ロシア政府は公式に自国仮想通貨「CryptoRuble」の発行をすると発表

ロシア政府が自国仮想通貨の発行を発表
法定通貨ルーブルと同様にロシア当局で発行、管理、そして維持され法定通貨と仮想通貨交換が可能となります。

ロシア地元ニュースメディアによると、プーチン大統領が「CryptoRuble」を発行することを公式に決定したことをロシア連邦通信情報大臣ニコライ・ニキフォロフ(以下ニキフォロフ氏)が報告しました。

CryptoRuble はマイニングをすることができず現在の法定通貨ルーブルと同様にロシア当局で発行、管理、そして維持され法定通貨と仮想通貨の交換が可能とのことです。

万が一、CryptoRubleをどこから受け取ったかを問われた時に適切に答えることができなかった場合、13%の税金が課される形となるそうです。また、トークン購入額とトークン売却額が違う場合、同様の処置が課されるとそうです。

ニキフォロフ氏は以下のようにコメントしています。

「CryptoRubleを発行する一つのシンプルな理由は、もし我々が今発行しなかったら2ヶ月後にはEurAsEC(ユーラシア経済共同体)が発行することが予想されるからです。 」

ロシア政府が仮想通貨界に足を踏み入れたということは、ビットコインなどの仮想通貨に対する規制や肯定が存在しないということでもあります。

つまり、プーチン大統領が今後、正式に仮想通貨全面禁止を示唆しているということの裏付けなのかもしれません。

BREAKING: Russia Issuing ‘CryptoRuble’

Oct 16,2017 by Jon buck

参考記事はこちらから

Conpost考察

CryptoRubleの発行はさらにキャッシュレス社会を促進する革新的な政策になるのではないでしょうか。

ロシアは世界最大の国土を誇り、どこに誰がいくらのルーブルを保有しているのか把握することが大変困難となります。

また、銀行に保管せず現金で保管する人も非常に多いことも現状としてあります。

そのため、ブロックチェーンの技術を使い通貨の保有や管理を政府が行える政策は治安回復、資金洗浄取り締まり、企業成長を促す良き政策になることを期待したいと思います。

現金支払いは時代遅れ?世界のキャッシュレス国ランキングTOP10
現金以外での支払いが盛んな国、キャッシュレス国のランキングトップ10 1位はカナダで、電子マネーによる決済率5...

一方で現在、ロシア政府からの仮想通貨の取り締まりに関する声明がはっきりと出ておらず、正式な仮想通貨の禁止報道はされておりません。

しかし、今回の報道のように突然発表される場合がございますので今後ロシアからの仮想通貨ニュースには注目でしょう。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加