仮想通貨ハードウォレットLedger、新商品「Nano X」を発表 16日配信開始のモバイルアプリとBluetooth連動

新ウォレット「Nano X」発表、Bluetoothでスマホと連動
大手仮想通貨ウォレット企業のLedger社がラスベガスで開催されたイベントで新ウォレットを発表。新たにBluetoothを搭載する事で、モバイルアプリとの連動や100種類の仮想通貨の保管が可能となる。

Ledger社の新ウォレット「Nano X」が新発表

仮想通貨ウォレットLedgerを手がけるLedger社が先日アメリカのラスベガスで行われたコンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)で新たなウォレット「Nano X」を発表した。

今回発表された新ウォレットの現段階で明らかとなっている特徴は主に以下の3点である。

  • Bluetooth機能によるモバイルアプリとの連動
  • 大きいメモリ容量
  • ピクセル数の増えた大きい画面

モバイルアプリとの連動

Bluetooth搭載の背景にはスマホや携帯からのウォレットアクセスを可能とする新アプリとの連動があるとLedger社のCEOであるEric Larchevêque氏は説明した。

Nano Xと連動するモバイルアプリがあるのは我が社の仮想通貨ウォレット商品ラインナップとしては大きな進化だ。

仮想通貨ウォレットの課題の一つとして利便性の低さがあったが、スマホと連動することでアクセス面が改善するとLarchevêque氏は期待している。

またNano Xはプライベートキーを保管するものだが、実際に送金する為にはモバイルアプリへのアクセスが必要であるため、安全性も向上できると述べた。

なお、公式サイトによると上述の新アプリは16日からGoogle PlayとiTunes Storeからダウンロードが開始される予定だ。

大きいメモリ容量

新発表のNano Xでは従来のNano Sの6倍以上である100の仮想通貨銘柄を保管できるが、そのためにより大きなメモリ容量が必要となる。

メモリ容量が拡張された理由には、新通貨の保管や送受金を行う為にはそれぞれ別々のプロトコルが必要となる為、通貨ごとに異なるアプリを作成する必要があるそうだ。

その為、多くの第三者開発者がアプリ作成に携わっており、この恩恵として一つのアプリから一つの仮想通貨しかアクセスできないというセキュリティ面での利点が挙げられる。

より多くの操作コマンドが導入されるため、ユーザーが利用しやすい様に画面も既存のNano Sより大きくなる予定だ。

またLarchevêque氏は具体的な価格については言及しなかったが、既に世界で売上130万台を誇るNano S版の価格が低下するとコメントした。

▶️本日の速報をチェック
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者10,000名突破。

CoinPostの関連記事

ビットコイン4000ドル上回り ライトコイン時価総額6位に浮上、Bitfinexの大型メンテナンスは本日午後7時|仮想通貨モーニングレポート
ビットコインは7日、重要ラインの4000ドルを上回り前日比6%以上上昇。好材料で上昇中のライトコインは時価総額6位となった。本日19時よりBitfinex及びEthfinexは大型メンテナンスでサービス休止、相場急変動に要警戒。
ICOの分類と規制方針が明確に、仮想通貨ウォレット業務も定義|金融庁 第11回研究会
仮想通貨規制に関する第11回討議では、4月10日の第1回討議から過去10回に及ぶ討議内容を総括する形で、重点的に協議されたICO規制に加え、ウォレット業務の定義についても規制された。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら