「キャプテン翼」のゲームアプリでビットコイン報酬を配布:GMOインターネット

「キャプテン翼」のゲームアプリでビットコイン報酬を配布
GMOが開発した、ゲームアプリ内報酬で仮想通貨を配布できる「CryptoChips」の対応ゲーム第二弾として『キャプテン翼ZERO』への実装を発表した。第一弾ゲームでは、300万円相当のBTCをかけた公式大会を開催するなどしている。

「キャプテン翼」のゲームアプリでビットコイン報酬を配布

GMOインターネット株式会社が開発した、ゲームアプリ内で報酬として仮想通貨を配布できる「CryptoChips(クリプトチップス)」は、対応ゲーム第二弾として、リアルタイムサッカーシミュレーションRPG『キャプテン翼ZERO』に実装することを発表した。

2019年3月より、対応開始する予定だ。

「CryptoChips」は、ゲームアプリに実装することで、ゲーム内のランキングや、ミッション達成時、アイテム獲得時などの様々な条件に応じて、報酬としてプレイヤーに仮想通貨を配布できる仕組みとなっている。報酬となる仮想通貨は、プレイヤーが予め登録したウォレット(仮想通貨口座)へ配布される。

仮想通貨の管理・配布には、GMOシステムコンサルティング株式会社が開発した、マルチシグ署名の分散管理サービスを採用。マルチシグアドレスを管理する秘密鍵の1つを預かり、ユーザーや決裁者などに署名の承認を行うことで、適切な仮想通貨の送金ワークフローを実現しているという。

2018年9月には、第一弾対応ゲームとなる『ウィムジカル ウォー』の「CryptoChips」対応を記念して、総額300万円相当のビットコインをかけた、公式大会「チャンピオンシップ」を東京・六本木の「ベルサール六本木」で実施するなど、盛り上がりを見せた。

CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者11,000名突破。

CoinPostの関連記事

『ステーブルコインはインターネット決済で使用できる”切り札”になる』GMO社長インタビュー
法定通貨を担保にして発行する仮想通貨、ステーブルコイン「GMO Japanese Yen」を発表したGMOグループの熊谷社長に対し、仮想通貨メディアCoinPostでインタビューを実施。その狙いについて伺った。
『非通貨のブロックチェーンが加速することに貢献したい』GMO社長インタビュー
GMOの熊谷社長に仮想通貨メディアCoinPostインタビューを実施。「マイニングの仕組みがない非通貨のブロックチェーン技術に興味があり、GMOインターネットのインフラを使用することでセキュアに提供できる仕組みを設計したい」などと語った。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら