仮想通貨STOプラットフォームtZEROが来週末にリリース予定|60社とセキュリティトークン発行について協議中

有望なSTOプラットフォームのリリースが来週末に迫る
仮想通貨STOプラットフォームであるtZeroが来週末の1/26にまでリリースする予定であると同社CEOが発言した。tZEROはSTOプラットフォームとして高い期待が寄せられているプロジェクトの1つであり、自社のSTOを昨年8月にも実施している。
tZEROに上場するトークンは
tZEROは自社のセキュリティトークンをこのプラットフォーム上で取り扱うと考えられる他、60社とセキュリティトークンの発行について話を進めているという。その企業の中には、自動車ベンチャーであるElio Motors、中国ファンドのGSR Capitalなどの名が挙がっている。

有望なSTOプラットフォームのリリースが来週末に迫る

STO(セキュリティトークン・オファリング)プラットフォームであるtZeroが来週末の1/26にまでリリースする予定であると、同社CEOのPatrick Byrne氏が言及した。

Byrne氏はCoinDeskの取材に対し、「すでにリリースの準備は整っているが、ユーザー登録のためにあと数日間を要する」と述べている。

tZEROはSTOプラットフォームとして期待が寄せられているプロジェクトであり、株式・債券や金・不動産などの価値を持つ資産が裏付けられたトークンをセキュリティトークンと呼び、同社はこれらを上場・取引できる取引システムを築くことを目指している。

これまでに同社は、tZEROのセキュリティトークンを機関投資家向けに販売し、開発に要する資金をSTOにより調達した。このトークンは1/10に提供が開始され、トークン保有者はtZEROの業績に応じて配当を受け取ることができるという。

つまり、tZEROの実質的な株式としてセキュリティトークンが用いられる予定だ。

また、tZEROは米大手Eコマース企業OverstockのベンチャーファンドMedici Venturesの子会社であり、投資家からの信用も高いプロジェクトで、昨年12月にも、Medici Venturesの代表であるJonathan Johnson氏が”tZEROのリリースは1月に行われる予定だ”と述べている

tZEROに上場するトークンは

tZEROは今後、Medici Venturesで前COOを務めたSteven Hopkins氏によって率いられる予定だ。同社は現在、迫るリリースに向けて 2つの管理職の採用を急いでいる。トークン発行の責任者と、インハウスのディーラー責任者、すなわちtZEROのリテール顧客をまとめるポジションの2つだ。

tZEROは自社のセキュリティトークンをこのプラットフォーム上で取り扱うと考えられる他、60社とセキュリティトークンの発行について話を進めているという。中でも、Byrne氏はおそらく次にSTOを行う企業として自動車ベンチャーであるElio Motorsの名を挙げている。

また昨年12月には、中国ファンドのGSR CapitalがtZEROプラットフォームでコバルト取引のためのトークンを発行すると報じられた。GSR Capitalは日産自動車のバッテリー事業を買収したことでも知られる。

同時に同社は3000万ドル(約33億円)に相当するtZEROのトークンを購入する形で、tZEROへの出資を行う予定だと伝えられた。しかし、この提携はGSR側の要望により延期となり、出資はまだ実現されていないとByrne氏が明らかにしている。

CoinPostの関連記事

米eコマース大手Overstock:STOプラットフォームtZEROにて投資家向けセキュリティトークンの提供開始を発表
米eコマース大手「Overstock.com」が所有するセキュリティトークンのプラットフォームtZEROにて、昨年8月までに投資家1000人によって購入された分のトークンの提供を開始したことが判明した。
米大手EコマースOverstock社が「仮想通貨・ブロックチェーン事業」への本格参入を表明
同社は現在の収益の中心である小売事業を近いうちに売却し、仮想通貨やブロックチェーン技術に注力する意向であると公表。同社のプレスリリースに合わせて市場は大きく反応し、株価は23日に前日比26%の上昇を見せている。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら