)跳ね上がることはあり得るだろうが、200日変動平均を超えることはないと思う。今のところ7000ドル以下ということだ。もし価格が200日平均を超えて動くようなことがあれば思い出してほしい…BTC-USDの8年に渡る取引の歴史の中では、市場が弱気から強気相場になったことを示す信頼のおける指標なのだ。弱気相場から抜け出すのはまだ時期が早すぎる。

CoinPostの関連記事

昨年大損失を被った米大手「仮想通貨投資ファンド」CEO、自社株大量買い増しで強気姿勢をアピール
昨年の下落相場で約150億円の含み損を抱えた米Galaxy Digital CEOが、自社株を約6億円買い増し、持ち株比率80%近くに引き上げた。仮想通貨市場への強気姿勢継続を内外に示した格好だ。
仮想通貨イーサリアム関連企業ConsenSysのCEO、「イーサリアムの将来性に楽観的」|ETHの強気相場にも注目
仮想通貨イーサリアム関連企業ConsenSysのCEOは、2018年の仮想通貨の底打ちを表明。2019年初頭の実用化を目途に現在開発中のイーサリアム・プロトコルに大きな期待をかけている。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら