CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨イーサリアム2.0の新技術導入で、新たに判明した「巨額コスト」

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

新技術導入に出資金の必要性
現在イーサリアム財団の調査員らは、PoSへと移行する際に重要となる「VDFs」技術を導入するか否かの決断を下すため、リサーチを進めているが、同技術を導入するために巨額コストがかかる点が浮上したという。これを受け、正確な成功確率の見極めが必要である点を強調した。

新技術導入に16.5億円の出資の必要性

イーサリアム2.0の最終段階にあたる「セレニティ(Senerity)」のアップグレード。セレニティの導入により、イーサリアムのコンセンサス・アルゴリズムがPoWからPoSへ移行する点や、トランザクションの処理能力の大幅向上が見込まれるシャーディングの導入が行われるなど、現在幅広く利用されるイーサリアムブロックチェーンの可能性を大きく広げるとの期待が高まっている。

また、1月31日にGitHub上にて、イーサリアム2.0に向けた開発の進捗状況も開示されるなど、ユーザーへの情報開示も開始している。

そのような中で現在、イーサリアム財団の調査員らが力を入れている点として挙げられたのが、PoSへと移行する際に重要となる「Verifiable Delay Functions(VDFs)」と呼ばれる技術を導入するか否かの決断を下すための、リサーチだ。

VDFsは、強力な乱数生成を実現するもので、生成される乱数のランダム性の向上が期待されている。

このランダム性により、移行予定のPoSにおけるバリデータ選出の際に、予測困難性や公平性がもたらされることで、イーサリアム2.0のエコシステムのより良い礎を築く事に繋がると見られている。

VDFs導入に出資金の必要性

しかし、同財団のリサーチでは、VDFsを導入するための壁もある点が記載されており、その内容として、VDFs導入に際し、イーサリアム財団が1500万ドル(約16.5億円)に及ぶ出資の必要性が浮上しているとのことだ。

これは、出資金に関する財政の点ではなく、予想以上の多額出資が必要になった背景から、成功する可能性をより正確に見極める必要が出てきたというものだという。

イーサリアム財団の調査員Justin Drake氏はCoinDeskに対し、以下のように語っている。

基本的に我々は、VDF導入プロジェクトを遂行するか否かの決断を下すための基礎準備を行なっている。

そのプロジェクトの規模は、1500万ドル(約16.5億円)に及ぶため、我々はそのプロジェクトが成功するかどうかを確実に見極める必要がある。

また同氏は、イーサリアム2.0へのVDF導入の決断を下す前に、複数のテストを実行する予定があることを前提に、そのテストの一つ、VDFsの安全性を検証する「RSAセレモニー」では、世界中からテスト参加者を募る必要性があること点を明かした。

「RSAセレモニー」以外のテストにおいても、ASICsと呼ばれる「VDFを走らせるためのファームウェア」を開発、テストするために、世界中からのテスト参加者を必要だという。

VDFを導入するためには、基本的に処理速度の高速なASICが必要となる。

トランジスターがASICに接続するための手段として、高度なアルゴリズムに従う必要があるが、そのために、世界一速い処理能力を有する必要はないが、十分な速さの処理能力を兼ね備えていることが求められる。

VDFsが導入されることで、イーサリアムのアップグレード後、より良いエコシステムにつながる可能性はあるが、それを実行するための資金がボトルネックとなり、導入に関する判断が遅れている状況になっている。

ただ、VDF導入に関する調査は着時に進んでいる点は、強調し、今後大きくアップデートされるイーサリアムのブロックチェーンエコシステムに期待感を示した。

▶️本日の速報をチェック
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者12,000名突破。

CoinPostの関連記事

『仮想通貨イーサリアム 2.0』の進捗状況を毎週公開へ|最終段階に向けたプロセスをユーザーへ
1月31日にGitHub上にて、イーサリアム 2.0に向けた開発の進捗状況について公表された。1月から毎週、イーサリアムの四段階アップデート「Senerity」に向かっての最新情報が逐一公開される。
仮想通貨イーサリアム、コード監査のため『ProgPoW』実装延期の可能性が浮上
イーサリアムの開発者コミュニティは、第三者機関によるコード監査の実施を予定しており、以前に仮決定していたProgPoWの実装が延期される可能性が出てきた。
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
17:48
BTCメジャーSQに向けポジション再調整は起こり得るか|仮想NISHI氏寄稿
暗号資産(仮想通貨)ビットコインの「メジャーSQ」に向け、ポジションの再調整は起こり得るのか?SBI VCトレードのクリプトアナリストである「仮想NISHI」氏が最新の市場動向を分析。
16:30
テレグラムが番号登録不要で利用可能に、ブロックチェーンID採用
メッセージングアプリ「テレグラム」は、プライバシー性能を高める機能を複数実装したことを発表。SIMカードなしでアカウントを作成できるようになっている。
15:35
米議会両院、FTXのサム前CEOを公聴会に召喚へ
米上院銀行委員会は、仮想通貨取引所FTXの前CEOサム・バンクマン=フリード氏宛ての書簡を公開。公聴会に向けて、期日までに出席する意向を示さない場合に召喚状を提出する構えを示した。
15:00
韓国中銀、ステーブルコインの監督権限を求める
韓国銀行(中央銀行)は、仮想通貨規制に関する報告書を発表。ステーブルコインに関して特別規制を設けるよう提案し、中銀に監督の役割が与えられるべきだと主張した。
14:44
Oasys、OASの一斉上場と初のNFTプロジェクト「OASYX」発表
国内発ゲーム特化型ブロックチェーンのOasysは、海外取引所でのネイティブトークンOAS上場予定と、初のNFTプロジェクト「OASYX」を発表した。セガのバーチャファイターで知られる鈴木裕氏が監修を務める。
12:55
ビットコイン投資信託GBTC 訴訟問題
米最大手仮想通貨投資企業グレースケールが訴訟に直面。原告はGBTCのマイナス・プレミアムを解消するため、償還プログラムを提供させるために帳簿記帳の開示を要求している。
12:10
カナダ最大の年金基金、仮想通貨投資の検討を終了
カナダ最大の年金基金CPPインベストメンツは、ビットコインなど仮想通貨への投資を検討する取り組みを終了していた。仮想通貨への直接投資は行っていないと述べている。
10:20
欧州中銀理事、仮想通貨のリスクと規制方針を提示
欧州中央銀行のパネッタ理事は、ビットコインなど仮想通貨のリスクと規制方法についてスピーチを行った。仮想通貨がもたらす環境負荷などに対応する税制も提案した。
09:42
三井住友、SBTの実証実験を開始へ
三井住友フィナンシャルグループは、譲渡不可能なNFTであるSoulboundトークンを本人確認などの証明に活用する実験を開始。今後の計画が明らかになった。
08:05
バイナンスのビットコイン準備金は100%以上 監査報告
国際監査法人Mazarsはバイナンスの顧客ビットコイン資産が完全である結果を出した。
07:30
金融庁、ステーブルコインの規制を強化か
金融庁は、天谷金融国際審議官が行った仮想通貨に関する講演のプレゼン資料を公開。この資料によると、金融庁は今後アルゴリズム型ステーブルコインの規制を強化する可能性がある。
07:05
8日朝|コインベースの今年の売上は半減か
今日のニューヨークダウは小幅安。IT・ハイテク株の値動きはまちまちで、銀行株や航空株は下落。仮想通貨ではAI関連銘柄のFETが続伸した。
12/07 水曜日
17:48
Ledger、次世代ウォレット「Ledger Stax」公開
大手仮想通貨ウォレット企業Ledgerは、iPodやiPhoneの開発に携わったTony Fadell氏がデザインした最新モデルのハードウォレット「Ledger Stax」のリリースを発表。2023年3月に販売開始する。
16:09
ソラナウォレットPhantom「顧客データ取得していない」
仮想通貨)ソラナの主要なウォレットPhantomは、ユーザーデータに関連するプライバシーポリシーについて説明。ウォレットアドレスとIPアドレスなどを取得していないと表明した。
14:09
仮想通貨決済の「Slash」、ピッチイベントで最優勝賞
仮想通貨の決済サービスSlash Web3 Paymentsは、Arriba StudioとNewsPicksが共催した「ArribaX」のピッチイベントで、最優勝賞と特別賞を受賞したことを発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧